おぢのニセコ山暮らし

山暮らしのあれこれを書き綴ります

獣医学部の設立が「国家戦略」で、「岩盤規制の緩和」って、そりゃあまりにチンケでしょ!!

2017年05月26日 | Weblog

午前6時の気温はプラス8度。

ところどころに雲が広がっておりますが、清々しい初夏の朝でござる。

写真は、いまも雪を頂くニセコアンヌプリ。

ちなみに、ご当地倶知安町やニセコ町など羊蹄山麓周辺を総称して「ニセコ」というのは、このニセコアンヌプリからきております。

さて、

「未来世紀ジパング」というテレビ東京の番組をご存知か?

おぢはいつも録画で観ておって、あれこれ「へぇ~」となる好番組なんどすえ(いきなり京都弁か?)。

過日録画しておいたのは「シリーズ中国異変!」

いま1国2制度の中国ですが、そのマカオで大プロジェクトが進行中との放送でござった。

まずはマカオでの新リゾート開発ラッシュに驚いた。

3000室がすべてスイートルームで1泊4万円からというホテルをはじめ、似たりゴンベのホテルがボコボコ建っておる。

なんでも、アメリカ・ラスベガスをついに抜いたというのです。

注目はそこではなくて、実はそのマカオの隣の島で起きておる。

「横琴島」という何~んにもなかった島で、いま2年間で6兆円という巨大プロジェクトが進行中だというのだ。

プロジェクトを進めておるのは中国政府。

中国はこの島をマカオに貸して、海底トンネルでつなぎ、1国2制度の中、金融センターを育てて中国経済の起爆剤のしようというのだ。

島を丸々マカオに貸すというアイデアが、いかにも国家戦略ですわ。

この島では、中国本土では使用できない「グーグル」も、ネットも、自由に使えるそうだ。

一党独裁国家ですから、本土では情報を規制し、全くつながらないグーグル。

これが使えるというから、ビックリ仰天の規制緩和だわ。

2年で6兆円という巨額な費用を、草ぼうぼうの島に投じ、その島をマカオに貸して、中国の巨大金融センターを造ろうというのが中国の目論み。

まさに「スーパー特区」でござる。

中国経済がうまくいっておるのかどうか、定かではありませぬが、これこそ国家戦略で行う巨大プロジェクト。

うまく進むなら、誰もが納得するスーパー特区構想なのです。

何ともスケールがでかくて凄まじい。

そこで翻って、我がニッポン国の国家戦略だ。

総理のお友だちが経営する大学に獣医学部をつくるのが、規制緩和で国家戦略だそうです。

これがニッポン経済やニッポンの教育に大きく資する国家戦略か?

あまりにちっちゃくないか???

獣医学部の設立が、「ニッポン経済の起爆剤」になるなら納得だけどさ。

前川さんは週刊文春で「犬、猫、牛、豚をはじめ動物の数は年々減っており、獣医師の供給不足は起きていなかったのです」と申しておる。

国家戦略特区で獣医学部つくると、足りてるはずの獣医師が増えるだけだ。

これではニッポン経済の起爆剤にならんでしょう。

単にお友だちに便宜を図ったんでないの?

同じ思想の籠池さんにも便宜図っただけでないの?

1国2制度とはいえ、一方は自国の一島を丸々他国に貸して、そこでは大胆な規制緩和を行いスーパー特区をつくる国家戦略。

一方、岩盤規制の緩和はいいとして、それで獣医学部の設立を手助けするって、どこが我がニッポン国の国家戦略につながるの?

笑かしてもらっては困ります。

アベノミクスの第3の矢で規制緩和して経済活性化するというのなら、上記中国並みのスーパー特区を作って巨大プロジェクトでもしていただきたいもんだ。

申し訳ないけど、チンケな獣医学部をつくるって、どこが「岩盤規制の打破」で「アベノミクス第3の矢」なのか?

国家戦略特区諮問会議の議長である安倍晋三さんよ、ちゃんと答えてもらわんことには、おぢにはさっぱりわかりませんです、ハイ!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保守系週刊誌「文春、新潮」が安倍政権を追い詰める!?

2017年05月25日 | Weblog

午前7時半の気温はプラス14度。

白い雲の上から青空が顔をのぞかせておりまする。

今日のご当地、北東の風が少々強いけど、おおむね晴れのお天気だそうな。

最高気温は21度の予想で、たいしたいい陽気になりそうでござる。

昨夜はというと恒例のズンバ、じゃぶじゃぶ汗をかいてすっきりいたしました。

おかげでいつものように朝は起きられません。

激しい運動のあとは免疫力も下がるというので風邪を引かないかと心配にもなる朝でござる。

写真は、町内の三島さんちのシバザクラ。

まもなく見頃でござる。

さて、

今朝のテレビ朝日モーニングショーによると、

今月22日(月)の読売新聞に、文部科学省の前川喜平・前事務次官が“出会い系バー通い”という記事が突如掲載された。

現職ではない、文科省の前事務次官が出会い系バーに通っていたという、不思議なこの記事、なんと1面のマンガ「こぼちゃん」の横に掲載されておる。

北海道など、地方に配布される早版には載ってませんけどね。

現職の事務次官が「出会い系バー通い」というなら、週刊誌のスキャンダルがお似合いでござる。

文科省に所属しておればなおさらだ。

しかし、記事は「元事務次官」が出会い系バーに通っておったという内容だ。

大新聞が一面で書くネタではないというのが世間常識。

一方週刊新潮は、この情報を読売新聞に「リークしたのは安倍官邸」だとして、下半身スキャンダルによって前川氏に報復したと報じておる。

また週刊文春は前川さんの告白を6ページにわたって掲載しておる。

この中で前川さんは、出会い系バーに行ったことを認め違法行為はしていないと話しておるそうだ。

なぜ、安倍官邸は元事務次官の前川さんを追い詰めるのか?

