ぶらっと 水戸

水戸の見て歩き

徳川斉昭の改革余波を受けた寺(2)

2017-05-16 21:30:29 | 地域紹介

 斉昭の仏教嫌いは相当だったようで、その天保の改革の過程で、秘仏を逆さづりにしても霊験がなかったということで、金箔を剥いで燃してしまったなどということを書いたものもあるそうです。地名に「寺」を含んだ地名も、改めたりしたそうです。一方、東照宮にある頼房寄贈の灯籠は、役人が仏具と見なして処分しようとしたところ、斉昭の判断で残されたそうです。

 

江林寺(墓地 松本町9-6)
 僧は追放となり、寺は破却されたそうです。現在は墓地だけが残り、祇園寺の管理になっているそうです。寺の跡地は臣下に与えられたそうです。

 

神応寺(元山町1-2-64)
 神仏混淆で一緒に祀られていた雷神(別雷皇太神)を移そうとしていたところ、毎日火の玉が寺から出てくるということで、雷神だけは残され、神応寺だけが他の寺に合併させられてしまったそうです。

 

本法寺(千波町2367)
  天保14年(1843)に稲木村・久昌寺(旧・久昌寺)へ合併され、建物は神崎鋳砲所の燃料になったそうです。明治44年に本堂が復興するまでは墓だけだったそうです。今の建物はその後に建てられたそうですが、仮堂だそうです。

 

清巌寺(元吉田町3240)
 下岩瀬村(現・常陸大宮市)の誕生寺へ合併されたそうです。弘化元年(1844)に再建されたそうです。

 

薬王院
 当時上野・寛永寺の配下だったという薬王院は、金仏や鐘の供出を待ってくれという交渉をしたものの、そういう大切なものは上野へ持って行き、寺を出て行ってくれといわれ、かえって、寄進されていた田畑などを没収されたそうです。以後寺僧を置かないという処分(永無住)になったそうです。

 徳川斉昭の改革余波を受けた寺(1)

『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸の古木(4)  | トップ | 水戸で見られた鳥居 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
江林寺 (みとのこ)
2017-05-17 21:00:49
いつも楽しく拝見しています。
江林寺、山村暮鳥のお墓があるお寺ですよね。
お墓はあるけど、お寺のお堂はないんだな、、と不思議に思っていたのですが、そんな経緯があったのですね。幕末の余波がこんな形で残っているんだなぁとしみじみしました。
いつも勉強になります。これからも更新を楽しみにしています。
江林寺について (goooid0)
2017-05-17 21:50:24
メールありがとうございました。
江林寺は不運な寺で、上寺町にあった頃、徳川光圀の改革の際にも破却となり、その後、今のお墓のあるあたりに再建されたそうですが、それがまた…といったことのようです。水戸はお寺にとっては余り住みやすい地ではなかったようです。でもその一方で、改革の対象になった寺々が数多く立派に復興しているのには、ある種の感慨もちます。

コメントを投稿

地域紹介」カテゴリの最新記事