現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




悪女、趙姫というが

2017-03-29 17:26:55 | 中国歴史ドラマ
中国王朝 よみがえる伝説 悪女たちの真実. [BSプレミアム]、3月29日放送、趙姫の物語を観た。秦の始皇帝の話しである。悪女というからには、これまでの西太后、楊貴妃よりは、その真実性に近い。その描き方も、司馬遷の史記による記述をそのままなぞったか、どうか、よくはわからないのだが、番組の制作はそうである。というのも、漫画のストーリーにそういうのがあって、マンガ「キングダム」というようで、それを知らないのかといわれそうなことだが、改めて検索を入れて、>原泰久による日本の漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2006年9号より連載中。第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作 とヒットする。新田次郎が作家の視点で史記を解説するので、それらしく、番組をみるものの、このドキュメンタリーの悪女の真実とするものが、本紀と列伝の記述の違いにあるようなことを指摘する歴史家の話が唯一、テーマの内容に迫る。

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=08902
>始皇帝の母・趙姫の人物像をひもときます。謎を探る旅人は、歴史上の女性の生き方に関心を寄せる女優・戸田恵梨香さんと、小説『蒼穹の昴』で西太后を描いた作家・浅田次郎さんです。

中国王朝 よみがえる伝説「悪女たちの真実 始皇帝の母 趙姫」

放送日
3月29日(水) [BSプレミアム] 後9:00
出演者ほか
【出演】戸田恵梨香,浅田次郎,【語り】松尾剛
内容
「史記」は始皇帝の母・趙姫を「淫乱」な悪女と記す。男と密通を重ねた上、その男と共謀し反乱を起こしたと言うのである。だが、最近の研究で意外な素顔が明らかに。発掘された木簡から、秦では彼女の男性遍歴は合法で非難されるものではないとわかった。さらに、彼女の反乱は実は始皇帝の仕組んだ謀略だったのではないかという。手がかりは、すい星の出現。そして、兵馬俑坑で虐殺された女性の人骨が大量に発見された。一体なぜ?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪魔の証明 | トップ | 最新号のトピック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。