どうやら官邸は、加計学園を巡る「総理のご意向文書」の出どころがこの前川さんとみておるためだ。

加計学園問題を、なんとかムニャムニャにしたい官邸が、文書の出所とされる前川さんをキャンダルで追い込もうと画策。

一方、保守系といわれてきた週刊誌2誌が、安倍総理を追い詰める構造だ。

菅官房長官も、これまではこの文書を「怪文書」と呼んでおりましたが、いまはそこには言及しておらん。

従来の本家保守といわれる皆さんと、安倍総理を中心とした極右勢力が対立するという、自民党内の構造が浮かび上がる。

週刊文春の記事「総理のご意向文書は本物です」によると、獣医の需給見通しなどないまま、総理の意向で獣医学部が「見切り発車」となった実態が浮かび上がる。

腹心の友だから獣医学部設立に便宜を図り、教育勅語を幼い子どもに暗唱させる学校の思想信条が一致するから便宜を図った。

そう思われても仕方ない矮小な総理に、憲法改正などさせてたまるかと思うおぢでござる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「アルツハイマーは質のよい睡眠で防げる」にガッテン!

2017年05月24日 | Weblog

午前7時の気温はプラス10度。

雲が低く垂れこめ、ぽつぽつと雨も降っておる。

今日のご当地、昼過ぎまで雨だそうな。

最高気温も18度止まりと、パッといたしません。

札幌では17日から恒例の「ライラック祭り」が、28日までの日程で開催中でござる。

このパッとしないお天気、いわゆる「リラ冷え」ですわ。

ライラックは英語、リラはフランス語。

この時期の大通公園は赤や紫、白の小さな花がブドウが生るように咲き誇り、あたりは甘~い香りに包まれる。

「リラ冷え」は、ご承知のように小説「リラ冷えの街」で世間に広まった言葉じゃ。

札幌医大出身の医師で作家、渡辺淳一さんの恋愛小説ですわ。

そもそも「リラ冷え」という言葉は、なんとかいう俳人が最初に使った言葉だそうな。

これを渡辺淳一さんが恋愛小説の題名にしてから一気に知られておる。

なんともロマンチックな響きで、おぢは大好きでござる。

って、こんなこと、もう何回書いたかねぇ、、、、

ところで、

そんなロマンチックな言葉とは180度違う「アツルハイマー」について、過日のNHK「ガッテン!」が取り上げており、昨夜、録画してあった番組を拝見いたしました。

すっかりじーさんですから、アルツハイマー、たいした怖いわけ。

番組では、アルツハイマーを起こすのは「アミロイドベータ」という「脳のゴミ」が原因だとしてました。

アミロイドベータは脳神経細胞の老廃物だそうです。

で、このゴミ、脳を使うと出る物質で、その量は若かろうとじーさんだろうと同じだそうだ。

しかもアルツハイマーが発症する25年も前からアミロイドベータは脳に溜まっておるそうだ。

だからこのアミロイドベータを脳に溜めないようにすること。

そのために大事なのが「質の良い睡眠」だそうな。

毎日7~8時間、しっかり睡眠をとって、30分以内の昼寝がいいそうだ。

昼寝も含めて、ちゃんとしておるおぢ、ホッといたしました。

ですが、もう30年以上も耳鳴りで質のいい睡眠をとっておらん旧友が約1名おって、心配じゃ。

睡眠に加えて、有酸素運動や様々な人とのコミュニケーションが大事だそうな。

なかでも有酸素運動は、神経細胞を活性化させるホルモンを分泌させるそうですわ。

旧友は定期的な有酸素運動をしっかりしておるからそこはいい。

おぢの場合も、毎週水曜夜の有酸素運動「ズンバ」のあと、実は、頭もかなりスッキリしておるような気がしておったね。

また番組ではアルツハイマーを防ぐ「マインド食」というのも取り上げておった。

緑黄色野菜にナッツ類、豆類、鶏肉やオリーブオイル、魚類などだそうな。

我が家では、ここんとこ昼ごはんのあとに、ハニーさんがヨーグルトに混ぜてナッツ類を毎日食しておる。

豆類、オリーブオイルに魚類は、朝食で欠かしておりません。

逆にヤバイのは菓子類、バター、ファストフード、赤身の肉にチーズだ。

ファストフードを除いて、こっちもしっかり摂っておるおぢ、少々悩ましいですわ。

いずれにしろ、質のよい睡眠と有酸素運動、バランスのよい食事は、アルツハイマーに関わらず大切ってことのようでござる。

おぢの高校同期のお仲間で、すでに鬼籍に入った皆さん、いずれも定期的な運動をしておる方がいなかったような…

若い読者は当ブログにはいないとは思いますけど、30歳を過ぎたら定期的な運動を心がけましょうね!!

元気で楽しく生きられると、じーさんになるのも、ばーさんになるのも悪くない。

っていうか、60歳を過ぎて、若いころより100倍自由に人生を謳歌しておる感じがいい。

あっちが痛いとか、こっちが痛いとかも丸きり無いこともある。

こういう幸せは何物にも代えがたいと思う、今日この頃のおぢでござる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

天皇が「政府有識者会議の批判にショック、不満を表明」と21日付毎日新聞

2017年05月23日 | Weblog

午前6時の気温はプラス10度。

少し風があり、曇り空、肌寒い朝でござる。

室温は20度ありますが、少し寒く感じるので、湿気を飛ばすのを兼ねて薪ストーブに火を入れました。

ほぁっとした暖気が流れると、なんだかホッといたします。

寒さには、いたって弱いことになっておるのが道産子でござる。

ついでながら、道産子は暑いのにも弱い。

夏の暑さにも、冬の室内の寒さにも耐える本州の皆さまに、いつも脱帽しておるひ弱な北海道民でござる。

さて、21日付の毎日新聞が1面ですっぱ抜いた。

「有識者会議での『祈るだけでよい』  陛下、公務否定に衝撃『一代限り』に不満」の見出しだ。

記事では「昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から『天皇は祈っているだけでよい』などの意見が出たことに、陛下が『ヒアリングで批判をされたことがショックだった』との強い不満を漏らされていたことが明らかになった」と伝えておる。

被災地などを訪問し、被災者に寄り添ってきたのが天皇だ。

安倍晋三の意向を反映して選ばれた有識者会議のメンバーが「天皇は祈っていればいい」と発言したことに、宮内庁幹部は「(被災地などを訪れる)陛下の生き方を全否定する内容」と強く反発しておるという。

