二人のピアニストに思う

gooニュース、注目のトピックスで「フジ子ヘミングがNHK斬り」を見て自分でもブログを作り、発言したくなった。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国連常任理事国を目指す前に

2005-04-09 13:09:19 | 独り言
2005/04/08 ローマ法王ヨハネパウロ2世の葬儀には全世界から200万人の人がヴァチカンに参集した。
全世界から集まったこれ等の中には、
 220 人の各国首脳{米国のブッシュ現、元大統領、クリントン前大統領、英国のブレア首相、フランスのシラク、ドイツ、オランダ、ポーランド、・ ・ ・ ・からイスラエルのカツアブ大統領、シリアのアサド大統領、イランのハタミ大統領、まで政治体制、宗教を超えた、国王、大統領、首相などの首脳}が含まれる。
例に依って日本だけが例外であった。



「例に依って」というのは、前回のこの様な各国元首・首脳が集った葬儀として想起されるラビン首相の葬儀の時と同一パターンだから。
オスロ合意によって中東紛争の解決が踏み出そうとした瞬間に凶弾に倒れたラビン首相の葬儀の時にも、自由圏・共産圏を問わず、全世界の首脳が集ったが、その中に日本の村山首相の姿は無かった。
今回も小泉日本首相の姿は無かった。



思想、信条を超えて人類の平和を願う全世界の人々の集う場に、何時も日本首相の姿が無い。 首相補佐官の川口という軽い人物の特使派遣で、日本人は何とも思わないかもしれない。しかし、そこまで世界人類の平均値から異なる価値観を保有する国が国連常任理事国を目指すというのは誰が見ても可笑しい。
小泉日本首相は郵政民営化で一日の余裕も無いのかと言うとそうでもない。 5月8日にモスクアで開催される「戦勝60周年記念式典」には参加する予定だというのだから。


今から60年前に平和条約を一方的に破棄して、日本に襲いかかり、「大地の子」や「赤い月」などに描かれている様な悲劇を一般民衆に齎したソ連。 満州から60万人の日本人を連れ去り、寒さと飢えの中で只働きさせて6万人を殺した国。 対米戦敗戦寸前だった日本から火事場泥棒さながらに北方4島を攫って行った国。
その様な国の「戦勝周年記念式典」には参加するのだが、ラビン首相の葬儀だとか、ローマ法王ヨハネパウロ2世の葬儀には行こうとしない国が、国連常任理事国を目指すというのは、誰が見ても受容れがたいであろう。


その様な国の「戦勝周年記念式典」には参加し、芸能人とは一緒に写真を撮りたがるが 自国民の拉致被害者とは会おうともしない「変人」。
そこまで世界人類の平均値とは異なった行動をする非常識な首相を持つ国が、国連常任理事国になることは、人類の歴史のためには避けねばならぬことであろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一戦中派の感慨 | トップ | 昔の人に、また逢はめやも (1... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張りましょう! (紫藤ムサシ)
2005-04-11 00:48:03
全く同感です。

今後とも協力して行きましょう。

 たまには私のサイトも尋ねて

下さいね・・・
ではお尋ねします. (holmes)
2005-04-11 21:59:43
ではどのような首相をもつ,どのような国が常任理事国になれば人類の歴史のためになるのでしょうか?いまの常任理事国が人類の歴史のために相応しいのでしょうか?そもそも今の国連は人類のためになっているのでしょうか?

どんな国でも,どんな機関でも,どんな人でも一片の曇りもないものはなく.. うまく言えませんが,トップがボンクラだからといって,我々が世界平和に参画することが人類の歴史のためにならぬ法はないでしょう?

トラックバックありがとうございました.

