現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




金融

2016-11-11 17:04:19 | 日本語百科
金融は資金の融通を意味する。資金余剰者から資金不足者へ、調達、配分、投資・融資の3区分でとらえる。経済主体に、資金を調達し使用する資金流通全体のことを指して、経済の活動となる。したがって、金融システムは、政府、自治体の財政、企業活動、個人の家計まで見られることになる。金融業には、銀行、証券会社、保険会社、投資銀行、リース会社、信販会社、貸金業者などがある。これらを総称として金融機関と呼ぶ。投資の形態として、株式、不動産、企業価値のキャピタルゲインの利益がある。


ウイキペディアより

金融(きんゆう、英: finance)とは、一般に、資金余剰者から資金不足者へ資金を融通することをいう。しかし、歴史に残る金融は合理化の手段である。したがって合理的に解釈すれば、ここにいう「不足」とは絶対量のそれではなく、単純に資金需要を指すことになる。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1111 | トップ | しゃれ、駄洒落 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本語百科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。