また、天皇と個人的に親しい関係者は「天皇に対して失礼だ」と話しておるそうだ。

そして、こうした天皇の意向は官邸にも伝えられておると報じておる。

安倍官邸には激震が走ったに違いない。

天皇が不満を強めている理由は、政府が退位を皇室典範改正で恒久制度化せず、特例法ですませようとしていることらしい。

天皇ご本人は、「退位は皇室典範の改正で恒久化してほしい」意向を示しておった。

国民の大多数や野党も、こうした天皇のお気持ちを支持し「恒久化すべき」というのが各種世論調査でも明らかになっておる。

天皇ご自身の御意向や、国民の意見を無視して、19日に安倍内閣は「特例法」を閣議決定したばかりだ。

そしてその直後に、天皇サイドから「不満の声」が出てきたことに大きな意味がある。

そもそも天皇は、右傾化する安倍政権に危機感を持っておる。

森友学園を、安倍晋三夫妻が支持したのは「教育勅語」を子どもたちに暗唱させるという戦前回帰のアナログ教育の思想が、自分と同じだからに他ならない。

国会で籠池氏を「詐欺師」とは言ったけど、その思想は否定しておらん。

天皇は、安保法が審議中の15年8月の全国戦没者追悼式では、「さきの大戦に対する深い反省」との文言を初めて使った。

また日本の平和と繁栄を「平和の存続を切望する国民の意識に支えられ」と表現した。

天皇の憲法9条への強い思いを感じさせる言葉です。

安倍政権は「一代限りの特例法案」で天皇の御意向を無視しようとしておる。

平和を願い、国民に寄り添う天皇陛下を軽んじる安倍政権、それでいいのか???

江戸時代末期、こういう輩を「逆賊」と呼びました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加計学園「千葉科学大学」に銚子市は77億円を負担、で市は巨額の財政赤字とか…

2017年05月22日 | Weblog

午前5時30分の気温はプラス13度。

日増しに緑が濃くなってまいりました。

と同時に、我が家の敷地内は、あっという間に草ぼうぼう。

いい加減、草刈正雄しないといけません。

いつものことではありますが、北海道の田舎、冬は雪との戦い、夏は草との戦いなのでござる。

このところ風邪っぽくて、だるさが取れなかったおぢ、ちょうど1週間かかってようやく元に戻った感じですわ。

きょうはこれから草刈りでござる。

さて、

きのうの日テレ「バンキシャ」で、加計学園が運営する千葉科学大学を取り上げておって、その内容に驚いた。

千葉科学大学は、安倍総理の「腹心の友」加計孝太郎理事長が、2013年に銚子市に設置したいと申し入れし、設立されたという。

銚子市は、大学設置で人口増と経済効果が見込めるなどとして、校舎建設費補助に77億5000万円、校舎の土地は長期無償貸与しておる。

市の財政が悪化し、人口が減少する中、地域活性化の切り札が加計学園「千葉科学大学」だった。

「だった」というのは、

銚子市の財政がその後も悪化の一途で、市役所職員は給与カット、市長も給与の3割カットで、ゴミ袋の値段は1.5倍、火葬場は料金が2倍という財政危機がいまも進行中だからだ。

財政破たんした「夕張市の一歩手前」が銚子市なのでござる。

しかも残念ことに、大学設置後も銚子市に雇用の場はなく、学生は卒業後に銚子を離れるそうだ。

経済効果と人口増はどこへやら…

巨額の血税で設立された千葉科学大学ですが、定員割れもしておるそうだ。

あっちもこっちも、ありゃりゃなことなのですわ。

市の財政赤字は千葉科学大学のおかげでさらに膨れ上がり、銚子市民、プンプンだそうです。

ただいま問題となっておる加計学園の獣医学部を建設中の愛媛県今治市でも、用地を無償譲渡(約36億円相当)し、施設整備費として市と県で最大86億円を助成することを決めておるとか。

また、加計孝太郎理事長は、安倍総理夫妻と籠池理事長の「つなぎ役」ではないかと週刊現代は伝えておるそうで、これまたややこしい。

憲法に「高等教育の無償化」盛り込むという安倍総理だけど、これって人口が減少する中、ニッポンの学園理事長さまにメリットがあるからじゃないの? 

…と疑いたくもなる。

国家戦略で獣医学部を設立するわけだけど、そもそも意味があるのかって問題もある。

かつては動物病院が大盛況で、確かに獣医師が不足していた時期もありましたけど、いまはどうだ???

ニッポンの人口減少に伴ってペットの数も減少中。

「団塊の世代が高齢になり、ペットが亡くなるともう次は飼わなくなった」そうですわ。

総務省の統計によると、1990年代に年平均約11%の急成長をみせた動物病院。

だけどその後99~2009年は年平均2.6%と伸びが鈍化し「ペットブーム」は陰りつつあるといわれておる。

高齢化はその後も進行中ですから、「陰り」で済む話ではなくなった。

国会戦略会議(安倍晋三議長)が、推進した今治市における獣医学部の設立、銚子市の二の舞になるんじゃないかと、他人事ながらたいした心配ですわ。

獣医は増えるけど、求人はあるのか?

日本獣医師会顧問で、北海道選出の元自民党の国会議員・北村直人さんは「獣医は足りてる」と申しておるぞ!!

カネを出した地方自治体は、ただただ大借金に泣く構図にはなりはしないのか?

立派な大学ができて、人口減で学生が減少しても、「高等教育無償化」して儲かるのはだれだ!?

この国の総理大臣、だれのために働くのか、わけわかりません。

いやはやなことです…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「企業専門の弁護士」も危惧する共謀罪

2017年05月21日 | Weblog

午前6時40分、Eテレ朝の体操が終わってスッキリしておる。

この時間の気温はプラス13度。

小鳥がさえずり、気持ちのいい晴れのお天気で風もない。

清々しい日曜の朝でござる。

だけどさっぱり清々しくないのが、自民、公明、維新が19日強行採決した「共謀罪」でござる。

これには「企業専門の弁護士」も「経済活動を委縮させる」として反対する声明を発表しておると共同通信が伝えておる。

どういうことか?

「ビジネスの現場ではさまざまなアイデアを話し合う。例えば節税商品を取り扱う場合、結果的に違法でなかったとしても、脱税の可能性がある商品を検討しただけで処罰されることになる」

「脱税の可能性がある商品を検討しただけで処罰」ではどもこもならんではないのかね?

「検討した」だけで、盗聴されたり、こっそり捜査されることになるってことだ。

そうなれば、「特定の企業が狙い撃ちされ、有罪を認めることを強いられるかもしれない。萎縮効果は絶大だ」そうな。

そう、この法律の狙いは「委縮効果」でござる。

また、やはり共同通信によると、テーマ別の人権状況について事実調査・監視を実施する国連特別報告者のケナタッチさんは、共謀罪法案について「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある」と懸念を示す書簡を日本政府に送ったそうだ。

「計画」や「準備行為」だけで捜査されることについて、国際的な視点から問題視しておる。

なにがなんでも共謀罪を通過させたい理由は、先ほどの「委縮効果」でしょう。

権力者に抗う人は「一般人ではない」として、捜査の対象になりかねない。

だからモノを言いにくい社会になる。

当ブログなんかは捜査対象になりかねないですわ。

おぢはごく一般人と思ってますけど、権力者を批判しておれば、捜査対象となる可能性も、この先否定できませんわ。

戦時中に政府を批判しては国民が次々逮捕・投獄された「治安維持法」も、「一般人は全く関係ない」などと同じ言い方で導入された。

きのう書いた報道の自由度ランキングもそうですが、安倍政権が続く限り、なんとも息苦しい世の中が続きそうだ。

つい先ほどのTBSテレビ「サンデーモーニング」でも、ご尊敬申し上げる田中秀征さんが、慎重に言葉を選びながらこの法案に疑問を呈しておった。

この先も、おぢはできるだけ声を上げようとは思ってますけど、「物言えば唇寒し」といわれたあの戦前が蘇りかねない嫌な感じがする今日このごろでござる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「スクープ盗んだ」週刊文春、反省してスクープで「リベンジ」してくださいな!

2017年05月20日 | Weblog

午前6時の気温はプラス14度。

薄い雲が広がるものの、晴れの良いお天気でござる。

気持ちがいいなぁ~

写真の我が家のミケ、おぢに媚を売っておる。

こういうブリブリかわいい子ぶるニャンコより、おぢは「ツンデレ・ニャンコ」の方が好きでござる。

ミケよ、スマン!!

ところで、

信頼しておりました週刊文春が、週刊新潮のポスターをカンニングして「スクープ潰し」しておったのには驚いた。

新潮は、「スクープが盗まれているのでは?」と、長きにわたって調査してこれが判明したという。

手口は取次店である「トーハン」から、電車の中刷り広告を発売日の前日に入手.

これを文春の社員がコピーして持ち帰って、そこから追いかけ取材し、いち早くネット版で公開したりしておったというもの。

広告をコピーしておるところを、新潮はしっかり写真に撮っておる。

動かぬ証拠をしっかり掲載じゃ。

記事も8ページにわたって事細かに掲載、週刊文春はグーの音も出ないところだけれど、いまんとこ沈黙しておる。

ここは名誉回復のためにも、週刊文春は素直に「ごめんなさい」と言うべきだと思うけどなぁ、、、

いずれにしてもニッポンの政治・経済に多大な影響を与えてきたのが週刊誌のスクープだ。

ニッポンの「報道の自由度ランキング」は年ごとに下がり、現在はG7の最下位、72位にまで成り下がった。

73位が香港だというから相当ひどい自由度ですわ。

ちなみに2002年のニッポン国は、まだこれが26位だった。

2010年には11位にまで上がったが、安倍政権発足からは右肩下がりでとうとう72位ですわ。

報道の自由度ランキングとは「報道の自由に対する侵害について、法的支配やインターネット検閲、ジャーナリストへの暴力で調査するもの」で、侵害が大きいと順位が下がる。

今回、「共謀罪」が国会を通過すれば、この順位はさらに下がることが予想される。

どこが「美しいニッポン」かわけ判りませんが、じわじわと報道の自由度が無くなってきておるのは事実。

まことに不気味なことでござる。

先日も総理が「考え方は、相当詳しく読売新聞に書いてあるから、熟読してほしい」と国会で仰天発言した。

こんなこと言われてしまった読売新聞、「広報扱いするな!」と怒るかと思ったらそうはないようで、なんだかなぁ~ って感じですわ。

報道の自由度は下がり、新聞も広報扱いされて、新聞人としての誇りはどうした! とも思う。

だからこそ、この国では週刊誌のガンバリに期待がかかる。

ここは週刊文春にしっかり反省していただき、「渾身のスクープ」でリベンジしていただきたいと思う愛読者のおぢでござる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「瑞穂の國記念小學院開校に向けご協力いただきありがとうございます」と書いたのは財務省幹部

2017年05月19日 | Weblog

午前6時の気温はプラス5度と、今朝も少々寒いですわ。

ではありますが、きょうもスカッと青空が広がるよいお天気じゃ。

予報では、きょうも丸1日晴れのお天気で、日中の最高気温は22度だ。

連日いい陽気が続いて、おぢも体調からなにから、たいした良好じゃ。

ないのはカネぐらいか…

さて、

国民の財産である国有地が、8億円も値引きして売却された森友学園問題でござる。

前理事長の籠池泰典さんは16日、国有地を取得するための交渉過程で交わしたメールの一部を明らかにしておる。

工事業者と籠池さんの弁護士の双方がやり取りした内容です。

昨年6月、地中深くからゴミが見つかったとして、これを理由に財務省は8億円を値引きした。

ところが、その2ヶ月前に両者が交わしたメールでは、「ゴミが存在しないことを示唆する内容」だったというからびっくりだ。

そもそも、地中の生活ごみは昨年3月に表面化しておる。
 
そこで近畿財務局は、「土地価格算定」のため、ボーリング調査結果などの提出を森友学園に求めた。

今回明らかになったメールは、学校の設計会社の担当者と、籠池さんの弁護士が昨年4月に複数回、ボーリングについてやりとりしたものだ。

設計会社は「ボーリングした位置では約3メートル以深には廃棄物がない」「敷地全体でも(ゴミは)ないと推測できる。(近畿財務局から)不利な要素の提出を促されている」とメールで心配しておる。

