おぢのニセコ山暮らし

山暮らしのあれこれを書き綴ります

宮崎県と北海道

2007年06月14日 | Weblog

「宮崎をどげんかせんといかん!」
…とのたまって当選されました東国原知事。
どうやら「どげんかなった」ようではありまする。
これだけ連日TV・新聞で報道されりゃぁ、いくら地理の時間に寝ておったアンポンタン(おぢのことか…)でも、宮崎県と宮城県の違いは、はっきりわかりましたです。

おまけに、地元セールスマンに徹しておるところが素晴らしい。
自分の能力と言うものを、よぉ~く承知しておりますね。
おかげで宮崎の「マンゴー」と「地鶏」は知らん人がいませんがな。
いいぞぉ宮崎のマンゴー!!
音引き、濁点を抜いた宮崎産も「食べてみたいぞぉ~」
失礼しました…

これからはウナギやら切り干し大根も売り込むそうだから、地元経済にとっては万々歳でござりましょう。
このあたりは、長くタレントしてきたノウハウが十分生かされておりまする。

北海道で知事公館といえば、400メートル四方はあろうかと言う広い敷地に、知事公館と道警本部長やらの公宅が建っておる。
子どものころは、よくこの知事公館で遊びましたです。

その頃、子供たちはここを「三井クラブ」と呼んでおりましたね。
知事公館になる前は、三井財閥の倶楽部だったんだろね。
小学校の頃は、野球やったり、クルミ拾いをいたしました。

恥ずかしながら、高校時代は、学生服とセーラー服姿で×××もいたしましたです。
翌日、臀部とその周辺を散々蚊に喰われた記憶が蘇ります。
「元気だったのねぇ、あの頃は…」とお小水専用の股間を覗き、しみじみもいたしました。
シクシク。

いまは知事公館に勝手に入ったりなどは、もちろん出来ませぬ。
×××などしましたら、近くの交番からおまわりさんが飛んできますです。
あのころは長閑だったのじゃ。

で、いまそこの住人で、元官僚のはるみちゃん知事は、一体何をしておるのか。
きのう、二期目最初の政策予算となる本年度補正予算案を発表したそうな。
一般会計の補正総額は前年度当初比5・6%の増加だそうな。
さらには、実質的に百億円の歳入不足。
金がないのじゃ。

国の直轄公共事業負担金のうち百億円分の支出を留保し、収支の帳尻を合わせる異例の予算編成という。
つまりはインチキして予算を作ったってことかぁ?

昨年、職員給与10%カットなど行財政改革を行って、2014年度に黒字化が可能との見通しを明らかにしてたそうだ。
だけど、わずか一年で見通しを大幅に修正することになったそうな。

はるみちゃんは記者会見で、「収支不足が拡大したことに衝撃を受けている。最高責任者として反省している」と言ったらしい。
けど、これってダメじゃん、初年度からいきなり、「私はタコです」ってことだ。

改革のスタートから10年後には黒字化するという「財政立て直しプラン」。
これはもう蜃気楼でござります。
こんなおばちゃん選んだ責任を道民の皆々様はどう考えておるんだか。
フン!!

もっとも民主党候補が当選したからどうなるともいえませんけどさ。
安倍お坊ちゃんの「洞爺湖サミット誘致」に踊らされてはるみちゃんに投票された皆々様。
ツケは皆さまに、きっちり戻ってきますです、ハイ!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年金と安倍ぼっちゃん | トップ | この週末は札幌でござる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL