現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




赤口

2017-07-13 19:54:12 | 日本語百科
赤口、六曜にある、大凶である、その読みには、しゃっく、しゃっこう、じゃっく、じゃっこう、せきぐち、とある。暦に記されていたが、時の政府によって迷信とされて、書き込まれることはなかったが、日を選ぶ縁起かつぎのように用いて復活している、とくには、大安吉日が用いられる。その、よき日に対して、悪い日が、赤口である。由来、伝来は確かなことがないようであるが、日本で用いられるようになった記録は説明がある。


先勝 せんかち:午前中に、急用や訴訟
友引 ともびき:慶事、朝晩がよい
先負 せんまげ:訴訟などの争いごと、午後に、控えめに
仏滅 ぶつめつ:全部、よくない
大安 たいあん:全部、よい日
赤口 しゃっこう:正午前後の刻はよい

ウイキペディアより

六曜が中国から日本に伝来したのは、14世紀の鎌倉時代末期から室町時代にかけて、とされる。その名称や解釈・順序も少しずつ変えられ、現在では赤口以外は全て名称が変わっている。19世紀初頭の文化年間に現在の形になった。幕末頃には、民間の暦にさかんに記載されるようになった。
明治時代に入って、吉凶付きの暦注は迷信であるとして、政府はこれらを一切禁止した。当然のこととして政府が発行する官暦となった神宮暦も、新暦(太陽暦)と天文・地理現象の他は国家神道の行事等のみを載せ、吉凶の暦注は一切排されるはずであった。実際、本暦の本体からは全て消えたが、六曜と旧暦を必要とする要望を政府も押し切ることができず、略本暦に附すという形で存続した。第二次世界大戦後はそういった政府による統制もなくなったため占いの類は氾濫するようになり現在に至る。

>赤口
陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来する。六曜の中では唯一名称が変わっていない。午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。
この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつける。つまり「死」を連想されるものに注意する日とされる。
「しゃっこう」「しゃっく」「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」「あかくち」などと読まれる。
「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」と言われる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学生時代 | トップ | ゼミの学習⑪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。