喫茶店で瞑想して、 銭湯で元気になる

日本中の素敵な建物たちを見て歩き

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旧山崎歯科医院を「残す会」発足

2011-09-04 | Weblog

松本の山崎歯科医院「残す」会が発足しました。
6月30日の地震で被害を受け、取り壊しのお話が出ていましたが、
明るいニュースを聞いて、ほっとしました。
ご支援をお願いします。

http://www.shinmai.co.jp/news/20110902/KT110901SJI090013000.html

8月の中旬に心配になって、松本の旧山崎歯科医院へ行ってみました。
行ったからと言っても、ただ黙って見ているだけですが、
重病人を見るような心持で、対面してきました。







信濃毎日から出ている藤森さんの「信州の西洋館」には、
信越線の建設にともないトンネルや橋のために赤煉瓦が焼かれるようになって、
信越線ぞいに明治24年ごろ長野市に入ってくる、というのがマア定説みたいな
ところで、赤煉瓦の先陣役の鉄道も届いていない明治20年代初期の松本に
はたしてそんなことがあっていいもんか。と書いてある。

日本煉瓦産の煉瓦としたら、のホフマン輪窯の1号窯が完成し、火入れをおこなったの
が明治21年9月なんで、旧山崎歯科医院はできたてほやほやの煉瓦ということになります。
その後、煉瓦の製造を行ないながら工場の建設を進めた(ホフマン輪窯2~3号は1号窯
で焼いた煉瓦で建設)とありますので、旧山崎歯科医院って凄いんですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まちかどの近代建築写真展in... | トップ | 会津若松の洋風長屋 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
レンガ拾いについて (ichinose)
2012-08-23 15:22:06
はじめまして。突然のコメントで失礼します。
山崎歯科医院の記事を偶然拝見して、ご連絡しました。ざんねんがら、保存叶わず、現在山崎歯科医院(国登録有形文化財)の解体が始まっています。
せめて、建築の終わり方についても、わずかな時間の中で共有し、赤レンガ拾いをしてこの建物を弔うことになりました。
急なことですが、8月26日にレンガ拾い・積み込みの参加者を募集しています。
http://www.facebook.com/events/373588596048013/373591612714378/?notif_t=plan_mall_activity

持物:軍手・底の厚い靴・ヘルメット・・・以上必須
   その他に、ハンマー(金槌)・竹箕・ブルーシート
作業要領:山崎歯科にて軽トラックにレンガを積みこみ
     仮置き場所に荷降ろし
     軽トラックにて6~8往復(400kg×8=3200kg=レンガ1500個程度)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。