おぢのニセコ山暮らし

山暮らしのあれこれを書き綴ります

米大統領候補二人も、米議会もTPP反対で、安倍首相は国会採決の意味不明

2016年11月08日 | Weblog

 

午前6時の気温はプラス2度。

いまはまだ静かな朝ですが、これから雨やところにより雷を伴う荒れ模様のお天気だそうな。

最高気温も8度とか。

そうこうしておるうちに雨が降ったり、止んだりじゃ。

明日は一転、最高気温もマイナスとなり、吹雪だそうな。

厳しい冬の訪れを実感する、きょうこのごろの北海道ニセコでござる。

さて、

TPPですけど、衆議院本会議での採決が見送られたそうだけど、10日には採決するそうな。

山本農水大臣の辞任を求める野党に配慮したためだとか。

いずれにせよ、採決するというからよくわかりません。

いや、TPPの内容がそもそもサッパリわかんない。

キャノングローバル戦略研究所の山下一仁という元農水官僚は、「TPP反対論は論理破たんしている」、というけれど、これをよく読むと、なんだか子供っぽい論理で??? 疑問符が三つもつく感じですわ。

オバマは賛成ですけど、大統領候補は二人とも反対だ。

この山下研究主幹によると「アメリカにTPP怖い病が蔓延し、TPPの議会承認はほぼ不可能になりつつある」という。

なのになんでニッポンの国会がこれを決めるのか。

安倍首相は、新大統領が決まる前に日本がTPP賛成を表明すると、「(米国の)批准に向けて後押しになる」と申しておる。

実際には、米議会の承認もほぼ不可能で、大統領候補も反対です。

言ってることは、とってもトンチンカンな気がしますけど、どうなのよ??? 

アメリカの大統領候補や米議会がともに「TPPについては、賛成か反対か、迷っている」または「いまのところ、どちらとも言えない」「賛成と反対が拮抗している」というなら、「批准に向けて後押しになる」のはよ~くわかる。

ところが、ヒラリーも、トランプも「明確に反対」を表明しておって、議会の承認もほぼ不可能なわけだから、なんの後押しなのかが、わけわかりません。

この間も書きましたけど、自民党はことTPPに関しては以下のように申しておったのです。

 「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。日本を耕す自民党」だ。

 それが180度変わってTPPを採決しようとしておるのです。

上記ポスターのように大反対してきた自民党が一転賛成に回って、一方アメリカはこれから反対に向かうわけ。

TPPは宙に浮いてしまう可能性大、ってことでないの?

TPPがアメリカ議会で批准されるという根拠は、とりあえずどこにもないのです。

ニッポンの国会でいま行われていること、おぢにはさっぱりわかりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心と体のコントロール | トップ | 寝相のいい人は「腰痛」にな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL