なーんもさ

北海道の小さな町からの発信。
ビーズ手芸や編み物をするのが大好きです。


冬のピンネシリ

2016年12月10日 | 写真

今日は冬にはめずらしい良いお天気です。

外に出るとピンネシリの山のすっきりとした姿が見られました。

望遠レンズと三脚を持って写真を撮りに行きました。

何てきれいなんでしょう!

雪の衣をまとったピンネシリの姿に感動です。

「遊水地管理棟」もきれい。

今日は札幌が大雪で39㎝も降ったとTVで放送してた。

(PS.札幌は午後3時で54㎝を超える積雪だそうです。

 

JRも飛行機も運休。運休したことのない路面電車まで運休とか。

土曜日で良かった。孫の学校がお休みで。

 

この後が怖いんだよね。

次はうちらの地域で豪雪になるんだから。

お手柔らかにお願いしますよ。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

-17℃の朝

2015年12月23日 | 写真

寒いねえ。

ー17℃だって!

外には出たくないけど、樹氷があまりにも美しくて見に行った。

うわー、きれい!

ポプラが樹氷の花を付けて雄々しく立っています。

ピンネシリは冬景色が最高です。

昨日の除雪車のタイヤ痕もカチカチに凍っています。

先日、テレビのインタビューで、本州から来た子との会話。

アナウンサー

「北海道の冬の印象は?」

本州から来た子

「あのね、氷割りがいっぱいできるかと思ったけど、

氷が硬くて割れないからおもしろくない。」

だって。

 

本州と北海道では気温の差が大きすぎるよね。

寒さは冬至が過ぎてからが本番です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

サンピラー?

2015年02月11日 | 写真

今朝6時40分頃、久しぶりに雪が10cmほど積もったので除雪をしていて

ふと、東の空を見ました。

すると、まっすぐに光の柱が空に向かって高く伸びているではありませんか。

 

「あっ、サンピラーだ。すごい。」

慌ててカメラを取りに家に入り、居間から写しましたが・・・・・。

あっという間に太陽が上がり光の柱は短くなっていきます。

でも、かすかにサンピラーが写っていましたよ。

 

サンピラーが見られる条件は

『気温が-20℃以下。

水蒸気が凍ってダイヤモンドダストになり朝日が反射する』

そうですが。

 

気温はー10℃以下にはなってるけど・・・。

この光の柱は違うのかな?

でも、もうちょっと早く気がつけば良かったなあ。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ピンネシリー2月

2015年02月07日 | 写真

昨日は厳しい寒さでした。

こんな日はピンネシリが美しい雄姿を見せてくれます。

写真を撮っているとびんびんと寒さが伝わってきます。

うちの外は-18℃でしたらから、ここは-20℃はあるでしょうか。

最近こんなに厳しい寒さを体感したことがなかったので、驚きました。

手袋を外すと手がかじかんでシャッターがうまく押せなくてあわてて

手袋をはめました。

 

朝の8時というのに「ワカサギ釣り」のテントがたくさん並んでいます。

土日はすごい数になります。

 

あまりの寒さに早々に引き上げました。

 

朝、気温が上がってくると庭に野鳥がやってきます。

(今週、時々撮った写真です。)

ヤマゲラ、ヒヨドリ、そしておなじみのシジュウカラです。

  

今日は気温も上がり穏やかなお天気です。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

初夏のアルテピアッツァ美唄へ行く

2013年06月23日 | 写真

友人と美唄に用事があり行って来ました。

爽やかな良いお天気です。友人が、

「アルテピアッツァ美唄に行ってみませんか?」

「初めてだったわね。案内しますよ。」と私。

 

安田侃さんの野外芸術広場です。

(アルテピアッツァとはイタリア語で芸術広場のこと。)

新緑が美しいです。

↓「天翔」TENSHO

 ↓「妙夢」MYOMU

↓手前が「天もく」TENMOKU、後方にあるのが「天聖」TENSE Iです。

 石をこんなにも丸く、しかもつるつるに削るなんてすごいです。

すべてイタリアの工房で安田さんが制作した作品です。

↓「真無」MAMU

↓この元校舎は2階がギャラリ-、1階は「さかえようちえん」です。

平日は、丸い大理石を敷き詰めた「水の広場」で水遊びをする子ども達の

歓声が聞こえることでしょう。

↓「水の広場」

↓ア-トスペ-ス(元体育館)の2階の窓から見た「妙夢」です。

なんてすてきな景色でしょう。丸窓っていいわあ。

広い空間に佇む彫刻が、何かを感じさせてくれます。

癒しでしょうか?安らぎでしょうか?

昔々、子どもだった自分に会えたような懐かしい場所。

あ-、澄み切った空気、若草の香り。

いい時間を過ごしました。

 

安田侃のHP  ←クリックするとHPが見られます。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加