人生ど真ん中...(こう)

人生ど真ん中のポジションから、気になることを恥を顧みず取り上げてゆきたいと思います

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西武・松坂、大リーグ移籍確実に

2006-10-10 21:39:11 | Weblog

西武・松坂、大リーグ移籍確実に

 
(SankeiWeb)

≪球団は移籍金も視野に決断≫

 西武の松坂大輔投手(26)が来季から米大リーグでプレーすることが10日、確実になった。松坂が移籍先を自由に選べるフリーエージェント(FA)権を獲得するのは2年後だが、球団がポスティングシステム(入札制度)での大リーグ移籍を容認する方針を固めた。

 今後、日本のコミッショナー事務局に手続きを済ませ、11月以降に大リーグ各球団に契約可能であることが公示される。入札金の最高額を提示した球団に独占交渉権が与えられる。

 松坂は昨年も大リーグ挑戦を希望。球団は周囲が納得する成績を条件に移籍を認めるとしていたが、昨年は満足な成績が残せなかったとして、大リーグ挑戦を認めなかった。

 今季は自己最多の17勝をマークし、チームに貢献。球団は渡米を支持するファンの声も多く、多額の移籍金も見込めることから、エースに移籍の道を開くことを決断した。

(10/10 19:50)

 困ったものですね、米国メジャーへの流れが止まりませんね。ポスティング制の問題点は以下のサイトでも問題点を指摘されていますが、私としては日本のプロ野球の崩壊に繋がりかねないという危機感を抱いているわけです。

 日本のプロ野球を踏み台にして米国へ行く選手、それを当然といった風潮、嘆かわしい限りです。やはり、米国ではなく日本に踏みとどまって米国野球を見下すような選手が出てきて欲しいものですね。

http://number.goo.ne.jp/baseball/mlb/column/20051212-west.html

この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 被爆者や拉致被害者家族ら、... | トップ | 楽天 桑田トーンダウンで稼... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む