「流山の素浪人」の時々雑感・日々雑感

初老になった私の身の回りで起こる、何気ない出来事をブログにし、回転がめっきり遅くなった脳みそに「喝」を入れたい。

青春18きっぷで碓氷峠の廃線跡を歩いた

2017年04月05日 12時46分56秒 | 日記

早朝6時に家を出て、普通列車を乗り継いでJR信越本線の終点駅となる横川へ、

横川駅には9時15分に到着。

駅前で、昼食としておぎの屋の「峠の釜めし」を仕入れるが、リュックに入れると

ずっしりと重くなった。

 

9時30分横川駅を出発、駅に隣接する「鉄道文化むら」は定休日、従業員が

相当年代物と思われる展示車両の整備を行っていた。

廃線跡を歩き始めると民家は皆無で、歩道脇や電柱の上を野猿が走り回っている。

近くに寄っても逃げることもなく、じっとこちらを見ている。

40分ほど歩いた所にレンガ造りのおしゃれな建物が2棟建っている。

旧丸山変電所と蓄電池棟だ、碓氷峠超えは通常の機関車で登ることが出来ず、

線路に施設した櫛歯レールと歯車車輪を嚙合わせる「アプト式」を採用した電気

機関車を採用しており、直流電流と大量の電力の供給が必要だった。

 

ここから後ろを眺めると2Km近くの直線歩道、歩道脇には鉄道文化むらから

トロッコ列車が走る線路が敷かれているが本日は休業日。

駅から1時間/3Kmで天然温泉施設「峠の湯」に到着、ここまではトロッコ列車で

来ることが出来が、チケットは文化村とセット料金となっている。

ここで小休止。帰りには温泉に入って疲れを癒す予定。

ここから本格的な峠越えの廃線跡ウォークとなる。

最長550mもあるトンネル、100m近くの橋と、長短それぞれ10個ほどある。

トンネルに入ると汗が急に引くほど冷たい風が吹いている。

 

中でも、めがね橋は有名で、紅葉の頃には俄かカメラマンで渋滞するそうだ。

トンネルにしても、橋にしてもレンガ造りで、細部まで美的感覚があり、

芸術品と言っても良いと思う。

特に、めがね橋は上からではなく、階段を下りて、下から眺めることがお勧めだ。

 

この、めがね橋から上流を見ると、架線が敷かれた鉄橋が見える。

新幹線が通じて廃線になった信越新線で、軽井沢方面への信越本線が廃止され、

現在は横川駅・軽井沢駅間はJRバスが運行されています。

これも時代の流れとはいえ、明治の時代に200万円も費やして、ドイツから技術者まで

呼び寄せてアプト式を採用した単線の旧信越本線、強力モータが開発されて複線の新信越

本線も、それぞれ50年も使われずに廃線となった。

廃線ウォークの終着点「熊ノ平」駅に立つと、トンネルの口が3つ空いている。

一番左が旧信越本線、真ん中が新信越本線の軽井沢方面の下り線、右が軽井沢から

横川方面への上り線となっていた。

ここまでは、6.5Km、2時間30分の碓氷峠廃線跡ハイキングだったが、ハイキングに

しては少しきつかった。

下りは快調で、峠の湯までは1時間、ここで1時間の温泉湯浴みで足の疲れを取って

15時15分に横川駅に帰ってきた。

15時58分の列車に乗って、家に帰ってきたのが18時だった。

朝6時に家を出て、14時間の青春18きっぷの旅は、22,663歩、約20Km

と、少し歩きすぎた日帰り旅だった。

青春18きっぷは、後1枚残っているが使用期限は4月10日まで、さて私一人で

どこに行くか思案中だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青春18きっぷで伊豆方面へ | トップ | 青春18きっぷ最後の一枚で山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。