gooブログ「脳トレ紙芝居」開始です!

今回から「数楽絵草紙への招待」という脳トレ紙芝居です。モットーは数で驚き、図形で楽しみ、算数でリード。数学オンチ卒業。

霧の玉手箱6

2017-04-22 20:22:13 | 数楽絵草紙

道草(番外)ドライアイスの不思議な世界

出典:ものづくりハンドブックNo.2、pp.54-55、永留充郎氏記事、仮説社、1991.11

1.ドライアイスの表面

Q.この絵は何かわかりますか?

A.これは空気中の水蒸気がドライアイスに冷やされて水の結晶となり、ドライアイスの表面に付着した絵です。ライトスコープ(顕微鏡30倍)で見て雪(霜)の状態をそのまま描いた。大変きれいなものである。


2.ドライアイスの昇華の瞬間

 

大きさ約10mm以下くらいの小粒のドライアイスが融けて蒸発するまで(約30秒間程度)の変化の様子をライトスコープ(顕微鏡30倍)で観察して、小学生が6コマの絵にして描いたもの。

たった30秒間のドラマであるが、雪の結晶が付着したドライアイスが昇華する瞬間まで本当に観察できるのは感動的である。

3.温度の違いによる雪の結晶の形の違い

 

ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霧の玉手箱5 | トップ | 霧の玉手箱7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

数楽絵草紙」カテゴリの最新記事