NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・BONJOVI・B'z話あり
映画の点数は満足度で評価

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

2008年01月24日 | 洋画

~いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら~

2008年、一発目はジョニー・デップの新作。

2007年 アメリカ作品 ワーナー配給 (07.1.19公開) R-15指定
[監督]ティム・バートン
[製作・脚本]ジョン・ローガン
[出演]
ジョニー・デップ・・・・・・・・・・・・・スウィーニー・トッド(ベンジャミン・バーカー)
     ヘレナ・ボナム=カーター・・・・・ミセス・ラベット (大家)
    アラン・リックマン・・・・・・・・・・・・タービン判事
    サシャ・バロン・コーエン・・・・・・ピレリ (ライバルの理髪師)
    ティモシー・スポール・・・・・・・・・ビードル・バムフォード(判事の子分)
    ジェイン・ウィスナー・・・・・・・・・・ジョアナ (トッドの娘)
    ローラ・ミシェル・ケリー・・・・・・・ルーシー (トッドの妻)
    ジェイミー・キャンベル・バウアー・・・・・アンソニー (水兵)

<見どころ>
ブロードウェイの傑作ミュージカルを、監督ティム・バートン&主演ジョニー・デップの
黄金コンビで映画化したスリラー。
実在した理髪師の復讐劇を、ときにコミカルに描く。
ジョニ
ー・デップの本格的な歌声も披露される。

<あらすじ>
舞台は19世紀の英国、ロンドン。
無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、
名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。
15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、
殺人理髪師スウィーニー・トッド。
彼は美しい大家の協力を得て、自分を陥れて妻子を奪った者への復讐を誓う。

<コメント>
タービン判事に妻と娘をとられ、無実の罪を着せられた
理髪師ベンジャミン・バーカー。
15年後、脱獄に成功した彼は「スウィーニー・トッド」と名前を変え復讐するという話。

主人公ベンジャミン・バーカー演じたのは、ジョニー・デップ
  今回も白塗りでご登場!
ミュージカル初挑戦でしたが、よかったですよ。
ボイストレーニングされてたと思いますが、ちゃんと聴けました。
ダークな作品なので、朗々と歌い上げる人よりも、こういう歌い方のほうが
かえって自然な感じがして、成功だったかも。
ジョニーの演技は、鬼気迫るものでした。
一度、復讐が失敗しますが、そこから殺人鬼へ豹変するさまは、彼でないと
できませんね。
ほんと、キワモノを演じさせると、この方の右にでる人はいません!

殺人鬼に加担したミセス・ラベットを演じたのは、ヘレナ・ボナム=カーター
  バートン監督の奥様でもありますね。
いや~存在感ありましたね。
「ハリポタ」では、ベラトリクス役でした。悪女づいてますね。
パイ店を経営する女主人なんですが、これがロンドン一まずい。
それが一転して、繁盛店になるわけですが、そこには驚愕の事実が・・・・。
私、しばらくミートパイは食べられません!

家族3人を不幸に陥れたタービン判事には、アラン・リックマン
 
この方まで歌うとは思いませんでしたよ。
ちなみに、この方「ハリポタ」でスネイプ先生やってます。
しかし、15の小娘にプロポーズするなんて・・・・ロリコンもええとこっ!

そうそう、「ハリポタ」関係でもう一人出てました。
判事の子分は、ピーター・ペティグリュー役で出てましたよね。
   ハリポタでの感じと同じに見えました。^^;

R-15指定のとおり、心臓に悪いシーンが後半ドバドバ出てきます。
 
原作を知らずに行ったので、驚きのラストに驚愕。そして涙です。


ここまで純然たるミュージカルに仕立ててくるとは正直思わず、嬉しい予想外。
絶望と悲しみから生まれる狂気と復讐心。
過去から前へ進めない物悲しい男を、ジョニーはほんとうまく演じてました。

色調を押さえた映像が、特によかった。
ラストの破滅的な結末は、凄惨だけど物悲しく感じました。
トッドの心情を表すかのような幕引き~エンドロールにむかう運びはうまいと
思いました。
あと、貢献したのが、トビー役のエドワード・サンダース君。
彼が最後とんでもないことします。彼の演技はほんとうまかった。
そして、一番発声が良かったように感じます。

ジョニーファン、必見の作品。
ただし、「パイレーツ」や「チャーリー」のイメージで見ているデップファンは
心して見る必要あるかも?
あと、血とキレものが怖い人は、心臓に悪いです。

