現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




pdf

2017-01-30 23:11:28 | ほんとうのところは
Portable Document Format、ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称を、PDFという。電子上の文書に関するファイルフォーマットである、と説明がある。1993年に発売されたAdobe Acrobatで採用された。

>スキャンしたドキュメント
紙資料をイメージスキャナなどを使って電子ドキュメントにする場合も、PDFが利用されることが多い。
紙資料を電子ドキュメント化するとき、PDFを利用しない場合には、TIFFなどの画像ファイルとして保存する方法と、OCRソフトウェアを使ってテキストとして保存する方法がある。画像ファイルとして保存された電子ドキュメントは画面上で見る場合には紙資料と同じ内容が再現できるものの、文章や文字をコピーすることができないなどテキストの再利用に大きな制限がある。また、OCRソフトウェアを使って作成したテキストファイルではテキストの再利用は可能となるが、OCRソフトウェアの精度の問題もあり、元の内容を完全に再現できない場合が多い。
PDFを利用すれば、紙資料をスキャンした画像の上にOCRソフトウェアで変換して作成した透明テキストを重ね、1つのファイルとして保存することができる。こうしたPDFのドキュメントでは、画面上で見る場合には紙資料の内容を完全に再現でき、不完全ではあるがテキストの再利用もできる。例えば、Acrobatにはバージョン6.0以降のStandard版以上でOCR機能が標準で搭載されるようになった。


ウイキペディアより

PDFには、次の特長がある。

作成したドキュメントを異なる環境のコンピュータで元のレイアウトどおりに表示・印刷できる
ドキュメントのセキュリティを設定できる
圧縮してデータを格納することで、ファイルサイズを小さくできる
しおり・リンク・コメント・注釈といった、ドキュメントを画面に表示するときに便利な機能を設定できる
フォーム機能を使って、利用者の入力欄を受け取るような書式設定済み文書を作成できる
音声化などアクセシビリティに配慮したドキュメントを作成できる
マルチメディアに対応している
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 所有権移転登記 | トップ | なんぼや »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。