これに対して弁護士側は「(ボーリング結果の)提出はやめましょうか。あいまいな形で億単位の交渉はできません」と答える。

そうこうするうち設計事務所は「ボーリング調査に関する資料は抹消した」と弁護士側に伝えたそうな。

3メートル以下の深さのボーリング調査結果では、ゴミも何も出なかったので、それは闇に葬られたわけだ。

深いところにゴミがあれば、値引き要求できると踏んだのに、出なくてガッカリってことだ。

ところが財務省は、深さ9.9メートルまでごみが埋まり、撤去にお金がかかるとして国有地を8億円も安く売ることになる。

設計事務所では見つからなかった深さ9.9メートルから、ゴミが見つかったので値引きすると、財務省は言い出したってことですわ。

深いところからゴミが出てきたら値段は安くできるから、「ゴミ、あることにしました」みたいな話です。

ぞりゃもう変だろって話だ。

籠池さんは「詐欺師」だと安倍さんは言うけど、詐欺してる感じではない。

売る方の財務省近畿財務局が「いかようにも安くしますからぜひ買って!」みたいなのです。

実際、財務局の担当者が弁護士らに宛てたとされるメールにはこうある。

「いつもお世話になります。瑞穂の国記念小学院開校に向けご協力いただきありがとうございます」

ビックリですなぁ~

この文章だと、開校するのは財務省で、それに協力するのが籠池さんって構図に見えてくる。

教育勅語を子どもに暗唱させる小学校が素晴らしいと思っておる安倍総理夫妻、これと一体になって動く財務省なのです。

大統領とは一線を画し、公務をまっとうしようというアメリカの公務員FBIとは雲泥の差ですわ。

言わずもがなを言うようですが、「公務員は公僕」です。

公け(国民)に尽くすのがそのお役目で、ときの総理大臣の言うがままに働くもんではございませんと、何度でも申しておきましょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本獣医師会の会長が「獣医は足りてる」というのに、総理のお友だちの「加計学園」が新設のなぜ?

2017年05月18日 | Weblog

午前6時の気温はプラス4度と少々寒い。

ではありますが、スカッと青空のお天気で気持ちがよろしい。

予報によると、きょう1日晴れのお天気で、日中の最高気温は22度になるそうだ。

ご当地もいい陽気になってまいりました。

さて、

安倍総理のお友だちが理事長を務める加計学園問題でござる。

標記のように、日本獣医師会の会長は獣医は足りているというのに、獣医学部を新設するという。

家畜が減って、おかげで獣医が余っておるのに、獣医学部を新設するって、どこが国家戦略か?

東京新聞電子版によると、獣医学部というのは全国16大学にあるそうだ。

でもって、文科省はこれまで50年以上にわたって獣医学部の新設を抑えてきた。

なぜかご存知か?

ニッポン国の人口減少に伴って、これによりペットの数も減り、犬猫病院などの動物病院も、その経営が不安定化する事態が起きておるためですわ。

「家畜の減少」と「ペットの減少」のダブルパ~ンチだ。

獣医を増やしたいなら、その前に、家畜を増やす「国家戦略」が必要ではないのかね?

ご当地でも、とある動物病院が2年ほど前に閉院しておる。

全国的にも、動物病院はどんどん減っており、従って獣医師の需要は減ってきておるのが実情だ。

日本獣医師会の蔵内勇夫会長は新年のご挨拶で以下のように述べておる。

「内閣府に設置された内閣総理大臣を議長とする国家戦略特別区域諮問会議で,議論されてきたことの一つに獣医学部新設があります.獣医師の需要動向をみましても,地域偏在や職域偏在はあるものの,全国的観点から獣医師数は不足していませんし,平成 19年に農林水産省で行われた獣医師の需給調査においても,今後,獣医師が過剰となる場合や不足する場合のシュミレーションを行いましたが,不足するという結論になっていません.過去 50年間,獣医学部が設置されてこなかったのは,その必要がなかったからであります」

さらに、

「全国的見地から獣医師が不足していないので,なぜ新たに獣医師養成大学を設置するのか理解できません」

…と述べてるんだなぁ~

おかしくないかね安倍総理!!

日本獣医師会の会長さんが、獣医は足りておって、「獣医師養成大学を設置するのか理解できない」としておるのに、「国家戦略特別区域諮問会議」(安倍晋三議長)は獣医学部の新設を認めたわけ。

どこが国家戦略か???

獣医を増やす前に、ブランド牛なんかを増やす国家戦略の方が先ではないの?

家畜が減って、ペットが減って、なんで「国家戦略」で獣医を増やすのか、とりあえず意味不明でござる。

自民党という組織は、日本獣医師会のような業界団体から強い要請を受けて、その意向に従って学校を新設したり、学部を増やしたりするもんだ。

これがいいか悪いかは別問題として、「業界団体の利益代表」がそもそも自民党の体質でござる。

ところがギッチョン、こと獣医学部に関しては、業界団体が設立に反対しておって、文科省も右へならへしておった。

これをひっくり返したのが、「国家戦略特別区域諮問会議」(くどいけど議長は安倍晋三さん)であり、今回の加計学園でござる。

安倍総理が規制改革の一環として導入したのが国家戦略特区ですわ。

上記にるる書きました通り、総理のお友だちの強い要請で獣医学部が新設されたと思うのが当たり前田のクラッカー!!

安倍総理は国会で「加計学園から私に相談があったことや、圧力が働いたことは一切ない」と関与を否定しておるけど、どう見ても大ウソでござる。

最後にあらためて日本獣医師会の会長のご意見を掲載いたします。

「特に,今回,獣医学教育及び獣医師職域の現状及び将来の在り方について,十分な検証も行わず,本会等関係者が意見を述べる機会もないまま,一方的に獣医学部の新設が決定されたことはきわめて遺憾であります」

安倍総理も文科省も、このご意見をどう受け止めるのかねぇ、、、

加計学園問題、今後の成り行きがたいした見ものですわ!!

