二人のピアニストに思う

gooニュース、注目のトピックスで「フジ子ヘミングがNHK斬り」を見て自分でもブログを作り、発言したくなった。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本型民主主義

2005-06-29 19:06:46 | 独り言
前回書いた[日本海海戦100周年]に寄せられたコメントの幾つかの内容が余りにお粗末なのに嫌気が差して、それらを消去した。
それだけでなく、コメント・TBの受取を止めようか、いや、記事の公開も止めようか、とまで思って佐久間先輩に話したところ、私の気持を代弁するからと、わざわざ書いて下さったのが、
[2005/05/30] 「日本海海戦100周年」に就いて、である。



佐久間先輩に説得されて、従来通りのスタイルでブログの公開を継続する事にしたが、この様な形態の意見交換の場の在り様に就いては、いろいろと考えさせられた。
意見交換とは、一方的に自分の思うことを押付けるのではなく、相手の主張を理解しようとする姿勢が無ければ、無意味である。

  ー - 大分前の話だが、[朝までテレビ]か何かで、


「原発。是か否か」、のテーマで一晩中議論が行なわれた時の事である。
夜が明けて放送終了の寸前に、某氏が言った。

「これだけの長時間の議論の末に、確実に分った事が一つ有る。 それは、
この討論の結果で当初の意見を変えた人が、誰一人として居ないこと
、である」と。



また別な視点である。
私も時々読む「いい国作ろう」というブログに、先日物凄い長文のコメントが入ったのを見た時にも、私はブログというこの新しい通信手段に疑問を感じた。
ご自慢の立派な料理を作りたいならば、頼まれた訳でもない他人の家の厨房に押し掛けて大袈裟な料理を始めるのでなく、自宅の台所でやったら良いではないか、と。

 
これ等のことをいろいろと考えて居る内に、私は日本の未来、いや日本の民主主義というものに、疑問を感じた。
「誰でもが平等に」意見を出せるようになった結果として、戦後の日本では、選挙で選ばれてくるのは、見識とか志を持つ人間よりも、芸能やスポーツ等で顔の売れている人物が多くなっている、のは事実である。


これも今迄に随分あちこちに書いた事だが、
ドゴール不信任で荒れるフランス五月革命の嵐の最中にボルドーの友人の研究室に行ったら、机の上に膨大な分量の ビラが置いてある。 何かと思ったら、「俺を選挙しないでくれ」、というビラだった。

この友人は黙っていると、ジロンド地方の 労働者・農民層から担ぎ出されて選出されてしまう情勢だから、俺を選挙しないでくれ 、というビラを配っているのだという。
担ぎ出そうとする地元民も地元民だが、拒否しても尚、担ぎ出されそうになる大学教授。 それも政治学専攻などではなくて、若い科学者だ。 羨ましい話だと思った。

さすが民主主義発祥の国、フランスらしいと感動した。



これに就いても佐久間先輩に窘められた。 何かチャーチルか誰かの言葉だそうだが
「民主主義は最悪の政治体制である。 しかし、私は、それよりもマシな政治体制を知らない」 というのだそうで、この最悪の社会体制しか選べないのが人類という動物の限界かもしれない。
それが不適切な土壌(日本のような)に根を降ろすと問題を生じるのかもしれない。


その一例が「変人キャズ」さんの示した
  ”「伝承の難しさ」
なのだろう。

そして、これも佐久間先輩に教えられた武田泰淳の意見
  「人類滅亡論」の先覚者

に、私は妙に共感するところがある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本海海戦100周年 | トップ | 歴史認識・(1) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リクエスト (mmmm)
2005-07-14 17:05:54
初めてコメントをさせていただきます。

今回コメントをさせていただいた趣旨は「早く次のentryを書いて欲しい」です。よろしくお願いします。

ついでに日本の民主主義について少しだけ:

日本人は民主主義を自ら手に入れたわけではなく、はっきり言って民主主義のよさも悪さも分かっていないのではと思います。殆どの人が役所以上は「お上」と思っているだけでしょう。といっても他の体制をとるべきかと言えばそうではないと思います。

「<現代の全体>をとらえる一番大きくて簡単な枠組み」という本が面白かったです。民主主義についても書いてあります。

ついでにその2:ショパンは子供の頃に「雨だれ」を聞き、なじみがありました。クラシックはモーツアルトしか聞かないのですが、ショパンは数少ない例外です。なにか共通点があるのでしょう。
Unknown (飯大蔵)
2006-05-13 15:17:38
TB有難うございます。

こちらにお礼を書かせていただきます。

「民主主義は最悪の政治体制である。 しかし、私は、それよりもマシな政治体制を知らない」は深い意味があると思います。これに関したものをTBさせていただきます。

なお上に残っているコメントは私のものです。
Unknown (二人のピアニスト)
2006-05-14 04:04:33
飯大蔵様:

コメント及びTBを有難う御座いました。その上のコメントが

飯大蔵様のものということは、少し前に伺いましたから承知しており、その後の飯大蔵様のブログ記事は全て拝見しています。

TB戴いた記事の内容には同感です。これに関連して、2006/4/30,の毎日新聞文化欄のタイ政治の話にも共感しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
民主主義は理想の政治形態か (飯大蔵の言いたい事)
 日本は江戸時代の封建制度から明治時代の立憲君主制を経て、戦後民主主義の政治形態をとった。明治の立憲君主制は不十分であったが、選挙による議会も存在し、新聞等による世論も形成された。不十分な形態を入れるなら、日本は民主主義を100年、強行ってきて ...
大學入学初日の思い出 (二人のピアニストに思う)
私の大学(旧制)入学からは、既に還暦以上の歳月が経っている。 大學入学の思い出を書くのだが、それは、昨年末 [2007/12/27]に、 旧制中学入試問題集、という記事を書いたから、今度は大学を、という訳でない。  その訳は、記事の末尾に書く。 ★ ★  ★ ★  ★...
浦島ブログの準備(3A) (佐久間象川)
ピアニスト・ブログの(11番目)の記事: ▲[A-11] 日本型民主主義:[2005/06/29]、である。
浦島ブログの準備(3B) (佐久間象川)
▲[B-213]: 浦島ブログの準備(3A): [2013/09/28]、に紹介されている、    ▲[A-11] 日本型民主主義:[2005/06/29]、