おぢのニセコ山暮らし

山暮らしのあれこれを書き綴ります

チェンソーを本格的にメンテ、「リム」も交換へ

2017年07月10日 | Weblog

午前6時の気温は23度。

薄曇りで無風ですが、ジメジメ湿度が高い。

きょうは最高気温が27度で、午後からは雨の予報です。

どんな1日になることやら…

きのうの午前中、ここんとこご無沙汰しておりました「ヨガ教室」へ。

約1時間半奮闘してまいりました。

おかげさんで今朝は肩まわりを中心に筋肉痛でござる。

水曜恒例のズンバは、激しい有酸素運動ですが、もう7年は続けておるのですっかり体が慣れておる。

ところがヨガは昨年新規参入したばかり。

しかもちゃんと継続してませんので、なかなか厳しい。

若くないゆえ、新しいことに挑戦するのは心身ともにしんどいですわ。

それでも、ちょっとでも体が柔らかくなるよう、継続して頑張るぅ~

…と心に誓うおぢなのでした。

ところで、

チェンソーの刃が届いたので、さっそく交換してみましたです。

まずは側面にあるナット2個を外します。

そうすると上の写真のようになります。

古い刃は、使うたびにヤスリで削りますから、摩耗しており、あちこちに大小の傷もある。

下は新しい刃で、新品は刃の長さが数ミリ違いまんがな!!

でもって、古い刃とガイドバーと呼ばれるモノを取り外すと、下の写真のようになります。

ここだけみると、なんでもないようでした。

いがった!! いがった!! と思いましたけど、そんなことはチッチキチーだった。

この妙な形の輪っかをちょいと横から見ると、奥になにやら光るものが…

キラッと光るこの部品、チェンスプロケット用の「リム」というそうだ。

ガリガリやってキズついたために光っておるのだ。

「切れなくなったチェンソーの刃を使って、木材をゴシゴシ切ろうとした」ときにキズがつくとどこぞに書いてありました。

リムにキズをつけたのはどう考えてもおぢ。

確かに記憶がございます。

ってことで、当然のことながら、このリムという部品も交換しないとならん。

だけど問題は、そのリムの前についておる妙な丸いモノだ。

この丸いモノ、クラッチドラムというそうで、検索してようやくわかりました。

しかも、これを外すには、どうやら専用の道具が必要らしいのです。

それが「クラッチプーラー」という道具で値段は3000円前後。

どっからどう見ても200円はしないだろうとういうシロモノですが、これがないと外せないってことで、仕方ないので購入することに。

機械に詳しいお方なら、チャチャッと道具を作ってやれそうですが、そこはシロウトゆえしょうがない。

そしてここが直輸入品の悲しいところなのです。

代理店経由で購入した正規のチェンソーなら店に持ち込めば、サラッと外してくれそうですが、ここは自力本願、自力で何とかしないとならんのです。

お安い非正規品ですからねぇ、自己責任ってことなのです。

とはいえ、他で買ったものはメンテなど絶対しないという「代理店システム」ってのも、たいしたイヤらしい。

商売とはいえ、どうなんだ???

話は戻りますが、ほかにもプラスティック製の道具が1個必要とわかりました。

エンジン内に差し込み、ピストンを止めておくものだそうな。

これがないとクラッチプーラーは空回りして外れないのだそうです。

これは156円なり。

割りばしでも突っ込んでおけばいいようなもんですけど、エンジン内を痛めても困るし、お安いので買うことに…

そんなこんな、都合3つをきのう注文したので、この先3日は待たねばならん。

気長に待つことにいたします。

首都圏などでは「当日配達」ってのがあるそうですけど、そんなに急いでどうする!?

便利に過ぎないか?

…とおぢなんか思いますけどね。

ずいぶん遅れております今年の薪割りですが、部品が届いて、メンテナンスが完了し、も少し涼しくなってから再スタートじゃ。

くどくど部品交換について書きましたけど、おぢのような機械のトーシローがほかにもいるだろう、そういう人がチェンソーだって使うこともあるだろう、ってことでご参考までなのです。

ようはシロウト向けの「チェンソー取扱い講座」なんて、ないのですわ。

2015年に灯油タンクの「ストレーナーカップ交換」についてサラッと書いたけど、いまだにこれを観てくれる方がけっこういたりする。

読者の皆さんに、あれやこれやの情報を提供するのも、おぢの使命と思ったりしておるのでござる。

スマンね!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 注目ドラマはどれだ!? | トップ | 合格者2倍で「法科大学院」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL