現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




言志耋録一二

2017-06-19 16:52:24 | 本を読みます
言志耋録一二から、承前。知と能、学者と常人、 志学の心得、無字の書、とあって、無字とは有字に対する、文字に書かれない万物を指す、と解説がある。学を為すこと此れ熟すれば、則ち宜しく無字の書を読むべし、である。続いて、水源のあるなし、人に頼るな、物を粗末にするな、学は己のためにする、とあって、さらに耋録らしくなる。悔・激・懼の字訓を引用すると、次である。>悔の字、激の字、懼の字は好字面に非ず。然れども一志を以て之を率いれば、則ち皆善を為すの幾なり。そしてまた、悔の字について、続けて言う。>悔の字は是れ善悪街頭の文字なり。君子は悔いて以て善に遷り、小人は悔いて以て悪を逐う。故に宜しく立志を以て之を率いるべし。復た因循の弊無からん飲み。

さてここで、志を立てる、立志について言う。まず立志の字義について、次のようである。

>立志の立の字は、豎立、標置、不動の三義を兼ぬ。

豎立 じゅりつ  真っ直ぐに立つ

立志の工夫

>立志の工夫は須らく羞悪念頭より跟脚を起こすべし。恥ず可からざるを恥ずること勿れ。恥ずべきを恥じざること勿れ。孟子謂う、恥無きを此れ恥ずれば恥無し、と。志是に於いてか立つ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10年前、降らない、と | トップ | 語頭にない ん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。