光泉洞諏訪幸子の50代のおけいこ情報

京町家、英語絵本サークル、おばんざい講座、美味しいお茶の淹れ方講座、そして、50代のおけいこ情報を発信していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

目指せデビュー! 演劇・音楽・舞台に挑戦

2007-05-31 | suwa
若かったあの頃には、進むことができなかった道や想いがあったとしたら、今それをあらためて始めて見ませんか? 音楽や演劇の体験レッスンや50代のためのワークショップをご紹介します。夢を今もう一度!
舞台に挑戦!


コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

古典を読みませんか?

2007-05-31 | suwa
古典文学へのおさそいテレビやパソコンから、静かな夜はちょっと離れて古典を読んでみたくなります。サイトから素敵な古典の講座を見つけてみましょう。バランスの取れた知的生活のすすめです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自宅で学べる絵手紙の記事

2007-05-25 | suwa
一枚目の作品を目指す講座紹介
友人からの母への絵手紙。母との会話がはずみ、何よりのお見舞いで気持ちが明るくなりました
画仙紙の葉書に筆と墨は、それだけで、濃淡、線の太さ、色のにじみ具合と描く人の味がでるツールです。筆と墨で濃淡をつけて1枚かけば、絵手紙1枚完成です。参考になるサイトと講座の内容です。
絵手紙の講座紹介の記事
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わたしんちの中国茶サロン

2007-05-25 | suwa
「中国茶」と聞くとどんなお茶を思い浮かべますか? 烏龍茶? プーアール茶? ジャスミン茶? 最近では、国内でも色々な種類の中国茶葉が扱われて、「中国茶」は幅広い年代からひそかな人気にもなっています。今回は、日本の茶道とは違った楽しみ方ができる中国茶のおけいこをご紹介しましょう。
中国茶サロンで好きなお茶の世界を広げる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐石料理を学ぶ京都のプラチナ休日

2007-05-14 | suwa
プラチナ休日の記事
京都銀閣寺で、私が習っている懐石料理のお稽古を取材したものです。
橋本関節記念館の中で、学ぶ贅沢な時間です。
本格的な懐石料理、自分がお茶会を開く時に役立つメニューと作り方、食材から器から、楽しい時間が流れます。

。。にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へランキング参加してます宜しくポチっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

50代からの生活をいろどるおけいこの勧め

2007-05-11 | suwa
去年から、テーマごとに記事を書いています。
50代をいかに楽しくきりかえて生きてゆくかのヒントなどです。
京町家、宇治茶のおいしい淹れ方講座、おばんざい講座、英語絵本のサークル、フランス語・・あれやこれやと悪戦苦闘・・・の50代です。一緒に考えてみませんか?

http://allabout.co.jp/gs/okeiko50/closeup/CU20060711A/

記事は人生を春夏秋冬に例えて記事を書きました。
写真は
橋本関節記念館の中で、懐石料理を榊せい子先生に習って、橋本館長の生けたお花の前で先生との記念写真です。。にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へランキング参加してます宜しくポチっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽市光泉洞ロゴ

2007-05-05 | 楽市の和茶菓子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お引越しで~す!

2007-03-06 | suwa
京都らしいポータルサイトへ以前からお引越ししたかったのですが、
今回 「来ませんか?」と言っていただきお引越しいたします。

⇒こちらへ!新ブログページ

「京つう」さんと言って、京都の情報中心のブログが集まっています。
どうぞ、こちらのサイトをあなたの、
「お気に入り」や「ブックマーク」にポチッと登録してください。
時々、遊びに来てくださいね。

写真は庭に咲いた「流金草」金色の流れ☆みたいですね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

私の宝物?

2007-03-05 | suwa
パソコンの前の壁に飾ってあるイカールのリトグラフです。
フラッシュがうつりこんでしまって…。
母親が娘を抱いて、ティーテーブルの上の盆景を見ている
フランスの絵です。



題が、「Le Jargin Japonais」 まぁ、日本庭園という意味ですね。
でも、お盆の上の盆栽は、なんとも中国風でしてね。
猫と母娘が眺めているのですけれどもね。。
植木屋の孫なので、つい買ってしまったというところです。

古くてちょっと汚れていて、パリの蚤の市で見つかったような風情の絵です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の庭!

2007-03-04 | 英語サークル絵本
去年から、O先生のクラスで読んできたターシャさんの絵本はイギリス風
のお庭とアーリーアメリカンの暮らしの絵本でしたね。
ターシャ・チューダーさんの庭とは、全く違って、椿の花が多い我が家です。

祖父が戦前高倉さんの庭師だった事もあって椿ですね。
武士が椿を嫌ったという通説の裏には都の公家への反発があったのではないでしょうか?桜を好み椿を嫌う・・・お侍さん。御所の桜も昔は梅だったそうですから。


梅の花も満開を過ぎ、
椿も今年はあっという間に咲いてしまいそうです。
大粒の椿は毎年遅めなんですけれども・・・
椿科の植物であるお茶も今年ははやいでしょうか?

これは、田主丸、縦絞りが綺麗で祖父が好きだった花種ですが
木が大きくなってしまって。


これは、肥後椿の白です。お茶の花を大きくした感じですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加