おぢのニセコ山暮らし

山暮らしのあれこれを書き綴ります

人道支援か、ミサイルか…

2016年09月18日 | Weblog

 

午前6時の気温はな、な、なんと、プラス7度。

この秋一番の冷え込みでござる。

未明に寒くて目が覚め、トイレに行ったときは5度しかなくて、その後は布団かぶって寝ておったです。

今日は日中の最高気温も20度止まりだそうな。

雪の季節がずんずん近づいておるようです。

…などと書いてから、朝のルーティンをこなしてまいりました。

何度も書いておりますが、まずは舌の苔を軽くスープンでこそげ取る。

口をしっかりゆすいで、さらにガラガラうがいする。

朝までに口の中に溜まっておるという、ウンチ10グラム分の細菌を洗い流すのです。

そこからガスでお湯を沸かし、熱湯を過日購入したタイガーのステンレス業務用ポットに入れます。

そして上記写真、札幌の障害者施設の皆さんが作っておる味噌汁用のお出汁「無添加天然だしです」を取り出して出汁を取る。

この出汁は10個入って1袋300円、我が家は10袋まとめて買っておりまする。

1個で我が家は2回分の味噌汁になる。

濃い目の出汁にして、減塩しております。

もう10年も買い続けておるか?

かつおぶし、さばぶし、むろあじぶし、そうだぶしが入っており、すべて国産品でござる。

FAXで注文できます。

障害者施設アトリエリヒトのFAXは011・622・0800、障害者の皆さんの支援、「小さなことからコツコツと」ってことで、ひとつヨロピクです。

そうこうしておるうちに6時25分になりますから、Eテレ体操でござる。

この時間にはふとんの上でストレッチしておったハニーさんも一緒に体操をするのです。

体操が終わって、歯みがきをして、ようやくパソコンの前に戻るわけですわ。

白湯をいただきながらうだうだ書くわけですけど、その間、便意をもよおしたりも…

そしてハニーさんが朝食の準備をする間、あれこれ当ブログを書き進めるわけ。

朝食が出来あがると、ブログはまたまた中断、おいしい朝ごはんに集中ですわ。

朝ご飯の途中でNHK朝の連ドラが始まったりする。

食後の食器洗いはおぢの役目にしておりますから、これもチャッチャとこなす。

そんなこんなで午前6時から書きはじめても、当ブログはなかなか先に進まないことになっておる。

あしからず…

さて、

先週号の週刊文春グラビアに「金正恩大暴君の粛清リスト」ってのが載っておる。

スタートは12年の人民軍参謀長の安否不明。

13年12月には国防副委員長の「張成沢」が高射機関銃で銃殺。

同年同月にキューバ大使が義弟の張成沢に連座して銃殺。

15年1月には総参謀長作戦局長を命令に不服中だとして銃殺。

同年4月居眠りしたとして人民武力部長を高射機関銃で銃殺。

同年5月には副首相が政策への不満を述べたとして銃殺。

今年7月には教育副首相を会議での姿勢が悪いとして銃殺だ。

高射機関銃で銃殺ってことは人間ミンチだそうな。

ようするに金正恩という30代のあんちゃん指導者は、キチガイでござる。

こいつが刃物(核とミサイル)を持っておるわけですから、相当ヤバイ。

アメリカは金正恩を排除する作戦を進めておるとか。

ようは殺しちゃえってことでござる。

さすがにこりゃやむを得ない。

ミサイルと核にカネを使って、北朝鮮国民は疲弊する一方だもねぇ、、、

しかしだ。

こんなキチガイを締め上げるだけ締め上げるやり方もどうだろか?

人道支援という「太陽作戦」もいいんでないの?

血迷ってニッポン列島にミサイル撃ち込まれても困るじゃん!!

北風ばっかでは、拉致被害者が戻るとも思えん。

ここは太陽政策じゃぁないのかね。

洪水で大変な被害も出ておるというし、人道支援してあげるのもいいかも。

ついでながら、先日3発も北海道の日本海沖に打ち込まれた北朝鮮のミサイル。

防衛省はまったく察知できておらんかったとか。

アメリカから鳴り物入りで導入したという「ミサイル防衛システム」はどうした?

見事迎撃したという話も聞かないし、警報を出したという話もおぢは聞かないぞ!!

このミサイル防衛システムに費やした費用、なんと1兆5000億円を軽く超えるそうな。

でもって役立たずだ!!

1兆5000億円、どぶに捨てたか?

豊洲市場の地下空洞も問題だけど、さっぱり役に立たないミサイル防衛システム、ケタ違いの無駄遣いじゃん。

防衛省は「事前通告がなかった」「移動式の発射機だったので分からなかった」と申しておるそうだけど、事前に核ミサイル発射しますというバカがどこにいる!!

1兆5000億円で、保育園つくって、子育て支援して、子ども増やす努力する方が先だと思うけど、どうよそのあたり???

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A級戦犯が幹事長でガッカリ... | トップ | ほとんどだれも望まない原発... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (たにむらこうせつ)
2016-09-18 10:36:54
「1兆5000億円で、保育園つくって、子育て支援して、子ども増やす努力する方が先だ」・・・これ同感です。
国も都もやっていることがズレている。
国民のためにお金(税金)を使って欲しいですね!
みんなのブログからきました。
たにむらさん (文科系)
2016-09-19 07:52:04
 たにむらさんの「みんなのブログ」って、アメーバの「おやじのトレーニング」が載ってるやつ? 僕とここはグーブログだから、アメーバのIDが無いんですけどねー?
 「おやじのトレーニング」の方とは凄くお話がしたい。
Unknown (おぢ)
2016-09-20 08:58:17
たにむらこうせつさん、文化系さん、おはようございます。

千客万来、あちこちからきていただいてありがたいです。

役立たずのミサイル防衛システム、おぢのチン〇並み。

スマンことです!!
Unknown (sica)
2016-09-28 06:22:33
>先日3発も北海道の日本海沖に打ち込まれた北朝鮮のミサイル。防衛省はまったく察知できておらんかったとか。

探知しています
そもそも探知していなければ発射されたかどうかも分かりませんし、どこに落下したのかも分からないハズです
ちなみにサウジアラビアはイエメンに軍事介入していますが、`そこでPAC-2及びPAC-3を実戦配備し、実際に短距離弾道ミサイルを迎撃しています
掴めなかったのは「発射の兆候」であって、発射後は各種レーダーにより捕捉・追尾されています
ステルス弾道ミサイルが誕生でもしない限り、レーダーから弾道ミサイルが逃れることは不可能です
Unknown (おぢ)
2016-09-29 09:44:33
sicaさん、おはようございます。。

とはいえ、防衛庁は以下のように申しておるった。

「事前通告がなかった」「移動式の発射機だったので分からなかった」と申しておる。
Unknown (sica)
2016-10-02 04:47:20
発射の兆候が分からなかったので、政府は破壊措置命令が出せなかったということです
純粋に軍事的に見て、ミサイル防衛は機能していました
ただ破壊措置命令が発令されていない段階では、自衛隊は勝手に迎撃ミサイルを撃つことはできません
ということで、ミサイル防衛に関しては、これからは常時破壊措置命令が出されることになり、事前にミサイル発射の兆候を掴めなくても自衛隊・現場の判断で迎撃ミサイルを発射可能となりました

ミサイル防衛は不意打ちされることを想定して作られており、PAC-3は何の事前通告もない実戦で実際に迎撃しています

Weblog」カテゴリの最新記事