私もそれがちと苦手で、なんどか目をつぶったシーンがあります。

点数:8.5点 (10点満点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親子2代で | トップ | 虫がよすぎる »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おかえりなさい (mayumi)
2008-01-24 09:09:16
無事 生還されましたネ。

ジョニー・デップの魅力 炸裂だったでしょ?
正直なところ、私は『パイレーツ・オブ・カリビアン』には 物足りなさを感じていたので、ティム・バートン × ジョーニー・デップに 大満足です。

バートン作品では『コープスブライド』の声の出演が、ジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターなんですが、花嫁の人形は ヘレナ・ボナム=カーターにそっくりです。

『ハリー・ポッター』にヘレナ・ボナム=カーターが出ているのは知っていたのですが、昨年は 劇場に出向かなかったので ノーチェックです。存在感ありますよねぇ。『チャーリー...』の時は 全然雰囲気が違うんだけど、彼女も 役作りにかけては、ジョニー・デップに並ぶ名優ですね。

読み応えのあるレビュー、お疲れ様でした。
mayumiさんへ (NAO)
2008-01-24 10:04:34
いやぁ~、これはまさにジョニーでなきゃ成り立たないでしょ?っていうぐらいはまってました。
2時間近い作品でしたが、スクリーンから目が離せない!!
私も、これこそジョニーの真骨頂だと感じながら見てました。

>花嫁の人形は ヘレナ・ボナム=カーターにそっくりです。

そうそう!似てます!(^^)
彼女も、今回ものすごくはまってましたよね。
最後、あんな結末になるとはホント思いもしませんでした。

>『チャーリー...』の時は 全然雰囲気が違うんだけど

ほんと、全然変わりますよね。
「ハリポタ」のベラトリクスと、「チャーリー」のお母さん役は同じ女優さんだよ、と子供に話した時は
「うそ!!」と信じられないような顔をしてました。
やっぱ、役者さんですよね。
スパスパ切るシーンは、ちょっと苦手でしたけど、
これはやっぱジョニーの代表作になることは間違いないですね。
TBもありがとうございました。
観に行かれたのですね(*^^*) (ベル)
2008-01-24 16:40:23
こんにちは、ベルです。
水曜日に観に行く・・・と仰ってたので、感想楽しみにしておりました。

本当に、
「デップ様LOVE~~~(*><*)」
という軽いミーハー気分で行くと、かなり、イタイ目をみちゃうかもしれない映画でしたよね(^^)b
デップ様に惹かれて、前知識無く行っちゃってヤケドしたお嬢様方も多いかもしれませんねA^^;;

本当に、血が飛び散りまくりの映画でしたよね・・・。血の色がリアルでなかったのが、まだ、救いだったのですが、一番最初の殺人、ピレリを殺すシーンだけは、ちょっと直視出来ませんでした・・・。また、殺した後、地下に落とすところも、なんか、首とか有らぬ方向に曲がってそうで・・・・。切り裂きより、そっちも恐かったです。

ラストは、すごく切なかったですよね(;;)
かつて、親子3人が暮らしていたあの家に、互いに家族と分からないまま、親子三人が集っていたなんて・・・皮肉すぎて泣けました(TT)
結局、判事のもとから自由になれたジョアナと、アンソニーは良いとしても・・・。
トビーの将来は、これからどうなっちゃうのかしら(><)と気になってしょうがなかったです。

そうそう。この映画を観てから、私、まだ、1回もお肉食べてませんA^^;; 血は平気だったのですが、その内容が・・・ね(><) 今週は、野菜ばっかで生きてます。お肉を使ったお料理もしたくないので、オットのお弁当には、冷凍食品のハンバーグだのメンチカツだのを入れてます・爆
でも、そろそろ、後遺症から立ち直って来た感じですね。

音楽も独特で、良かったですよね。サントラ、絶対に欲しいです。トビー役の子と、アンソニー役の人が、すごく歌が上手かった気がしました♪
独特なミュージカルだけど、お気に入りの作品です。

