現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




恋人、愛人

2017-06-28 22:34:26 | 日本語の謎、なぞ
Q:「恋<愛」なのに「恋人>愛人」と意味合いが変わるのはなぜか。―― 不等号の意味するところ、愛が大きく、恋人が大きく意味領域を執るというわけであろうか、あるいは、上位概念、下位概念にその価値基準を持つとするものか、愛によって地球は救われるが、恋によてはそうならない、恋人ではトラブルが起きないが、愛人だとトラブルにつながり、日本語の愛人にはイメージが付きまとう。中国語で、我的愛人、わたしの愛人とは夫婦仲のこと、愛人となれば愛妻というようなことであるから、これは日本語のとらえ方と異なる。不等号の向きが変わるのは、愛人となったことだから、社会的に、ほかの語でいえば、妾、2号さん、側室といった意味の代わりようなのだろうか。そうすると、この語の用法が気になる。そこでいまいちど、辞書によると、そのままである。


グーグル検索
あいじん
【愛人】
1.恋愛の相手。こいびと。
2.だれかれにかたよらず人を愛すること。 「敬天―」


日本国語大辞典
あい‐じん 【愛人】
解説・用例

〔名〕

(1)人を愛すること。

*西洋事情〔1866〜70〕〈福沢諭吉〉外・二「世人或は愛人の美名を買はんとして慢に政府の任を責め」

*文明論之概略〔1875〕〈福沢諭吉〉五・九「仁徳天皇民家に炊煙の起るを見て朕既に富めりと云ひしも、必竟愛人の本心より出て、民の富むは猶我富むが如しとの趣意にて」

*礼記‐檀弓上「君子之愛〓人也以〓徳、細人之愛〓人以〓姑息〓」

(2)愛しているいとしい異性。恋人。特に、夫や妻以外の愛している異性。

*英和対訳袖珍辞書〔1862〕「Honey 蜂蜜、愛人」

*楚囚之詩〔1889〕〈北村透谷〉七「余は幾度も軽るく足を踏み、愛人の眠りを攪(さま)さんとせし」

*吾輩は猫である〔1905〜06〕〈夏目漱石〉九「親友も汝を売るべし。父母も汝に私あるべし。愛人も汝を棄つべし」

*プールサイド小景〔1954〕〈庄野潤三〉「姉の方にはパトロンとか愛人らしきものは居ない様子で」

語誌

(1)もともとは(1)の意味であったが、「英和対訳袖珍辞書」などに見られるように、江戸時代末頃からhoney, lover, sweet〓heart などの翻訳語として、(2)の意味でも使われるようになった。

(2)第二次大戦後、新聞などで「情婦」「情夫」の婉曲的表現として用いられるようになってから一般化する。現代では、配偶者以外の、社会的に容認されにくい関係にある相手についていうことが多く、「恋人」とは区別して用いる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10年前、バイオリズム | トップ | 数詞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本語の謎、なぞ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。