佐久間象川さんと同一の記事がありますが,別の方ですか?では.
コメントを有難う (二人のピアニスト)
2005-04-12 03:10:11
Holmes 様、重要なコメントを有難う御座いました。

1993/8に、20世紀人類の大病「中東紛争」が際どく解決への道を歩み出そうとしたのは、ノルウェイの当時36歳の外務次官の功績でした。エジプトでバカな一青年の凶弾が無かったならば、人類のその後は全く違った歴史を歩んだでしょう。当時の世界の超大国、米ソが驚嘆したオスロ合意に依る平和への道を用意した外交官が、若し日本の首相であったら、と当時の私は思ったものでした。

2004/5/22 に国連で決議1483号(そのため派遣されたデメロ氏がバグダッドで死ぬ事になった)が採択されましたが、その前日私は国連ビルに居ました。多くの国からの多数の観光・訪問客の中に只一人の日本人も無かったのは、残念に感じていました。

佐久間様は同郷の大先輩です。

どうぞ、ご心配なく (変人キャズ)
2005-04-19 11:05:15
私は「人類滅亡論」という意見をブログに公表している立場ですから、二人のピアニストさんのような心配は致しません。地表に僅かに残された痕跡に依って、昔此処には優れた文明が存在したのだと分る遺跡が地球上には数多く有ります。それを築いた民族が滅びて歴史から消えても、人類は今日の繁栄に辿り着いたのです。

現在の様な視野狭窄な日本国は消えた方が、人類全体の歴史のためには良いのかも知れません。心配なのは、人類全体が今、危機に立っている事です。
Unknown (1喝たぬき)
2005-04-27 07:53:07
コメントありがとうございました。



>世界人類の平均値とは異なった行動

これは日本の国益を損ないますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
どこから来てどこへ行くの (Wein, Weib und Gesang)
バイエルン放送協会のニュースチャンネルでは、朝5時過ぎからサンピエトロ広場の様子が写され続けた。8時過ぎにスタジオからの前放送が始まり10時まで神学者とケルンドーム放送局の編集長が解説した。 大伽藍に柔らかな陽が当たる静かな朝の風景とは打って変わり、人の波で
頑固に郵政民営化! モラル・ステートメント、韓国は相変わらず未開国 (log)
 最初に告知。明後日10日に藤沢産業センター8階で、第10回「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会~拉致を語らずして人権を語るなかれ~」が開催されます。横田さん御夫妻をはじめ、小川晴久・守る会名誉共同代表、砂川昌順・元外務事務官が講師をなさいます。詳細はこ.
馬鹿マスゴミの極み (1喝たぬき)
 ローマ教皇庁がいくらクレームをつけても法王と呼び続ける馬鹿マスゴミ。世界中のカトリック信者を敵にして何が面白いのか。馬鹿小泉も一国の責任者のくせに教皇選出会議をおちゃらけてコンクラーベは根比べ、とか訳のわからないことのたまって馬鹿にする。本人にそのつも
「人類滅亡論」の先覚者 (佐久間象川@WebryBlog)
★「二人のピアニスト」のブログ記事{国連常任理事国} http://blog.goo.ne.jp/gookyaz/e/5cdda9eff6e69fb015f2b685acefd755 へのコメント意見(2005/4/19):{どうぞ、ご心配なく(2005/4/19)}の中で「変人キャズ」さんは http://kyaz.at.webry.info/200504/article_5.ht
性悪説論者の弁(2) (佐久間象川)
性悪説論者の弁(2) ★先ず、一つの歴史的事実の話から出発する。養老孟司氏やY君のように大学紛争の時代に若手として大学の現場に居た人達が、現在でも当時の全共闘の連中を許していないことを以前に書いた(★「出逢いの問題(4)社会環境の運(続)」 )。
終戦の日とメデイアの無見識 (二人のピアニストに思う)
今月6日、9日は夫々、広島、長崎の63回目の原爆の日なので、 例年のように、現地では犠牲者慰霊平和祈念式典があった。 今年は、犠牲者の中で最も有名な永井隆博士の、生誕100年に当る。 今も生存し記念式典に参列している原爆体験の年代の老人達の表情には、本当に自分...