現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




責任と思いやり

2016-12-27 23:06:47 | ほんとうのところは
責めを負うとは責任を取るとなったときに、事故の責めを負って辞職する、と用例が示すような意味内容となった。その類後語に、、責めを引き受ける、 非を認める、責任を負う、 けじめをつける、というように、その意義素を、過失の責任が自分にあるものとして引き受けることと解釈される。その過失を埋め合わせるための罰を受けるとすると、過失責任は悪い結果のものであり、何に対しての良し悪しかが問われる。その責任を良いものとすれば任を与えたものに対する、果たすこととなるのだが、その対象を思いやりとして考えると、責めを負うのは人々に対してである、とかんがえるのが、わたしたちである。その社会の根底にあるのは相手への思いやりが責任とともにある。

Weblio類語辞書
類語辞典・シソーラス
責めを負う
意義素 類語

行った悪事に対する報いを受けること
 罪の報いを受ける ・ 罰を受ける ・ 罰が与えられる ・ 報いを受ける ・ ツケが回る ・ ツケが回ってくる ・ しっぺ返しを受ける ・ 仕返しを受ける ・ お返しを受ける ・ 報復を受ける ・ 仕返しされる ・ 逆襲される ・ 反撃される ・ とがめを受ける ・ 懲罰を受ける ・ 責めを負う ・ 身から出たさび ・ 裁かれる

過失の責任が自分にあるものとして引き受けること
 責を負う ・ 責任をとる ・ 責めを引き受ける ・ 非を認める ・ 責任を負う ・ 責任を背負う ・ 責めを負う ・ けじめをつける
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とり、鳥、鶏、酉、禽 | トップ | つながり依存 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ほんとうのところは」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。