ぶらっと 水戸

水戸の見て歩き

水戸の庭園

2017-05-20 21:13:08 | 地域紹介

 日本の庭は、自然好きの日本人が、宅地の中にそれをミニチュア化して取り入れたものということなのでしょう。水戸でも色々な庭が楽しめます。

 

妙徳寺(加倉井町909)
  境内に入って右側にあります。

 

水戸 養命酒薬用ハーブ園(水戸市植物公園 小吹町504)
  薬草を活用した官民協働事業でできた庭だそうです。

 

好文亭(常磐町1-3-3)
  好文亭3F・楽寿楼からの偕楽園も含めたながめです。もともとは一体化していたものだったのでしょう。

 

薬王院裏庭(元吉田町682)
  徳川光圀以前は、本堂の向きが違っていたそうですから、今とは違った風景だったのでしょう。

 

安楽寺(元吉田町2511)
  水戸に居住した彫刻家・小森邦夫が設計した庭だそうです。

『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸の階段(2) | トップ | 水戸の鬼瓦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL