NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・BONJOVI・B'z話あり
映画の点数は満足度で評価

「スラムドッグ$ミリオネア」

2009年04月24日 | さ~た行の映画

~運じゃなく、運命だった
         世界が選んだ今年“最高”の一本~


話題作なので、おさえに行きました。

2008年 イギリス ギャガ・コミュニケーションズ配給 (09.4.18公開)
監督:ダニー・ボイル     製作:クリスチャン・コルソン
原作:ビカス・スワラップ     脚本:サイモン・ボーフォイ
音楽:A・R・ラフマーン    上映時間:2時間(PG-12指定)
出演:デーヴ・パテル・・・・・・・・・ジャマール・マリク (スラム育ちの少年)
     フリーダ・ビント・・・・・・・・ラティカ        (ジャマールの初恋相手)
    マドゥル・ミッタル・・・・・・・サリーム・マリク  (ジャマールの兄)
    アニル・カブール・・・・・・・ブレーム・クマール(「クイズミリオネア」司会者)
    イルファーン・カーン・・・・警部役       

<見どころ>
スラム街育ちの少年の過酷な人生を描く、鬼才ダニー・ボイル監督の
パワフルなエンタテインメント感動作。
貧しい若者がつかみとった一攫千金のチャンスと、その裏に隠されたせつない
人生模様をドラマチックにつづる。
原作は、インド生まれの作家ヴィカス・スワラップによる小説「ぼくと1ルピーの神様」。
多彩な要素を巧みに織り込みながら、スリリングかつ躍動感いっぱいに描いている。
第81回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか8部門を受賞。
(ムービーウォーカーより)

<あらすじ>
インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、
あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。
しかし、これを面白く思わない番組のホストは警察に連絡。
彼はズルをして正答を得ていたとされ、詐欺容疑で逮捕されてしまう。
ジャマールは警察署での警官の厳しい尋問に対し、正答を知ることになった
自分の過去を話し始める。そこには1人の少女を追い続けた彼の人生の物語が
あるのだった…。(goo映画より)

<感想>
スラムドッグ”=”スラム育ちの負け犬”

ご存じ、今年度のアカデミー賞で、作品賞を含む8部門を制した作品。
低予算の制作費、ハリウッドスター俳優は一切出ていない作品にも関わらず
アカデミー賞8冠に輝いた・・・・というのは、はてさてどんなものか?と
興味がわきます。

日本では、みのもんたさんの司会でおなじみの「クイズ$ミリオネア」は、
元々イギリスで生まれたクイズ番組。
映画では、インド版の「クイズ&ミリオネア」が舞台となっています。
 
最後の一問を残して全問正解したスラム出身のジャマールが、
不正回答の疑いをかけられて警察に拘禁され、激しい尋問を受ける。
なぜ彼が難問を次々と答えられたのか。
その答えは、彼の過去に経験した過酷な生き方に答えがあった・・という内容。

観ていて「へぇ~」と思ったのが、比較する視点が見られるということ。
貧乏・お金持ち、兄の生き方・弟の生き方、表社会・裏社会
信頼・裏切り、男・女、ヒンズー・イスラム、生・死。
その比較を通して、日本社会では、あまりお目にかからない光景がみられ、
インドの現状を見せ付けられたような感じを受けました。
 
とりわけ、スラムに住む子どもたちの過酷さは、ちょっと言葉失いました。
目の前で母親の死を目の当たりにし、それを悲しんでる間もない。
生きるために、何でもやる子どもたち。その必死さに付け入る大人たち。
そこで、いやおうなく知ることになる、過酷な現実。
時には、兄弟間でも裏切り行為が行われる。
そして、子どもを高い値で働かせるために、目を覆いたくなるような
残虐なことも。(><)今の日本じゃ、考えられん極貧さ。
そんな悲惨な生活なのに、子どもたちの目がとっても輝いてるのよね。
  
「絶対生きてやる」っていう力強い目に、かなり圧倒。
なんだろう~今の日本に子どもたちにないものを持っているのよね。
ネバーギブアップの気持ちがすごくあるの。
どんな過酷な状況でも、ひるまず立ち向かって生き延びていく
子どもたちの姿に、逆に教えられた感じがしましたね。

とりわけ、主人公のジャマールは、とにかくあきらめない。
 
クイズを過去の経験から辿って解いていくんだけど、これがほんと
記憶力がいいの。観光客相手に仕事をする場面では、いつのまにか
英語が話せるようになり、学生にお茶を配るときに、答えられない生徒の
代わりに、彼が答えてしまう。映画では全然触れていないけど、
ジャマールはきっと本当は頭の良い子なんだと思いますね。

で、てっきりこれはヒューマンストーリーなのかな?と思ったら、
後半に連れて、これはラブストーリーも入ってるのね~というのがわかります。 
で、またこの2人がいいんだわ。
ジャマールを演じた、デーヴ・パテル君。この素朴さがたまらん♪
インド系のお顔は、あまり好みではないんですが、仕草とかなんかね~いいのよ。
後半、NAOさん、ジャマール君に釘付けでした。

クイズの問題が、すべてジャマールの人生に関わる問題という
「出来すぎやろ~それは」と、ツッコミ部分もあるけれど
子どもたちの生きるパワーに圧倒され、ジャマールとラティカの恋に
胸がキュンとなり、スラムの実態も知る、といういろんな要素が
盛り込まれ、これだけあるのに、うまくまとまったな~と感心しちゃいました。

エンディング、「インド映画らしいな~」というような終わり方。
この時のジャマール君もよかった。私がラティカと変わりたいくらいです。
(すっかり萌えモード

バイオレンスとロマンスが組み合わさった、不思議な感覚の映画。
でも、これがバランスよく取れています。
そして、エンディングのインド映画の魅力はここ!というのを味わってください。
インドパワー、おそるべし!

点数:8点 (10点満点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 委員総会 | トップ | 結婚記念日 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ううむ~~ (キャピー♪)
2009-04-24 12:55:42
かなり前「ムトゥ踊るマハラジャ」見たとき、
インド映画にノックアウトされました。
昨日の新聞評も読んだけど、見てみようかなww

いわゆる後進国のほうが子供の目の輝きが違う、
あれは一体どうしてなんでしょうかねえ。
キャピー♪さんへ (NAO)
2009-04-24 20:22:18
インドのパワーを見せ付けられたような感じがしました。
子どもの目の輝きがなんとステキなこと。
もぅ、あまりの悲惨なスラム生活に目を覆いたく
なるのですが、そんな中でも夢や希望を
もってるんですよね。
ちょうど、戦後直後の日本のような・・。
最後、ほんとインド映画らしい終わり方でしたよ。
ツッコミどころありますが、なかなかの1本でした。^^
エネルギッシュ! (Any)
2009-05-22 10:47:33
NAOさん、こんにちは♪
インドパワー、おそるべし!のイギリス映画でしたね。
そうですかぁ・・最後には萌えモードになられたんですね
エンディングは賛否分かれそうですが
私も「有り派」です。物語と切り離して楽しめました^^
ホント不思議な感覚でしたね~ 私には新鮮でしたよ。

「グラン・トリノ」私も満点です★
公開して直ぐに観たのに感想は未だですが…(^^;)
後を追うので待っててくださいね~
Anyさんへ (NAO)
2009-05-22 13:10:01
こんにちは~Anyさん♪

インドパワーに圧倒された作品でした。
エンディング、あれはインド映画の醍醐味かも!ですね。^^
悲惨な場面もありましたが、そんな中でも
希望を捨てない子どもの目がステキでした。

「グラン・トリノ」の感想記事、楽しみにしてますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スラムドッグ$ミリオネア (もののはじめblog)
「歌って踊らない映画なんて映画ではない」と、インド人がインタビューで答えていた。 このことは最近のTV報道で知ったインドの映画事情で、ボリウッド(インド・ムンバイ映画)は、ハリウッドよりも作品数、入場者数で世界最大規模を誇る映画大国。 村ごとの撮影場所が...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (Sweet*Days**)
監督:ダニー・ボイル CAST:デヴ・パテル、フリーダ・ピント 他 第81回アカデミー賞作品賞、監督賞 他受賞 スラム育ちのジャマ...
スラムドッグ$ミリオネア (Akira's VOICE)
人生,それすなわち,ネバーギブアップ!  
スラムドッグ$ミリオネア (シネマ大好き)
昨夜、試写会で今年のアカデミー賞総ナメの「スラムドッグ$ミリオネア」を観た。 インド・ムンバイのスラム街で育ったジャマールは、クイズ・ミリオネアに出演して、最後の一問を残すだけまで正解を重ねるが、無学なために不正を疑われて逮捕されてしまう。暴力的な取...
★「スラムドッグ$ミリオネア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはららぽーと横浜で2本。 オスカー8冠の作品を見逃すわけにはいかないでしょう・・・ でも、平日だけどもっと混んでるかと思ったら、そうでもなかったね。 広いスクリーンだったけど、1本目の「マックス・ペイン」と同等の入りかなっ。
スラムドッグ$ミリオネア (犬・ときどき映画)
スラムドッグ$ミリオネアを観ました。 アカデミー賞8部門を受賞したインドを舞台にした映画。 ストーリー インドのスラムで育った兄弟、母親は幼少のころ宗教間の争いで殺されてしまう、兄弟はその争いから命からがら逃げ出し、一緒に逃げた少女と知り合う。ゴミ捨て場...
映画「スラムドッグ$ミリオネア」 (FREE TIME)
映画「スラムドッグ$ミリオネア」を鑑賞しました。
【スラムドッグ$ミリオネア】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題:Slumdog Millionaire】  ※映倫PG-12 【監督】    ダニー・ボイル 【原作】    ビカス・スワラップ 【脚本】    サイモン...