ちなみに、森友学園も、加計学園も、その名誉校長は「安倍昭恵さん」だということは、しっかり申し添えておきまする。

森友学園も、加計学園も、どっからどうみても安倍総理と「ずぶずぶの関係」でござる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「自衛隊は合憲」が自民党の公式見解、憲法変える必要どこにある!?

2017年05月17日 | Weblog

Eテレ朝の体操が終わった午前6時40分、ご当地の気温はプラス8度と、いまんとこ肌寒い。

きょうから北海道は高気圧に覆われて、ご当地は曇りのち晴れのお天気になる。

気温も上がってくるそうな。

風邪気味でだるくて困っておったおぢも、今朝はラジオ体操ができるまでに回復じゃ。

ここんとこ、3月、4月並みの天気と気温でしたので、これにすっかりやられたようなのでした。

それでも昨夜、しっかり汗かいて寝たら今朝はスッキリなのじゃ。

万病の元である風邪には気をつけないといけない、じーさんでござる。

さて、

安倍総理でござる。

この人は、何をなそうとして総理大臣を続けているんだろ?

フツーは、自国と国民が豊かにするのを目的に国のトップになる。

国家国民のことを考えたなら、まずは経済だ。

ところが最近では、金科玉条のアベノミクスについて、さっぱり何も言及いたしません。

このところの発言を見ると、総理の目指すところ、やっぱ「憲法改正」だけとしか思えない。

2013年、憲法改正の発議に必要な衆参両院での3分の2以上の賛成という要件を、2分の1に引き下げる「憲法第96条の改正」を、安倍さんは打ち出した。

そりゃいくらなんでも、「姑息」じゃんかと、たいした評判が悪く、これは1年後には引っ込めた。

現在はその3分の2も手中にした。

そして今回は、2020年に憲法9条を改正すると唐突に言い出した。

自衛隊は合憲だと付け加えるという。

これならニッポン国民の多くが納得するだろうってことだが、ここに落とし穴がある。

狙いはどうやら違憲の疑いのある自衛隊の海外派遣を合憲化することだろう。

憲法を順守する立場である総理大臣がそんなことは言えないので、自民党総裁としての意見だという。

ところが、自民党内でこれについての論議はというと、安倍さんはすっ飛ばしちゃった。

2005年、自民党は結党以来初めて「新憲法草案」を取りまとめ、公表しておる。

さらに2012年には、2つ目の改正案である「日本国憲法改正草案」を公表じゃ。

2つの改正案が自民党内にある。

長々と党内論議した改正案を、今回安倍総理は軽くすっ飛ばし、党内議論など丸きりないまま「2020年に9条改正」と言い出したのでござる。

いかにも唐突ですわ。

自民党内で反発の声が上がるのは当たり前田のクラッカーでござる。

安倍総理は「違憲の疑いを指摘されている現状を解消したい」と説明しているけど、「何言ってんの?」って話だ。

自衛隊について政府は、現行憲法の下で「合憲」であると解釈しておる。

そして国会では自衛隊は合憲だとして、これを前提に数多くの法律を成立させておる。

最高裁判所が1度たりともは自衛隊の違憲判決を出したかね???

合憲としておるものを、わざわざ憲法改正してまで合憲とするわけですから、裏があるに違いないと思うのが常識だ。

しかも自身の考え方については「読売新聞を読め」と来ちゃったね。

総理が国会で野党議員に説明するのは、とりもなおさず国民に説明することに他ならん。

これを軽くスルーして、読売新聞を読めですわ。

読売新聞読者以外の国民に対して、失礼千万ですわ。

民主主義のルール、政党内のルールを吹っ飛ばして、持論を通そうとしておる。

こういうのを世間ではお子ちゃまとも、暴走とも、ときに独裁とも申します。

極端に右に偏っておる総理、このまま長々とその座に座らせておいて大丈夫かニッポン国???

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

高校同期の大類由美子さん、モーニングショーご出演!!

2017年05月16日 | Weblog

 午前9時の気温はプラス10度。

しとしと雨が降っておって、寒いのです。

ゴールデンウイークまではずいぶん温かでしたけど、その後はすっかり早春に逆戻り。

ハニーさんも風邪気味になっちゃって、ふたりとも体調がよろしくないことに。

グズグズしたお天気は、明日から回復する気配だそうで、心も体も天気に左右されるおぢ、ようやく元気になりそうな気がしてまいりました。

そんなきのうの朝食後、

いつものように羽鳥さんのモーニングショーをボーッと見ておった。

そしたらどこかで見たことあるようなお方が登場しておりました。

「大類さん」などという名前はめったにございませんので思い出しましたわ。

高校の同期で、途中転校した木村由美子さんなのです。

ご結婚されて、大類と苗字が変わったことは、毎年夏に開かれる高校の同期会で知っておりました。

何十年も毎年夏に高校の同期会を開催するという、ほとんど聞いたことのない、まことにめずらしい同期。

ちょっと変です。

話は戻りますが、大類さんは石原良純さんのコーナー「良純未来図」にご出演でござった。

「東京から茨城・つくば市に移住した大類裕幸・由美子夫妻」のご紹介でござった。

モーニングショーのホームページによれば「今回は、そんなつくば市に東京・板橋区から移住して手作りジャム店をオープンさせたミライビト、大類裕幸(おおるい・ひろゆき)さん(67)・由美子(ゆみこ)さん(65)夫妻に“地方移住”についてのお話を伺いました」ってことでした。

おぢは、このコーナーをちゃんと観ておったわけでなく、あれやこれやしながらチラチラ拝見しておった。

ようは大類由美子さん、東京からつくば市に移住し、手作りジャムとスコーンのお店「ジャムファクトリー」を始めたのだそうです。

詳しくはホームページでご覧くださいな。

とにもかくにも、高校同期の女性が、元気で頑張っておるというのが嬉しいですわ。

大類さんのお店は下記でござる。

お近くの方は手づくりのおいしいジャムを購入してくださいな。

ヨロピクね!!

手作りジャムとスコーンのお店「ジャムファクトリー」

住所/茨城県つくば市小田3282-2
TEL/029-896-8884
営業時間/11:00~16:00
定休日/月・火・金

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万能調味料「煎り酒」って何???

