現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




アリゲーターガー

2017-05-17 17:18:36 | 新語・社会現象語
名古屋城の外堀で目撃されていた外来肉食魚のアリゲーターガーが捕獲された。この名前を、アリゲーターとみて、ワニナノかと思ってみたが、学名 Atractosteus spatula は、レピソステウス目レピソステウス科アトラクトステウス属に含まれる一種とあって、英名 Alligator gar とわかった。

ガー gar (any fish of family Lepisosteidae); arfish; garpike 

>garpike 名詞 鱗に覆われ、針状の歯がある長い顎を持つ原始の捕食性の北アメリカの魚
(primitive predaceous North American fish covered with hard scales and having long jaws with needlelike teeth)。

>ガーパイク【garpike】 の意味
出典:デジタル大辞泉
北米やキューバに分布するガーパイク科の淡水魚。口が細長く、強大な針状の歯をもち、魚や小形の動物を食べる。釣りの対象魚。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞を読む若者がいなくなる | トップ | SNSコミュニケーション »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。