中学生 受験対応[英語・数学]学習講座

主に中学生を対象とした英語・数学の効果的な学力アップに役立つ学習サイト

高校入試と「1次関数の重要な性質」

2017年04月19日 17時47分09秒 | 英語の受験対策




 



高校入試と「1次関数の重要な性質」 


1次関数において「変域」グラフの範囲のことをいい、横の変域が x の変域、たての変域が y の変域になります。

 x, y の変域を座標平面に表すと x の変域を横の辺、 y の変域をたての辺とする長方形となること

を覚えておきましょう。このことから、


     ◎ 1次関数は直線になり、必ず変域が表わす長方形の対角線になる


その他、1次関数の性質には、つぎのようなものもあります。

     ◎ 傾きが同じ1次関数は平行な直線になる
          → 2本の直線が平行ならば、傾きが等しい



・1次関数の交点


      ◎ 直線と直線の交点は1次関数の式を「連立方程式」として解いたときの「解」に等しい



〈1次関数の文章問題〉


連立方程式と同じく、「変数 xy をそれぞれ何にするか」 を決めることが大切です。


入試問題にチャレンジ:


          「直角三角形ABCにおいて、点Pは頂点Aを出発して頂点Bを通りCまで動く。点PAを出発してから
          x cm 動いたときの△APCの面積を yc㎡とするとき」

     

     (1) 点Pが辺AB上を動くとき、yx の式で表しなさい

     (2) 点Pが辺BC上を動くとき、yx の式で表しなさい

     (3) (2)における x の変域を不等号を使って表しなさい



〈前回の問題の答え〉


    例題1: 道のり=速さ × 時間 より、「毎分60mの速さで x 分歩いたときの距離60x(m) 」から

          y 150060x → y -60x1500

    例題2: 変化の割合=(y の増加量÷ x の増加量)=傾き=係数a より、
              5y の増加量÷ 4  y の増加量5×420


    例題3: 
y の増加量=16412  x の増加量=733 より
          変化の割合=12÷34


〈演習問題の答え〉

(1): 3y -xp より、 y -1/3x1/3p    これが y = 4x - 5y 軸上で交わるとは 
         座標(0, 切片)
で交わるということですから
     y-1/3×01/3p, y4×05-5
    の y の値が等しくなり、 1/3p-5 より p-15

(2): ア y
axb においてx 0 のとき  y 32 であるから、  b32
       y ax32 において、x 100 のとき y212 から
       
212100a32  100a21232180  a1.8
     ∴  y 1.8x32

    イ  
ア の式より 30℃ →  y 1.8×3032543286 ℉
                10℃ →  y 1.8×1032183250 ℉



 いよいよ新しい学年のスタート。受験勉強は「マラソン競技」と同じ! 
スタートダッシュで先頭集団をキープすることが何より大切。
「先頭集団をキープする」とは、1人ひとりが正しい勉強法を見出すこと!!


☆ 独自の学習法で知識の使い方が学べる学習講座! 〉〉

 


 * 桜華塾の[英語・数学]対応講座  

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校入試と「比較の重要表現」 | トップ | 高校入試と「空間図形:直線... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。