2017年05月15日 | Weblog

午前7時半の気温はプラス8度。

今日もどんよりした曇り空のお天気で、少し風もある。

ここ数日、寒く感じられ、朝夕はストーブを焚いておりました。

そしたらきのう当ブログを書いておるころから、体がだるくてだるくて…

午後にはとうとう寝込んでしまい、夕方まで床に就いておりました。

今朝は、そのだるさもほぼ解消しておりますが、喉が少し嗄れておるような。

風邪だったか???

喉が痛いわけではなかった。

ただただ、沈み込むようなだるさに襲われ、起きていることができませなんだ。

若いころにはなかった感覚ですわ。

年齢を重ねるということはそういうことなのでしょう。

生きてさえおれば、未体験のことが次々起こるようです。

ところで、

朝食の時間に観ております、「あさチャン!」で、「煎り酒」という万能調味料を取り上げておりましたです。

材料は、酒・鰹節・梅干・塩の4つだけだ。

いま人気というから東京など首都圏で人気なのでしょう。

田舎では初めて聞きました代物だ。

「煮物にも、炊き込みご飯にも、サラダにも、炒め物にも便利」だそうな。

何でもかんでもに使えて「うまい」というからおぢも食してみたい。

放送によると、「江戸時代はしょうゆが高価で普及した」「だけど、しょうゆの工場ができたり、塩っ辛いものが江戸っ子に好まれて段々廃れた」そうです。

しょうゆ感覚で使えるけど、塩っ辛さがないのだそうな。

高血圧などでお悩みの皆さんによろしいような。

まためんつゆとして江戸時代の人が使っておったという、味噌味の「煮貫(にぬき)」も紹介しておりましたです。

どちらも簡単レシピで、ちょいと試してみたいですわ。

【材料】
※出来上がり約100ml
日本酒 … 200ml
梅干 … 大粒1個
かつお節 … 1/2パック
塩 … 少々

【作り方】
1.鍋に梅干と日本酒と塩を入れ、弱火で5~6分煮詰める。
2.半分の量になるまで煮詰めたら、かつお節を加えて、さらに弱火で5~6分煮る。
3.火からおろし、粗熱がとれたらざるにキッチンペーパーもしくはふきんを敷き漉す。

なにより減塩が重要とされる現代人向けの調味料ですわ。

日持ちがしないところが難点だろか?

今夜試してみることにいたしますです。

きょうは朝から出かけますので今日はこれまで。

スマンね!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「一般人は大丈夫」という共謀罪だけど、一般人かどうか決めるのは捜査する側、だからヤバイ!!

2017年05月14日 | Weblog

午前7時の気温はプラス7度。

つい先ほど、パラパラッと雨が降りました。

今日のお天気は「雨時々曇り」だそうで、どんよりした一日になりそうです。

おぢは今朝、体がだるくてなかなか布団から出ることができませなんだ。

季節の変わり目、風邪気味でしょうか?

若くはないので気をつけないといけません。

さて、国会で審議中の大問題「共謀罪」でござる。

12日の衆議院法務委員会で法務省の林真琴刑事局長は「合意しただけの段階で任意捜査が始まる」ことを認めておる。

これまでは「犯罪に合意しただけでは強制捜査や処罰はできない。合意に加えて準備行為がないと犯罪は成立しない」と強調してきたのに、そうではないというのだ。

どういうことか?

居酒屋で酒呑みながら「上司の〇〇は気に入らないから、締めてやるか!」と同僚と話した(合意した)だけで、警察による任意の捜査が可能になるってことになる。

つまり、ある特定の人物を捜査対象とすることが、これまでに比べて極めて容易になるのです。

ほとんどの冤罪事件は、「警察がシナリオを書いて、これに従って捜査」して起きる。

だから共謀罪が成立すれば「冤罪」がこれまで以上に増える可能性はそうとう大きくなると見た方がいい。

実際、過去に冤罪事件で逮捕され、その後無実が確定した元被告の皆さんは、共謀罪について大変危惧しておる。

元被告の皆さんは、厳しい取り調べに耐え切れず「うその自白」をしてしまった自身の苦い経験から心配しておるのです。

また国会審議で政府は「一般人は対象外」と申しておりますが、だれが「一般人」と決めるのか、そこが大問題ですわ。

おぢは自分のことを一般人と思ってますけど、警察は果たしてどう思うのか? ってことでござる。

「あいつは危険人物だ」と警察が判断すれば、いきなり一般人ではなくなるのです。

事件のでっち上げを防ぐには、取り調べをすべて録画・録音し、全面公開することが最低限でも必要になる。

今回は修正案として、録音・録画など取り調べの可視化や、GPS(全地球測位システム)捜査の立法措置の検討を盛り込むとしておる。

ところがギッチョン、これも「立法措置の検討」だけですから、こんなもん、どうなるか皆目見当がつきません。

仮に、録画・録音が立法化されても、編集して公開することが可能なら、捜査側に都合のいい編集になる可能性もある。

とにもかくにも怖いですわ。

アナクロな教育勅語を暗唱させる学校を支持しておった安倍総理夫妻は、いま共謀罪と憲法改正に突き進んでおる。

これには本来の保守派である自民党内にも多くの異論がある。

北朝鮮ミサイルの脅威のおかげさんで、安倍政権はその支持率が高いという異常事態ですわ。

極右総理のこれら大暴走になんとか歯止めをかけないと、この国将来はとても危うい。

戦後延々と築き上げてきたニッポンの民主主義が、いま大きな曲がり角にきておるという異常事態が進行中じゃ。

このままだと、ニッポンは全くもっておかしな方向に進みかねないのだと申しておきます。

しつこいようですが、共謀罪については「一般人は全く関係ない」と政府は強調してますけど、同じ言い方で始まったのが、戦時中に政府を批判しては国民が次々逮捕・投獄された「治安維持法」だったと、これも明記しておきまする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FBIは「忖度」しない公務員、「ニッポンはずぶずぶ!!」それでいいのか?

