gooブログ「脳トレ紙芝居」開始です!

今回から「数楽絵草紙への招待」という脳トレ紙芝居です。モットーは数で驚き、図形で楽しみ、算数でリード。数学オンチ卒業。

霧の玉手箱27(ウイルソンの霧箱)

2017-05-14 09:26:04 | 数楽絵草紙

名言 マリー・キュリー

        

私は科学には偉大な美が存在すると思っている人間の一人です。研究室にいる科学者というのは、ただの技術者ではありません。それはおとぎ話に感動する子供のように、自然現象を前にそこにたたずむ一人の子供でもあるのです
I’m human one who thinks great beauty exists in science.
The one as the scientist in the laboratory isn’t an ordinary engineer.
That’s also one child who pauses there with the natural phenomenon at the front like the child impressed with a fairy tale.

 ただ一つの関心、ただ一つの夢の中に、私は生きました

 人生の最大の報酬とは、知的な活動の財産です。

The biggest rewards in a life are assets of the activity that they’re intellectual.

 487回目の実験が失敗したとき、ピエール・キュリーは絶望して言った。

「これは無理だ。きっと100年はかかる。 ぼくが生きている間はできないよ。」

 するとマリー・キュリーはひるむ様子もなく言った。

「もし100年かかるとしたら、それは残念なことだけど、でもわたしは生きているかぎり 何度でも続けます。」

 (英語)

And after their 487th experiment had failed, Pierre threw up his hands in despair and said, ”It will never be done. Maybe in a hundred years, but never in my day.”Marie confronted him with a resolute face and said, ”If it takes a hundred years, it will be a pity, but I will not cease to work for it as long as I live.” (キュリー夫人の実話)

 はたして、その結果、100年を経ずして、その実験は成功し、ガン患者は、その恩恵に浴している。

 

名言2 日本俚諺

・良い人と歩けば人生はお祭り、悪い人とあるけば人生は修行。一人で歩けば人生は嘘と真の三千世界。

・人生には楽園が必要である。

・人間はそこそこの経済力が無ければ、人生の半分を失うことになる。

・古人の跡を求めず、古人の求めたるところを求めよ。

 

 

 


ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霧の玉手箱26(ウイルソン... | トップ | 霧の玉手箱28(ウイルソン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。