中学生 受験対応[英語・数学]学習講座

主に中学生を対象とした英語・数学の効果的な学力アップに役立つ学習サイト

高校入試と「時刻を表す表現」

2017年04月19日 16時12分29秒 | 中学英語




 



高校入試と「時刻を表す表現」      




「~時…分」を表す場合、時刻のitを用いて、

          It's [It is] ○○時△△分 の形にします。


 o'clock of the clock 短縮形「~時」というときに用いますが、よく省略されます。

 とくに、「○○時△△分」と言うときには用いません。


             It's nine five.  95

             It's nine (o'clock).  9


 「95分」はふつう、上のように表現しますが、9時を5分過ぎている」ことから、

             It's five (minutes) past/after nine.

と言うことができます。 past [after]「~を過ぎて」の意味の前置詞になり、minute「分」という意味です。


また、

950分」は  It's nine fifty.  のほかに 10時まであと10分=10時より10分前」 であることから、

             It's ten (minutes) to/before ten.

と言うことができます。 to [before]「~の前(で)」の意味の前置詞になります。



〈時刻を表すことばにつく前置詞〉


 ・at + 時刻 … 「~時に」の「」を表す前置詞


 ・時刻 + in the morning … 午前 ~ 時, 
 ・時刻
+ in the afternoon … 午後 ~ 時

 

             It's three in the afternoon now.   今、午後3時です

 ・from + 時刻 … 「~時から」の「から」とはじまりを表す前置詞
 ・to + 時刻 … 「~時まで」の「まで」と終わりを表す前置詞

 * from A to B :AからBまで」A, Bに場所や時刻を表すことばを用いる重要表現です


             Father works from nine to five.   父は9時から5時まではたらきます



What time + 一般動詞の疑問文~?


       What time do [does] + S + 一般動詞の原形… ? 〉:「何時に~しますか」

に対して 

      S + 一般動詞 ~ at + 時刻.〉「○○時に~します」

は、日常会話でよく用いられる言い方で、入試のリスニング問題では定番です。この場合、

答えの文の主語には疑問文の主語に対応する代名詞を用います。



入試問題にチャレンジ: 


          「次の下線部を中心とする疑問文をつくりなさい」


            (1) The baseball game start at 6:00.

            (2) My father leaves for work at 7:45.
            (3) It is eleven o'clock now.
            (4) My daughter goes to bed at 9:30.
            (5) The plane takes off at 3:25.



学んで得た知識をマスターするためのトレーニング!

☆ 中学生用 各種問題集・模擬テスト 〉〉




〈前回の演習問題の答え〉

  1.(1) ( Are ) you a pianist ?  ---  Yes, I ( am ).

    (2) ( Do ) you need a new dictionary ?  ---  Yes, I ( do ).
    (3) (Does) she study science ?  --- No, she (doesn't/does not).
    (4) ( Is ) she the new music teacher ?  --- No, she (isn't/is not).
    (5) (Does)  your father play the piano ?   --- No, ( he )(doesn't), but ( he ) (plays) the guitar.

    解答のコツ: 主語の直後が一般動詞の場合は〈Do/Does〉を、名詞や形容詞がくる場合は〈be動詞
を用います。

  2.(1) Mary is a very good tennis player.
           =Mary (plays) (tennis) (very) (well).
    (2) Are you from Australia ?
        =( Do ) you (come) (from) Australia ?
    (3) What is your favorite sport ?
        =(What) sport ( do ) ( you ) (like) ?
    (4) Her hair isn't long.
        =She (doesn't) (have) long (hair).
    (5) You speak French.
        =You are ( a ) (French) (speaker).

(1)(5)は入試でよく目にするもので、動詞-er, -ist〉がつく名詞との
書き換えになります。
(2) be from ~=come from
(3) 「好きなスポーツは何か」 は 「どんなスポーツが好きか」と同じ表現
(4) 「髪が長くない」 は 「長い髪を持っていない」と考えます

 解答のコツ: be動詞と一般動詞を用いた同じ内容の表現をマスターします
          「be動詞+形容詞+名詞」=「一般動詞+副詞」…





受験勉強は「マラソン競技」と同じ。スタートダッシュで先頭集団をキープできたら、自分のペースを守って少しずつ確実に前進!

☆ 独自の学習法で知識の使い方が学べる学習講座! 〉〉


 * 桜華塾の[英語・数学]対応講座 

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校入試と「連立方程式の文... | トップ | 高校入試と「比例と反比例」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。