現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




キャリアデザイン

2016-11-07 05:24:50 | 日本語百科
キャリアデザイン career design とは、何か。和製英語らしい。説明にとれば、自分における仕を人生のプランとし、設計し決定すること、のようである。いつごろからか。日本では、と、まずあるから、日本以外での流行があこったか、ということになる。それで、日本では平成に入って以降だから、2000年代から、重要視されるようになった、と続く説明があり、近代以前の身分制度社会、世襲社会において個人のキャリア選択の幅は非常に少なかったというので、これなんののことだろう。その後に長く言われた、終身雇用の社会という、身分制度でとらえるようなことであったか。自分のキャリアに関する選択が必要となったことによるそうだ。すると、そのキャリアデザインは、いつどこで、どのように決められるか、デザインをするものなのかを問うことになる。careerの意味に、生涯、経歴、行路などがあり、そこから人生についてあげられると、それはいつどこでもすぐにもおこることである。



http://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2011/02/01/1301878_1_1.pdf
文部科学省中央教育審議会

今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)平成23年1月31日)
「キャリア」とは
人は、他者や社会とのかかわりの中で、職業人、家庭人、地域社会の一員等、様々な役割を担いながら生きている。これらの役割は、生涯という時間的な流れの中で変化しつつ積み重なり、つながっていくものである。また、このような役割の中には、所属する集団や組織から与えられたものや日常生活の中で特に意識せず習慣的に行っているものもあるが、人はこれらを含めた様々な役割の関係や価値を自ら判断し、取捨選択や創造を重ねながら取り組んでいる。
 人は、このような自分の役割を果たして活動すること、つまり「働くこと*」を通して、人や社会にかかわることになり、そのかかわり方の違いが「自分らしい生き方」となっていくものである。
 このように、人が、生涯の中で様々な役割を果たす過程で、自らの役割の価値や自分と役割との関係を見いだしていく連なりや積み重ねが、「キャリア」の意味するところである。

http://shop.gyosei.jp/contents/cs/leaf/7115001-11-031.pdf
文部科学省 - 中央教育審議会答申, ぎょうせい, 2011 - shop.gyosei.jp
* 幼・小・中から高等教育, 生涯学習まで, 全教育段階で具体的に何をなすべきかが示されている.*
学校では具体的指針・事例案として, 教育委員会や教育センターでは総合的指導の資料として広く
活用できる.* 就職期にある高校, 専門学校, 大学向けの内容も盛り込まれた.


今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方についてに関連する検索キーワード

今後の学校におけるキャリア教育職業教育の在り方について答申
今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について 概要
今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について 基礎的・汎用的能力
今後のキャリア教育職業教育の在り方について
高等学校における遠隔教育の在り方に関する検討会議
今後の学校におけるキャリア教育
職業能力開発の今後の在り方に関する研究会
新しい時代における教養教育の在り方について
今後の特別支援教育の在り方について
今後の地方教育行政の在り方について



キャリアデザイン・キャリア形成とは
www.kanazawa-it.ac.jp/shikaku/01kyoutu/01_03career.html
いまから10年以上前までは、社会へ出る際「力のある集団」に入れば、定年までの安泰な勤続が約束されました。 その頃には、このような集団に入ること(どこが安心かの発想)が進学と就職の目標となり続けていました。 言い換えれば、社会に出る際「自分が ..
>それぞれのキャリア・デザインに沿った「自己実現」を可能にするための資格取得や 学力と人間力などの「自己実現力」を在学中に計画的に身に付けることをキャリア形成といいます。



ウイキペディアより。
>スタンフォード大学教授のジョン・D・クルンボルツは、多くの事例研究から「この変化が激しい時代には、キャリアは予期しない偶然の出来事によって、その80%が形成される」と結論づけ、キャリア途上におけるそうした不測の転機を「計画された偶然」と逆説的に表現し、それら予定外の出来事は「望ましいものである」と述べた。


人事労務用語辞典の解説
キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。
(2010/11/8掲載)



http://naritai.com/careerdesign.html
キャリアデザインって何?

キャリアデザインが必要となった背景とは?
なんで考えないといけなくなったの???
日本経済が90年代に入ってバブル崩壊し、どの企業も経営に苦しむようになりました。そこで、企業は経費削減に走ったのです。
最も経費がかかっているものの一つ、人件費。IT革命と共に、人が機械に変わりつつ、雇用も削減されました。
ここで驚いたのは労働者です。「会社に入れば、一生安泰」って思っていたからです。
日本特有の体制なんですが、「終身雇用制」「年功序列制」という制度があったから、「一生安泰」と思われていたのです。だから労働者は「企業の為に」に無我夢中になって頑張ってこられたのです。
ところが景気が悪くなり、企業の経営が悪くなった途端、企業が体制をコロッと変えてしまった。つまり「終身雇用制」は無くなり、「年功序列制」も「成果主義」へと変わってしまいました。
企業が労働者の一生の面倒は見られない!という態度に変わってしまったわけです。
勝手なようですが、これも生き残る為に必要なことでしょう。
面倒見てくれない!ということは、企業がどうなっても(倒産しても)、いつでもどこでも仕事に就ける自分でなければならない。そう考える人が多くなりました。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ことば | トップ | 日本人の個性 自然 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本語百科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。