建築をめぐる話・・・・つくることの原点を考える                下山眞司        

シリーズ名を「カテゴリー」にしましたので、シリーズで載せた記事の全編へは、「カテゴリー」から直ぐにアクセスできます。

再び「回帰の記」

2017-05-19 15:26:40 | 近時雑感
ほぼ平常に戻りつつあります。

しかしこれは、ただ横になっていて治ってきたわけではありません。
近在の病院の「在宅診療」のおかげと言ってよいでしょう。
この病院は、脳出血のとき、回復期にお世話になった病院です。

その在宅診療は、「訪問診療」「訪問看護」「訪問リハビリ」に大別されます。
「訪問診療」は、月に1回、主治医が来られ容態を診察、
「訪問看護」は、週に1~2回、看護師が来られ、体調・容態のチェックと体の清拭を行います。
「訪問リハビリ」は、これも週に1~2回、看護師・療法士の方が「小一時間」かけて、体力・筋力の復元のための訓練を行います。

これがなかったら、こんなに順調には回復しなかったのではないか、と思っています。
感謝です。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徒然なるままに・・・・ | トップ | ホトトギスが訪れました・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む