blog.mcnj

花、蝶、ペット、旅行など。
韓国文化の紹介。

旧東海道四日市宿、1

2017-02-09 05:00:03 | 日記

 

 2年程前に、県内の宿場町を、桑名の七里の渡しから、鈴鹿峠までご紹介しておりますが、今度は、四日市の宿場を、ご紹介して行きます。

四日市宿は、富田―大矢知ー羽津-海蔵-橋北ー中部ー常盤ー日永ー内部と続きます。

 

内部については、前回、詳しくご報告させていただきました。

下のURLをご参照してくださいください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=5c3fa358d6f6f69b97685f546aa27f80&p=10&disp=50

http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=a2d4d0ceb73c4afff02c6250bee284eb&p=10&disp=50

http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=24bcaab23bb2182bd3329e76dd6aeb66&p=10&disp=50

 

すみませんでした。

上のURLが、リンクしませんので、明日から、過去ログとして、アップしていきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三回忌法要 | トップ | 旧東海道四日市宿2、内部過... »

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (姫子)
2017-02-09 05:56:48
宿場。。。リアルに出来ているから
会話とかが聞こえてきそうな感じですね
おはよう御座います (安人(あんじん)です)
2017-02-09 06:12:28
四日町は訪ねたことが有りませんが

宿場町の雰囲気が十分に出て居ますね

昔はこんな風だったのでしょうね

旧東海道四日市宿 (mcnj)
2017-02-09 06:21:28
姫子さん、お早うございます。

はい、四日市博物館に展示されているいる、昔の四日市宿です。
旧東海道四日市宿 (mcnj)
2017-02-09 06:23:40
安人さん、お早うございます。

はい、昔の四日市宿ですね。
四日の市の由来です。
Unknown (tombee)
2017-02-09 06:28:31
下のURL、コピーして貼り付けますが・・・
行きつきません。
東海道の宿場町・・賑わったんですね。
四日市の宿場 (地理佐渡..)
2017-02-09 06:28:46
おはようございます。

かつての街道の風情を再現するのは
難しいでしょうけど、記録を頼りに
ある程度は出来るのでしょうね。
こうした展示も改めてみますと、結
構想像をかき立ててくれます。昔の
人は良かったなぁ。いやいや、やはり
旅は電車やバスで。現代に生まれて
良かったなぁ(笑)。


Unknown (山小屋)
2017-02-09 06:59:44
旧東海道を歩いたのはもう17年くらい前になります。

あの頃はいろんな発見があって楽しかったです。



Unknown (hirugao)
2017-02-09 07:45:49
四日市は山に行く時に通ったかしら?
今ではこんな立派なものが出来ているのですね。

もう半世紀も前の事です。
旧東海道四日市宿 (mcnj)
2017-02-09 08:34:34
地理佐渡さん、お早うございます。

やはり、市と、宿場の、四日市ですから、
市の方も、これらの展示に、力を入れております。

今なら、半日で、往復出来るところを、
何週間もかけて、移動していたのですね。

ここを、バイクで取材している最中も、
歩いて辿っている人達が、大勢います。
旧東海道四日市宿 (mcnj)
2017-02-09 08:37:16
山小屋さん、お早うございます。

もう、17前になりますか。
mcnjが、退職した頃になります。

今でも、毎日、大勢の方達が、歩いておられます。

コメントを投稿