TBを送らせていただきました^^
ベルさんへ (NAO)
2008-01-25 00:29:18
はい、行って来ました♪

>ピレリを殺すシーンだけは、ちょっと直視出来ませんでした

はい、私もこのシーンは、ちょっとダメでしたね。(--;)
目をそむけてしまいました。

>かつて、親子3人が暮らしていたあの家に、互いに家族と分からないまま、親子三人が集っていたなんて・・・

同感です。
15年の歳月が、たとえ愛してても乞食女になってしまった妻だということさえ気がつかないなんて。。。
お互い知らぬまま死んでいくなんて、ほんと物悲しすぎます。
私、あれからひき肉見られなくなってます。^^;;;;
TBどうもありがとう!
私も近いうちに貼らせてもらいますね。
そんなに~ (SANMA)
2008-01-25 22:33:10
見たい気もしてましたが
肉食べられなくなるのは、ちょっと。。。
シューマイ、餃子、ハンバーグは、うちの定番なので。
皆さんのコメント見ただけで想像ついちゃいましたけど、
そうゆうの見て、夢でうなされるタイプなのでやめておこうかな。寝床で大声出して、うなされて、主人に、「カズちゃん!!大丈夫」とおこされたこと何度もあるんです。
SANMAさんへ (NAO)
2008-01-26 00:33:48
はい、「ひき肉」がしばらくみたくないです。^^;;;
うなされるタイプなら、映画館で観るのはやめたほうがいいかも?
でも、ホラーってかんじではないんですよ。

話の内容はけっこう奥深いです。
ジョニーデップの出演作では、かなりランク高い作品だと思います。
こんばんわ♪ (エミ)
2008-01-30 19:51:44
私、結構グロいのとか平気なんで楽しめましたねぇ。
見たあとにフツーにハンバーグ食べてたくらいですから(笑)
今回のスウィーニー役もジョニーが大得意とする役所だけに違和感なくて良かったです。
やっぱ、バートンと組んだ時の法がイキイキしてるように感じるのは私だけでしょうか?

そうそう、何気にハリポタ出演者多かったでしょ?
次回のハリポタでジョニーがひょっこり出演したりして(笑)
エミさんへ (NAO)
2008-01-31 01:10:25
TBありがとうございました!(^▽^)
エミさんは、グロいの平気なんだ~。
私は、少し苦手なので何度か体が硬直した場面ありました。^^;

>バートンと組んだ時の法がイキイキしてるように感じるのは私だけでしょうか?

いやいや、私もそう感じました。
ジョニーファンとしては満足のいく作品でしたよね~。

>次回のハリポタでジョニーがひょっこり出演したりして(笑)

いやぁ~いいな!それ!
実現したら楽しいだろうな~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
★「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (ひらりん的映画ブログ)
この映画の公開があるから、今月のひらりんは「ジョニデ祭り」開催中だったんです。 ここんとこ、DVD見る暇なくて、お祭りも息切れ気味だったけど。
早速 朝一で♪ (たまごのなかみ)
もう、そりゃかなり待ちわびていたので、公開初日 朝一で行って参りました。 2008年・第65回ゴールデングローブ賞 作品賞/主演男優賞 受賞(コメディ/ミュージカル部門) 『スウィーニー・トッド ~フリート街の悪魔の理髪師~』 SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEE...
映画『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (★ベルの徒然なるままに★)
先週土曜日、初日で見てきました~。 ティム・バートン&ジョニー・デップの新作映画は、ホラー・ミュージカルです。 主役のジョニー・デップ以外にも、ハリー・ポッター・シリーズでお馴染みのスネイプ先生ことアラン・リックマンが、主人公の復讐相手として出演。また...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (シャーロットの涙)
伝説の殺人理髪師スウィニー・トッド
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (Akira's VOICE)
ゾクッとしてワクワク。 そして涙。
スウィーニー・トッド -フリート街の悪魔の理髪師-(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
一昨日に引き続きスウィーニーネタです。 ネタバレと書いちゃいますが、これミュージカルでやってるから内容知ってる人も多いんですよね(汗) ところで皆様は「美容師」と「理容師」の違いってご存知?
【劇場映画】 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 19世紀、ロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは愛する妻と娘と共に幸せに暮らしていた。しかし、美しい妻に恋をしたターピン判事の陰謀で、バーカーは無実の罪を着せられ、投獄されてしまう。15年後、妻と娘を奪われたバーカーはス...
【2008-12】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 忘れるものか 許すものか スウィーニーが来る! いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師/ SWEENEY TODD (我想一個人映画美的女人blog)
ティム・バートン×ジョニー・デップ 6度目となるコンビ最新作{/ee_1/}はミュージカル{/ee_2/} "スウィーニートッド"はイギリスで150年以上も語り継がれ、 これまでにも何度か舞台やミュージカル、映画、小説の題材になっている殺人鬼の物語を映画化したもの。 199...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、エドワード・サンダース、ジャミー・キャンベル・ボーウェン...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」□監督 ティム・バートン □原作 ヒュー・ウィーラー □脚本 ジョン・ローガン □キャスト ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシ...