森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

「聖の青春」シネピピア トークショー 11,23

2016-11-24 10:43:39 | 村山聖
 
午前中に「王将」を見て、終わってから劇場でトークショーだった。伊藤大輔監督で阪東妻三郎主演、1948年制作の映画である。改めて見たが面白かった。時代を感じさせる映像もよかった。

15時20分から6Fの和風ホールで「聖の青春」のトークショーがあった。実は参加が少ないだろうなあという想定で向き合っていたので、満員の客席を見てびっくりした。予期せぬ出来事だったのでとってもうれしかった。
 トークは聞き手のシネピピア影山理さんがソフトタッチでとっても話しやすく進行してくれた。





この2か月くらいは自分の人生でも今後ないだろう期間で、いろいろ話をさせてもらう時間が多かった。おそら村山聖のことなので思うままに話せるのだろうなあ‥村山聖のオーラに乗っかっているので?私にとって心地よい時間なのだろうと思う。




 後半は村山聖の写真をスライド上映しながら話す。トークショーが終わってパンフレットや棋書のサイン会で、5,6人かなあと思っていたら行列だったので驚いた‥うれしい時間である。

 私は何事も深くは悩まないので?いろんな状況にも臨機応変の対応で、ある種のいい加減さは持ち味である?その場しのぎの「その場思考」の人生観だろうか‥
 
 そして村山聖の生きざまを横目に見ながら、近い将来に一緒になったとき?村山聖に睨まれないように裏表なく生きていくこと‥いつもそう思っている。

 この日は一日皆さんありがとうございました。






.jpg" border="0">
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋と園田競馬 11,22... | トップ | TBS「聖の青春」 11,... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sakogawa)
2016-11-24 20:04:35
昨日、小学5年生の息子と『聖の青春』を観に行きました。
息子は2年生の時におじいちゃんに将棋を教えてもらっていましたが、今年の夏頃から強くなりたい!!との堅く強い決意をし、1日も欠かさず将棋をしています。
ほっておいたら一日中します。
ゲームに明け暮れるよりもはるかに価値があるので、黙って見守っています。
「プロ棋士になる!」とキラキラした目で話す息子に頼もしさを感じています。
映画を観て、村山九段を知った私は、言葉で表現しきれないくらい感動し、まだ興奮が
続いています💦
永遠に語り継がれていく方だと思います。
森先生のお人柄にも教えられました。
将棋が強くても人間性がダメならアカン!心を鍛えたら将棋も強くなる!だから、いっぱいいろいろ経験して人の役に立つ人材に成長していこな〜!と話しました😊
将棋に巡り合えた息子は毎日楽しく充実しています。
いろんな事が学べる将棋!本当に素晴らしいです!

これからも村山九段の事、教えて欲しいです。

本当に?ありがとうございました❣
sakogawa様 (モリノブ)
2016-11-26 23:25:40
コメントありがとうございます。
 私自身も聖の青春を通して様々な想いを感じますが、この映画もいろんな人の心に響いてほしいと願っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。