NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・BONJOVI・B'z話あり
映画の点数は満足度で評価

「花戦さ」

2017年06月16日 | 邦画

~いざ勝負!~

2016年  日本映画    (2017.06.03公開)
配給:東映      上映時間:2時間7分
監督:篠原哲雄
原作:鬼塚忠
脚本:森下佳子
音楽:久石譲
美術:倉田智子
茶道指導: 鈴木宗卓
劇中絵画:小松美羽
題字:金澤翔子
出演:野村萬斎/森川葵/市川猿之助/中井貴一/佐々木蔵之介/山内圭哉
    和田正人/高橋克実/吉田栄作/竹下景子/佐藤浩市

<見どころ>
小説家の鬼塚忠による著書を基に、戦国の世の日本で豊臣秀吉と華道家元・初代池坊専好
の伝説に着想を得た物語が描かれる時代劇。天下人となった秀吉に対して刃ではなく花で
戦いを挑む専好の姿を描く。専好を狂言師で『のぼうの城』などの野村萬斎が演じるほか、
歌舞伎俳優の市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市らが出演。
監督は篠原哲雄。歴史上の人物にふんする日本を代表する俳優陣の競演に注目。

<ストーリー>
戦国時代の京都。花を生けることで世の平穏を祈る「池坊」と呼ばれる僧侶の中でも、
専好(野村萬斎)は名手とうたわれていた。そのころ、織田信長(中井貴一)亡きあと
天下を手中に収めた豊臣秀吉(市川猿之助)の圧政が人々を苦しめ、専好の友であった
千利休(佐藤浩市)が自害に追い込まれる。専好は秀吉に対して、力ではなく花の美しさで
戦おうと立ち上がる。

<感想>
結婚するまでの5年間、実は池坊で華道を習っていた私。
よくお花の先生と池坊会館まで華の展覧会とか見に行っていた記憶があります。
なので、初代池坊専好がどういう人物だったか、やはり華道をほんのちょっぴり
かじっていた者にとっては、興味深いところ。

 
場面場面で立派な生花を堪能できました。今は、お花=花嫁修業の一つ?みたいな
イメージありますが、この当時は花僧をはじめ、男性主体だったんですねぇ。。。
しかし、初代専好さん、あんな描き方で池坊サイドは良かったんでしょうか?^^;

 
千利休と秀吉の歴史上にも書かれているもめ事を中心に話が進むので
専好が主人公なのですが、影の主人公は利休といってもおかしくない印象。

気になった点が2つ。1つは秀吉のあまりに暴君ぶりな描き方。あそこまでの暴君なら
お花一つで改心するわけないだろ?と思っちゃうのですが。。。。
もう1つは、六角堂のシーンが何回もありましたが、建物が六角形になってるから
六角堂になってるのに、映画ではふつーの建物。。あれにはガッカリ。

ツッコミ満載でしたが、俳優さんの安定した演技で最後まで観ることが出来ました。
そういや、次期家元は初の女性で4代目池坊専好。

映画もそんな華道家元池坊が監修しているので、華道作品は見応えあり必見の価値ありです。

点数:6点 (10点中)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっとつけた | トップ | 7か月ぶりの名古屋 1日目 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nakaji)
2017-06-18 21:53:38
突っ込みどころは満載でしたね。
でも茶道している私としてはなかなか見ごたえはありましたけど、まあいろいろ脚色はしてある感じはしましたね。

お花が本当に素晴らしかったですね~!!!
あれって本当の話なんですよね??
なんか前田家で秀吉にお花を見せたとか。。。
詳しく調べたいって思いました。
Nakajiさんへ (NAO)
2017-06-19 18:08:59
まぁ!茶道をたしなんでいらっしゃるんですね。
素敵素敵!!

花は、池坊が全面協力なので、お見事でしたね。
4代目専好さんが手掛けてらっしゃると思います。

そうそう、確か前田家での花見せは確か事実だったと思います。
和なのですね〜 (jasmine)
2017-06-20 19:53:23
NAOさんのイメージがフラワーアレンジメントだったので、池坊とは意外でした。
私もちょこ〜〜っと池坊教わりました。茶道は裏千家でした。

花僧って言葉があるのですね。
お寺の住職は華道が必須で(書道も?!)、報恩講という大きな行事では、内陣に活けた松と花のちょっとしたセンスの競い合いがなくもないような…因みに坊守(住職の妻)は華道と茶道が必須です。で、私もとりあえず坊守の道に進めるようにされてた訳です(^^;;
jasmineさんへ (NAO)
2017-06-20 21:16:21
jasmineさんも池坊でしたか。
まぁ、茶道もされてたんですね^^

独身の時に池坊、10年前にフラワーアレンジメント
1年間だけ習ってました^^

住職の奥様は、華道も茶道もですか!
あ!そういや学生時代の友人が、お寺に嫁いでいるので
今度聞いてみようっと!(^^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
花戦さ  監督/篠原 哲雄  (西京極 紫の館)
【出演】  野村 萬斎  佐藤 浩市  市川 猿之助  森川 葵 【ストーリー】 戦国時代の京都。花を生けることで世の平穏を祈る「池坊」と呼ばれる僧侶の中でも、専好は名手とうたわ......