現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




言語地政学

2016-10-11 06:14:08 | 語彙論
言語地政学は造語である。ニッポン言語学は、いうところの地勢による、地理と政治や軍事との関係性についての研究というのが、言語に当てはまる。政治に関する用語でもあった治政はいま、様々な見地から研究するのであるから、日本の地勢による、それは山川にみるよりも、海洋の位置としては言語地政学をとらえることになる。


ウイキペディアより
地政学(ちせいがく、英: Geopolitics:ジオポリティクス、独: Geopolitik:ゲオポリティク、仏: Géopolitique:ジェオポリティク)は、地理的な環境が国家に与える政治的、軍事的、経済的な影響を、巨視的な視点で研究するものである。イギリス、ドイツ、アメリカ合衆国等で国家戦略に科学的根拠と正当性を与えることを目的として発達した。「地政学的」のように言葉として政治談議の中で聞かれることがある。
歴史学、政治学、地理学、経済学、軍事学、文化学、文明、宗教学、哲学などの様々な見地から研究を行う為、広範にわたる知識が不可欠となる。また、政治地理学とも関係がある。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人の世界性 | トップ | ローマ字による語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。