ぶらっと 水戸

水戸の見て歩き

水戸の弁財天

2016-10-19 21:30:54 | 地域紹介

 インドでヒンズー教の川の女神(川からの連想で、川音→音楽、言葉の才(弁の才))が、仏教とともに日本に入ってきて、神道化もされて(市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を祀ることが多いそうです。)広まったものだそうです。水神の使いが蛇のため、蛇も一緒に祀られることがあるようです。また、江戸時代の七福神信仰とともに、蓄財にも結びつけられ、弁才が、弁財とも書かれるようにもなったそうです。銭洗いはその流れです。

 

六地蔵寺
 六反田町767  029-269-2211
 寺の東隅の方にあります。渡る石橋には福徳橋と刻まれています。

 

巽神社
 飯富町3475
 大井神社境内にある、意富比(おおい)弁財天巽(たつみ)神社です。銭洗い場があります。

 

石川弁財天
 石川2
 石川郷の氏神だそうです。沢渡川を取り込んだ堀が作られています。今は社前を流れていますが、以前は四周を流れていたようです。近くに弁天自動車工場という会社もあります。

 

千束弁才天
 河和田町(県道30号線からツインパークへ入る道の角)
 文化年間に市杵島姫の命を祀って建てられたそうです。千束池緑地にある池です。

 

福徳弁財天
 水戸市渋井町652近く   
 浮島延忠の夢に現れた美女が、鹿島神宮に参るように告げたので行ったところ、弁財天像があったので持ち帰って社を建てたという伝説があるそうです。多くの石仏があります。

 ちなみに、酒門町の弁財天池には、壊れてしまったようで、弁財天社はありません。

『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸の銅像(1) | トップ | 水戸に関する言葉の語源 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL