現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




謎、なぞ

2017-06-14 23:09:32 | 日本語の謎、なぞ
なぞ なんぞ 副助詞と、国語辞書は説明する。謎は、なぞ であるが、なんぞ の音変化であろう。漢字表記をすれば、

>謎(なぞ)とは、
物事が不可思議なこと。
言葉遊びを用いたクイズの一つ。→なぞなぞ 

と、ウイキペディアより


謎語 字謎


グーグルトップには、次がある。

なぞ
《副助》例示するのに用いる語。なんぞ。「など」に同じ。 「そんな甘言―に乗せられない」

なぞ
【謎】
1.
言葉の中に他の物事の意味を隠した問いを出して、相手に答えさせる遊び。なぞなぞ。 「―を掛けて」(遠回しにそれとなく悟らせる言葉・しぐさで)
2.
はっきりわからない不思議な事柄。 「千古の―」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さつき晴れ | トップ | 言語の起源 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本語の謎、なぞ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。