2017年05月13日 | Weblog

午前6時の気温はプラス10度。

今日もどんよりとした曇り空、風もあって少々肌寒い。

きょうはどんな1日になるのでしょうかね。

アメリカでは先日、FBI長官のコミーさんが突然解雇された。

そもそも、捜査の中立性を保つため、FBI長官の任期は異例の10年だそうで、政権交代に影響されないようになっているそうだ。

だからFBI長官の突然の解雇は、憲法を軽視することに直結する。

もし解雇するなら、トランプさんが大統領になったときに、新旧交代するのが筋だ。

政権発足から100日が経過しての解雇ですから、当然のことながら憶測が飛び交う。

大統領選挙中に、トランプ陣営とロシアの諜報機関のつながりについて、FBIが捜査しておったというのがどうやら長官解雇の理由らしい。

ビックリ仰天なことですが「トランプ大統領は、3回にわたってコミー氏に自分が捜査対象かどうか確認した」という。

これが我がニッポン国ならどうでしょう?

総理大臣からこんなことを問われたら、公平中立のはずの捜査機関ですが、ビビってさっそく総理の意向を「忖度」し、捜査を中止しちゃう。

官僚が上の意向だけに唯々諾々と従う「ヒラメ野郎」でいいのか?

官僚は、国民のために働く「公僕」、権力者におもねるのではなく、国民に仕えるのではないのかね!!

今回の問題、もし大統領選挙にロシアが介入していたなら、アメリカの政治史上始まって以来の大スキャンダルとなる。

FBIは公平・公正に職務を最優先する姿勢を貫いており、当然のことではありますが、ニッポンと比べりゃなんとも羨ましい。

忖度に忖度を重ね、安倍総理夫妻の意向に従って、森友学園に8億円引きで国民の財産である国有地を売却しようとした財務省とは大違いでござる。

今回のFBI長官の突然の解雇は、ウオーターゲート事件に倣って「ロシアゲート」と呼ばれ、トランプ大統領の進退にまで進む可能性もある。

ニクソン大統領が辞任に追い込まれ、世界経済にも大きな影響を与えたウオーターゲート事件の再来となるのか、大統領の大スキャンダルの始まりとなるのか、世界中が大注目でござる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご当地マックスバリューから姿を消した「ミツカン梅風味黒酢たれ納豆」のなぜ?

2017年05月12日 | Weblog

舌の苔をこそげ取ったり、歯みがきしたりなどなど、口の中がさっぱりしたあと、コップ1杯の白湯をゆっくりいただいた午前5時30分の気温はプラス10度。

雲が低く垂れこめた雨上がりの朝でござる。

新緑が日に日に濃くなって、雨上がりの今朝は、緑も一段と鮮やかな気がします。

小鳥もあちこちでさえずる爽やかな朝、Jの字にして大型のウ〇チをスルッと生み落した。

朝からお下劣でスマンこってす!!

今朝のおぢ、快調で快腸なのじゃ。

その腸は、脳と深く関係し、いまや第2の脳とまで言われておるそうな。

脳にストレスがかかると、過敏性腸症候群など腸の機能が低下、下痢したりする。

これが原因で肩こりや頭痛にもなるというから、ややこしい。

そんなこんなで最近は「腸内フローラ」が大事、なんてなこともいう。

その腸内の環境を整えるには、各種の乳酸菌が必要不可欠だそうだ。

だから我が家では朝食に納豆は欠かさない。

最近は納豆に加えて、少量だけどキムチも必ず食卓に乗せておる。

もちろん同じ発酵食品である味噌を使った野菜やキノコの入った味噌汁も欠かしません。

一口に乳酸菌というけれど、身近にいろいろあるような。

そんなこんな、納豆と味噌汁にキムチの「乳酸菌強力タッグ」のおかげか、ここんとこガスの発生がずいぶんと少なくなった気がします。

おぢはハニーさんの前では「ぷぅ~」などとお下品なことはやらかしません。

その都度、脱兎のごとくトイレに駆け込んでおります。

時々、間に合わないこともあったりはしますけど…

で、話は戻って納豆でござる。

長らく親しんできた下の「ミツカン梅風味黒酢たれ納豆」が、ご当地倶知安町の「マックスバリュー」から姿を消して困っておる。

写真のものは、過日小樽の「イオン」で大量に買ってきて、現在冷凍しておる納豆ですわ。

「黒酢たれ」もお気に入りで、それに加えて納豆特有のにおいが少ないのが、この納豆の特徴なのです。

たぶん輸入大豆でしょうけどね。

我が家ではこの納豆に「大葉、長ネギ、焼きショウガ、アマニ油、花かつお」を加えて毎朝食しておる。

こんなにあれもこれも入れておっては、「なに味」かまるきりわかんなくなってはおりますけど…

この納豆が姿を消してからというもの、道産大豆の納豆を中心にあれこれ試してはいるのですが、どれもこれも柔らかすぎたり、納豆臭かったりで、「帯に短し、たすきに長し」状態。

倶知安町のマックスバリュー、勝手にこれを販売中止してくれちゃって、どうしてくれる!! とも思う。

わずか100株ですけど、イオンの株主でもあるおぢの意向を軽くスルーして姿を消した「ミツカン梅風味黒酢たれ納豆」。

イオン北海道、いやマックスバリュー倶知安店、この納豆、返せ!!戻せ!!

…と思う朝でござる。

下の写真は我が家の朝ごはん。

ご飯とみそ汁以外が食卓に乗ってます。

まずは「ベジタブルファスト」でレタスとトマトを、日替わりのドレッシングと高級オリーブオイルを入れて食します。

次いで、先ほどのあれこれごっちゃり入った納豆。

焼き魚はきのうはギンダラで、副菜はニラ玉。

ほかは右下のキムチに、造血作用があるといういただいたビーツのなんちゃら漬け、梅干し、それに我が家で1年漬けたニンニクの黒酢づけ、これに焼き海苔だ。

焼き魚と副菜、それに味噌汁の具材は日替わりしますが、あとはここんとこ、ほぼ毎朝一緒です。

我が家は朝食がメインゆえ、家にいる限りほぼ100%、この食事なのです。

毎朝、おぢはこの朝食が楽しみで、楽しみで…

いつもうだうだと、しょうもない当ブログを書きながら、朝食の支度が終わるのを、腹を空かせたワンコのように待っておるのです。

おいしい朝食こそ、おぢの活力の源泉じゃ。

元気で、幸せで、スマンね!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加