西野了ブログ この世界に在ることについて

日々浮かんでくる言葉をエッセイにして・・・・・・。小説は「小説を読もう」で掲載中です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夢千夜 第10話 死んだ後のこと

2017-01-30 13:08:41 | Weblog
 僕はもうすぐ死ぬことになっていた。
 死ぬ前の数日感はすこぶる元気で、全く死ぬことはないような気さえしていた。しかし、僕はその日、死ぬことは決まっていたし、僕もわかっていた。
 その日がきても、僕はいつもと変わりなく過ごしていた。だけど、その時は突然やってきた。僕の胸は激しい痛みに襲われ、その場にうずくまった。そして僕は理解した。今から僕は死ぬのだと。
 そして、あっけなく僕は死んでしまった。死ぬ直前、少し悲しい気分になった。
 それから僕はお気に入りの道の空間の一部になっていた。一辺が3mくらいの立方体の空間が僕なのだ。その道の3mの空間がまさに僕自身なのだ。
 この世界を構成している空間の一部になるというのも、なかなか悪くない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢千夜 第9話 遠くて、近... | トップ | 夢千夜 第11話 断片  »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事