225先物「波籙」

波動の全体と部分、それら「波(現値水準)とタイミング」のF目視です。全ては、値動きが教えてくれます。

225先物 「波籙」(市場のコントロール) 161002号

2016年10月01日 09時46分41秒 | 波籙
225先物主限月  週間値動き(9月26日~9月30日)

週間重要価格 16,450円
始値 16,580円
高値 16,750円  (29日)
安値 16,150円  (27日)
終値 16,390円   ▼180円(前週末比)  
夜間終値16,560円  △170円(日中比)



 225先物主限月は、週間ベースで反落です。高値・安値ともに前週の水準を抜ける場面もありましたが、結局は抜け切れずに全体としては横ばいでした。本来あるべき急騰急落を含めた自然体の値動きが、日銀によるETF購入等によって多少阻害されているのかもしれません。ただ、それも相場、ということです。
 9月29日付日経新聞の「経済教室」は、内田真一日本銀行企画局長の執筆でした。記事の趣旨ではありませんが、「市場を(ある程度)コントロールできる」という認識のようです。小さな小型株ならいざ知らず、世界中の全てが連動している「市場価格(金利)」をコントロールするのは不可能です。現状は、「たまたま、コントロールできている(ように思われる)展開」ということであり、いずれ、市場価格への認識不足を思い知らされることになると思われます。

<F目視>
(225先物主限月)日中取引価格
①昨年高値20,950円(15/6/24)→本年安値14,790円(6/24)
 上の①の下落に対する0.382戻りは17,140円、直近の戻り高値は17,160円
②本年高値18,950円(1/4)→本年安値14,790円(6/24)
 上の②の下落に対する0.382戻りは16,380円、週間終値は16,390円
③週間安値16,150円(9/27)→週間高値16,750円(9/29)
 上の③の戻りに対する0.618押しは16,380円、週間終値は16,390円

 10月の初立会は週明けの3日となりますが、これは「2日新甫」と同じことです。次週、週間重要価格は16,470円近辺となります。


NT

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 225先物 「波籙」(〔続〕利... | トップ | 225先物 主限月 二日新甫の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。