NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・BONJOVI・B'z話あり
映画の点数は満足度で評価

「君の膵臓をたべたい」

2017年08月05日 | 邦画

~ラスト、きっとこのタイトルに涙する~

2017年  日本映画  (2017.07.28公開)
配給:東宝      上映時間:1時間55分
監督:月川翔
原作:住野よる  『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)
脚本:吉田智子
音楽:松谷卓
追加編曲:伊藤ゴロー
美術:五辻圭
主題歌:Mr.Children 「himawari」
出演:浜辺美波(山内桜良)/北村匠海(僕:学生時代)/大友花恋(恭子)
    矢本悠馬(ガム君)/桜田通(委員長)/森下大地(栗山)/上地雄輔(宮田一晴)
    
北川景子(恭子:現在)/小栗旬(僕:現在)

<見どころ>
住野よるの小説を映画化。膵臓の病を患う高校生と同級生の“僕”の交流を、現在と過去の
時間軸を交差させて描く。『エイプリルフールズ』などの浜辺美波と『あやしい彼女』などの
北村匠海が主演を務め、現在の僕を小栗旬、ヒロインの親友を北川景子が演じる。
監督は『黒崎くんの言いなりになんてならない』などの月川翔、脚本は『アオハライド』などの
吉田智子が担当。

<ストーリー>
高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた
僕(北村匠海)は、彼女が膵臓の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。
彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、
教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。一方、結婚を控えた
桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。

<感想>
原作=既読 

映画では、原作では出てこない12年後が描かれているので、現在と12年前の話が交差する形。
こういう作り方、最近多いな。原作は、正直泣けそうで泣けなかったんですが、12年後を
加えたことで、実写化は成功だなと思ったのが、観終ってからの素直な印象。


まず、浜辺三波ちゃんを起用したことが最大の成功かな~。
とにかく笑顔がかわいい、彼女の魅力がすごく発揮されてました。受け身演技に徹した
北村匠海君とのバランスもよく、すごく微笑ましく見ることができたなぁ。

 
でね、ロケしたところが、私の地元:彦根市であることにもぅびっくり仰天で。
しかも、母校がロケになってたから、最初お口あんぐりでしたよ。
金網が見える通学路シーンなんか激しく反応(笑)
あと、恭子が橋の上で桜良と携帯する橋のシーンは、実家から歩いて数分だし(笑)
恭子の仕事場の花屋さんは、よくお世話になってた「花正」さんだし。
いや~最近、滋賀県ロケ多いね。
今度、実家に帰ったら、散歩がてらこの映画の聖地巡りでもしようっと。

 
“君“、”仲良し君”とお互い名前を呼び合わなかった真意が最後にわかります。
気持ちわかるだけに、じーんと来るし、恭子が手紙を読むシーンはさすがにホロリと来ました。
このくだりは原作になく、唐突に手紙渡しておまけに「友達になってください」には、どうなのよ?
と思いますが、北川景子さんの演技で帳消し(笑)になるほど、このシーンは良かった。

ガム君(矢本悠馬)の存在、光ってました。矢本君、大河ドラマでも好演してるし、楽しみな俳優さん。
でも、まさかあの子とひっつくとは

若さ溢れる二人の演技に注目。 映像も美しかったです。

点数:8点 (10点中)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「忍びの国」 | トップ | ジャコメッティ展/国立新美術館 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
滋賀県 (kossy)
2017-08-05 17:27:15
NAOさんは彦根出身だったですね~
今年、彦根城へ行ってきたので(実はお城好き)
彦根にはなぜだか愛着感じてます!

何度も出てくる歩道橋を見たときに、
どこなんだろ?と鑑賞中ずっと気になってました。

石田三成とかの戦国武将がデザインされたタクシーに乗ってみたかったです・・・
kossyさんへ (NAO)
2017-08-05 17:35:23
はい、彦根出身なんですよ^^

学生の頃、お城のガイドもしてたので、お城巡り、私も大好きです^^


歩道橋のシーンは、あれは彦根ではなく、京都で撮影されたそうです(確か伏見)
通学路のシーンでは、小栗君が走ったり、美波ちゃんが最後走って、スイパラで待っている「僕」に会いに行くシーンが、母校脇の道(実はけっこう路地)を使用しています。

石田光成居城の佐和山は、お城ガイドの勉強の時に
何度も登って、半ば散歩のように登ってた記憶があります。
登って行く途中に「女郎谷」というのがあって、そこが怖かったな~、というのを覚えてます。
以心伝心~ (cyaz)
2017-08-05 20:48:27
NAOさん、こんばんは^^

今のところ、今年の邦画の中でベスト1でございます(笑)

>浜辺三波ちゃんを起用したことが最大の成功かな
僕もこれは強く感じました!
死と背中合わせで生きる、
そしてひたすら明るくふるまう、
死の恐怖を押しこらえ、ひたすら好きな人の側に。
同じ年代の頃に付き合っていた人に、
思わずLINEを入れたら、彼女は同じ日に
『心が叫びたがってるんだ。』を観て
同様にLINEしようと思っていたと(汗)
以心伝心ってかな(笑)
cyazさんへ (NAO)
2017-08-05 23:24:22
こんばんは、cyazさん♪

浜田美波ちゃん、良かったですね。
相手の匠海くんも良かったし、将来楽しみな俳優さん達です。

ガム君の存在良かったですね。
でも、ガム君の12年後が、上地くんには爆笑でした(笑)

>同じ年代の頃に付き合っていた人に、思わずLINEを入れたら、彼女は同じ日に
『心が叫びたがってるんだ。』を観て同様にLINEしようと思っていたと(汗)

あらまぁ(笑)
まさに以心伝心(笑)
つか、まだLINEでつながってるんですね^^
私は、高校時代の彼氏とはさすがに繋がってないなぁ。


Unknown (Nakaji)
2017-08-07 22:06:10
NAOさんこんにちは。
これ試写会で見てきました。
私も原作読んだ時よりこっちのほうが好きでした!

>実写化は成功だなと思ったのが、観終ってからの素直な印象

本当にそう思いました。この物語のほうが好きでした!
浜辺三波ちゃん本当にかわいかったですね~
顔もしぐさも声もかわいかった。なんかかわいすぎるからなおさら儚くてね~結構泣きました。。。
Nakajiさんへ (NAO)
2017-08-08 00:08:44
試写会でご覧になったんですね^^

浜辺美波ちゃん、ほんとに可愛かったですね。
あの笑顔は癒されます☆☆

どうやら、これ来年劇場版アニメ化されるみたいです。
どうなるのかな?こちらも楽しみです。
できたら、ボイスキャストは、この2人にやってほしいなぁ~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
君の膵臓をたべたい (ネタバレ映画館)
キモスイとは具にウナギの内臓を入れたお吸い物。シビレとはホルモン焼きの膵臓のこと
君の膵臓をたべたい★★★ (パピとママ映画のblog)
住野よるの同名ベストセラーを浜辺美波、北村匠海主演で映画化した青春ラブストーリー。膵臓の病気で余命わずかのヒロインと、そのことをクラスでただ一人知る青年の心の交流を、......
『君の膵臓をたべたい』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「君の膵臓をたべたい」□監督 月川 翔□脚本 吉田智子□原作 住野よるキャスト 浜辺美波、北川景子、北村匠海、小栗旬 大友花恋、上地雄輔......