二人のピアニストに思う

gooニュース、注目のトピックスで「フジ子ヘミングがNHK斬り」を見て自分でもブログを作り、発言したくなった。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一戦中派の感慨

2005-03-25 08:21:49 | 独り言
☆日本人の国民性
▲ある友人のホームパーテイでダンスの世界チャンピオン時代のシンキンソンとヨルゲッセンに直接聴いた話だが、彼らはダンスの基本中の基本であるボックスを毎日20分間練習する、というので、吃驚した。その時に彼等がその基本の練習を見せてくれて、しかもその最中に(わざと?)間違えて、お互いに「お前が悪い」と言い指差し合って見せたサ-ビス精神が、ご愛嬌でもあり感心しました。
▲テニスのウインブルドンに比すべき、ダンスのブラックプ-ル世界競技会(1998)で、準決勝戦で落選した日本代表選手がパ-トナ-を怒鳴りつける場面がありました。

「音楽なんてどうでも良い」と怒鳴る日本チャンピオンは技術の基本以前にダンスの「ダ」すら理解出来ていないことを暴露していました。 日本のダンスは所詮「輸入文化」。 100 年経っても世界のレベルに日本は追い付けない、問題の本質は別と思いました。
▲超一流の科学上の業績を上げ続けるので有名なワイツマン研究所の指導者である
マナッセンは夫婦共、戦争中アウシュビッツに強制収容される前はアムステルダムで(アンネの日記の)アンネ・フランクと同じ学校に通って居ました。 Y 君が、夕食に招かれた時、彼等はこの事は一言で済ませ、それ以上の話はしてくれなかった、という。
イスラエルの第2代大統領、
カチャルスキ・カツイ-ルと会った時に、共通の知人のマナッセンの話が出ましたが彼もこの件に就いては,それ以上の話はしませんでした。
往年のテニスの名選手リチャ-ド・ウイリアムはタイタニックに乗船していたが、結婚後30年間、妻にその事実を話さなかった、そうです。

   本当に厳しい体験をした人達とはこういうものかと思いました。

▲ 中国では文化大革命の目茶苦茶があっても、後で4人組裁判が来る。紅衛兵は追放された。
▲ドイツでは
ナチの責任追及が戦後半世紀の今も続く。チャウシェスクは叩き殺された。
▲日本では叙勲制度に反対して法案を潰した社会党の代議士達の殆どが、その後、生存者叙勲を受けた。     そのとき本人達はより上位の叙勲をと陰で運動し、同僚の社会党代議士達は祝賀会に参列した。

☆Ⅰ{私の世紀}
★21世紀最初の「初日の出」を、客船「にっぽん丸」の上で迎えました。
洋上で拝む、21世紀初の「日の出」は感動的でした。
しかし,私自身の情念としては、前日の「太平洋上20世紀最後の日没」の方が、想い胸に溢れるものでした。 同時代の多くの人命が消えた激戦の地サイパンの沖合で、静かな日没を見た時、

 両親も私もが生きた「私の世紀」が今、終わると感慨を催しました。
20世紀最後の日の前日に、これから硫黄島の脇を通過すると、船内放送があったので、私は急いでデッキに出た。
驚いたことに、数百名の乗船客の内で舷側で島を見続け、見守っていたのは二人だけだった。
私のほかにもう一人の老人が居て、互いに少し離れた場所で、擂鉢山の形が見えなくなるまで、其の侭の位置に立ち尽くした。
島が見えなくなって舷側から船内に入る時に、互いに顔を見合わせて、「私共、二人だけでしたね」、と言葉を交わした。


★「聞け、わだつみの声」
▲2001年の話題映画「ホタル」や、TV番組「魚住少尉」(1963)の再放送を見て、これらの作品に強く共感を覚える自分が、現代の日本では骨董的な存在であることを、改めて自覚しました。

1970年代だと思うが、朝日新聞のコラム憂楽帳で読んだ話です。
コラムの筆者が、高校生の息子に阿川弘之の”予備学生もの”を読ませ感想を聞いたら、「特攻隊員募集で、希望者一歩前へ」と言われた時に、希望もしないのに、なぜ一歩前へ出るのか分からない、と言われ、どう説明しても、息子に理解して貰えなかった、という話が有りました。
大学紛争の時に、出来の悪いゲバ学生が教授を吊し上げて「戦争中、何故反戦運動をしなかったか」と責め、「聞けわだつみの声」に対し「被害者の立場のみ、加害者の立場の反省が無い」と批判した無知と同じです。 戦後僅か四半世紀のことでした。


歴史的事実でも忘れられるものです。愛する人々のために命を捧げて逝った「ホタル」や「魚住少尉」は、薄っぺらな現代社会の中で生れ育った人には、理解できないでしょう。 が、前世紀遺物の、骨董的な存在の私は、志の伝承のため発言したいです。

▲近所に住む老夫妻が、「聞け、わだつみの声」の人々は時代に洗脳された哀れな存在だと評したのに驚き立腹しました。 私が若い時なら、ぶん殴って居たと思います。 このご主人はNHKの有名なアナウンサ-、現代の日本ではモテル人種です。


今のいい加減な日本社会の、物質的繁栄の内で育った若者は、まあ仕方ない。 「戦争中に何故反戦運動をしなかったか」と絶叫して得意になっている学生と違って、わだつみの人達とほぼ同年代で、当時の世相を知る筈のこの夫妻のような人は、許し難く思います。
私がNHKの体質に疑問を持ち、海老ジョンイルだでない、と繰返す理由の一つです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マジョルカ島を訪れて | トップ | 国連常任理事国を目指す前に »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感 (佐久間 象川)
2005-03-22 12:16:43
君は生れて来るのが、100年遅かったか、10000 年早かったかであって、それを反省すべきである。
戦中派 (一柳 仙吉)
2005-03-25 11:07:15
共感
ではなぜアメリカでは今も進化論を否定する人たちがいるのか? (Quasi)
2005-07-09 15:11:54
それは、教会という保守的組織が社会に君臨し、毎週毎週何年にも渡ってキリスト教を教え続けるからですナ。しかしかつては寺子屋でお寺の住職が昔の伝統的価値観を伝え説教しものが、寺子屋に行かず、公民館にも行かず、行くのは学校と家庭だけの往復運動となった。この辺に日本古来の”良きもの”が永続しない理由。しかし、一方で、若者は”教え”を欲しがっている。だから、オウム真理教など新興宗教が栄える。アメリカにとっては戦前派、戦中派は邪魔な存在。だからお寺も公民館も弾圧。思想統制したわけ。明治に戻って寺子屋をお作りになったらどうでしょうネ。
Unknown (東郷 幹夫)
2006-02-18 05:29:50
独り言 様



小生のBLOG ”続「続「2月6日テレ朝ワイドスクランブルでのRN氏発言」」”にコメントを頂き有難うございました。ご支持の貴Blog

http://blog.goo.ne.jp/gookyaz/e/0f72cda9b53da9653da6/



を開きましたが,空白で何も記述されておりません。

再度,ご支持いただければ幸いです。



06/02/18   東郷 幹夫

思いつくままに (東郷 幹夫)
2006-02-18 05:34:05
独り言 様



小生のBLOG ”続「続「2月6日テレ朝ワイドスクランブルでのRN氏発言」」”にコメントを頂き有難うございました。ご指示の貴Blog

http://blog.goo.ne.jp/gookyaz/e/0f72cda9b53da9653da6/



を開きましたが,空白で何も記述されておりません。

再度,ご指示いただければ幸いです。



06/02/18   東郷 幹夫

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
私の独り言{前置き[2]老化の自戒} (変人キャズ@WebryBlog)
◎旧エッセイ類の転載{前置き[2]老化の自戒} 人間は何時の日かは老いる。老いを迎えるために心の準備が必要なのは、「折り焚く柴の記」で新井白石が述べて居る通りである。 一連の再録を始める前に、『老化とは切ないもの』と感じさせ、現時点での加筆が原文の改良にな
私の独り言{前置き[3a] プライオリテイの尊重事件} (変人キャズ@WebryBlog)
◎旧エッセイ類の転載{前置き[3a] プライオリテイ事件} 昔の日本では、若い人が苦労して挙げた成果を上司の手柄にされて、その上、報酬面でも全く報いられない、等の不合理も多数有りました。 100 %自分が書いた本を先輩の名前で出版されたりする等のこともありました
(独り言79)「8月13日」 (変人キャズ)
「8月13日」                        82.8.6
性悪説論者の弁(3) (佐久間象川)
★ 此処で、この様な話題を始めた理由は、キャズ君の記事★: 耐震強度偽装問題 、に私が不満だから、と前々回冒頭に書いた。  それに続く彼の『道路交通事故多発の原因』、に就いても同様である。  もっと単純な発想で良いのではないかと、私は思うのである。 それ
続「続「2月6日テレ朝ワイドスクランブルでのRN氏発言」」 (思いつくままに  東郷 幹夫)
続「2月6日テレ朝ワイドスクランブルでのRN氏発言」について,つぎのようなコメントが寄せられました。
「人間の評価」に就いて(2) (佐久間象川)
★毎年、春秋の叙勲の名簿を見る時、虚しい気持ちになるのは、私だけであろうか。  社会で働き、生きてきたということは、現実社会の裏も表も見てきた、ということである。 その種の記憶を多く脳裏に蔵っている老人としては、アイツは勲何等か,アイツは今年も貰えなかっ
「ホージンノススメ」へのコメント (佐久間象川)
 若林様: コメントを有難う御座いました。  以前に、私のブログ記事:(性悪説論者の弁(1))、に述べたとおり、私の同年輩の仲間が時々交歓する時に話題になったテーマを、それぞれのブログに書くものだから、同一の事柄を各自が書いたり、その上、各々の主張が相違
感度の有無 (8):人類の限界 (変人キャズ)
私は今までに、何人かの人の埋もれた業績、に付いて書いてきた。 世間的に華やかな評価を得ては居ないが、人類の歴史に対し、或いはその人の属する組織の存立に、大きな貢献をした人の業績の話を書いた。 今回も、今まで私が全然知らなかった人物のことを読んで ...
伝統文化と常識の変遷(1) (佐久間象川)
文科省が教科書検定で、「戦争末期の沖縄で、住民の集団自決が、日本軍の強制で行なわれた、という記述は修正せよ」、と要求したのに対し、沖縄県、特に高齢者が猛反発している事が、大きな話題である。 戦争末期に軍部に迫られて、沖縄で集団自決をした民間人達の生存者...
65年間の回想(10)世代論 (変人キャズ)
記事作成途中、表が未完成 「戦中派」、「戦後派」、と世代を分けて語られたのは、      すでに、かなり昔のこと、となった。 その、 「戦後派」 、という言葉が意味したのは、戦後に物心付いた、    という意味であって、私は、「戦中派」は、1930年以前に...
ブログの存在意義 (晩秋)
2010/4/3 に、このエントリーがキャズ・ブログで引用参照されたときに、 記事が長すぎて不便という、クレーム・コメントがあったので、 手直しをして、文末の一部を、文頭に移動した ...
「おひさま」に想う (二人のピアニストに思う)
NHKの朝ドラ「おひさま」は、久々の名作である。 朝ドラとしてだけでなく、私が今までに見た全ての   テレビドラマの中でも、最も優れたものの一つ   だと思って、感動して見ている。 ヒロインの陽子(井上真央)と、親友の真知子(マイコ)、   育子(満島ひかり)...
ピアニスト・ブログの継承(1) (佐久間象川)
ピアニスト君が諸事情のため、当分の間、新規記事を書くことを 殆ど止める他に、場合によってはブログを廃棄するかもしれない、という。 私は彼とは同志的な感覚を持つので、それは非常に残念であり、 是非彼に継続して欲しい、と思う。 それで、今迄の彼のエントリー...
ピアニスト・ブログの継承(2) (佐久間象川)
PCで探ると、ピアニスト・ブログは、2005/03/25 の ★  一戦中派の感慨:[A-4]:[2005/3/25] 以後の記事を読むことが出来るが、実際には、その前に3篇の記事が有って ★ フジ子ヘミングの記事を見て:[A-1] [2005/03/08] ★ 海老ジョンイルだけでないNHKの体質...
ピアニスト・ブログの継承(5) (佐久間象川)
ピアニスト・ブログの(5番目)の記事:  ★一戦中派の感慨 一戦中派の感慨:[A-4]:[2005/3/25]、である。    ★ ★ ★ ★ ★ ★  (ピアニスト・ブログの記事▲一戦中派の感慨一戦中派の感慨:[A-4] 、のコピー)
浦島ブログの準備(8A) (佐久間象川)
浦島ブログの準備(8A ) ピアニスト・ブログの(15番目)の記事:  ★[A-13] 歴史認識(2)、である。
浦島ブログの準備(8B) (佐久間象川)
▲浦島ブログの準備(8A):[B-223]、に紹介されている、ピアニスト・ブログの(14番目)の記事:       ★[A-15]:  広島原爆60周年(2) 、 を新ブログの記事に相応しい形に改造する。