喫茶店で瞑想して、 銭湯で元気になる

日本中の素敵な建物たちを見て歩き

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中井の中のスペイン

2006-02-07 | 建築

中井の林芙美子記念館の近くにあるO邸。ここも画家さんのお宅のはず。それにしてもこの見事なスパニッシュ。たくさんの木々が繁っているところも素晴らしい。ここは東京ですよ。久し振りに出かけて、残っていたのでほっとしました。
『東京都』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BOOKCHAIR | トップ | 建物の行方 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
N駅近く、ですね ( オーライです)
2006-02-07 23:34:33
中井かあ、また宿題が一つ増えてしまった。そんなに遠くじゃないんですけど。
回文で… (sendohda)
2006-02-08 00:14:30
「中井へ行かな」ですね。

ふざけたコメントで失礼しましたm__m
 (いのうえ)
2006-02-08 00:26:44
林芙美子が自邸を作るとき外壁に鉄粉をまぜたのは

なにかこの洋館への対抗意識だったような気がしてなりません。いやいや単なる妄想ですが。 
こちら (小道)
2006-02-08 07:05:01
木が繁っていて、冬なのにこの調子。肉眼では結構見えてても、写真にするのは難しい。ここは吉武東里?って言われている。近くにもうひとつ吉武があるけど、そこは中に引っ込みすぎてて、見えないのがつらいです。
ほんとに! (梨)
2006-02-08 20:35:37
行きたい場所が次から次に増えていきます。

小道さん、いつもありがとうございます♪
疲れて帰って (小道)
2006-02-08 23:56:01
ちょっと誉めてもらって、疲れが取れました。ありがとさん。

誠に残念ながら ・ ・ ・ (いのうえ)
2006-03-25 23:17:48
来週から取り壊しだそうです。 トラックバックさせて頂きました。 残念無念です。
びっくりです (小道)
2006-03-26 00:01:27
井上さん、もうこのところ、こんなニュースばかりです。すっかり、風景がかわってしまいそうです。



TBさせていただきました (鈴木 薫)
2006-04-04 11:16:40
はじめまして。鈴木薫といいます。

先週はじめて林芙美子記念館を訪ね、刑部邸をはじめて見ました。実はしばらく前から、こちらのサイトにはリンクさせていただいており、紹介されている喫茶店に行ってみようなどと思っていたのですが、今回は刑部邸のことを調べていて思いがけなく到達しました。



記念館にはまた行きたいですが、あそこで「マンション」の工事がはじまるのは見たくありません。街歩きしていると今までにもさんざん出くわしたことのある光景ですが。

すすぎさん はじめまして (小道)
2006-04-05 21:10:44
刑部邸が無くなったら、あのあたりの景色も変わってしまいますね。林芙美子記念館に行った人は、刑部邸の存在に驚くでしょうねぇ。マンションなんて似合わない町です。

マンションではなく (いのうえ)
2006-04-14 03:16:33
低層のタウンハウスとのことです ・ ・ ・ しかし。
いのうえさん (小道)
2006-04-14 07:05:04
まあ、そんな感じでしょうねぇ。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
刑部邸の見納め (漂泊のブロガー2)
刑部邸正面玄関上部 玉井さんのエントリーで 中井にある林芙美子記念館のすぐ側にある 刑部邸の前に黒と黄色の縄が張られてしまった事を知り 急いで現場にかけつけた。 林芙美子記念館の受付をしていた年配の男性に聞いてみたら、来週からもう取壊しにかかるとい
花冷えの花と建築をたずねて(1) (ロワジール館別館)
  3月29日、Iさんとお花見の予定は前から決まっていたのだが、どうにも仕事が終らなくて、お弁当作る気でいたけれど、その朝一度出て行かなければどうにもならくなり、結局忙しい年度末に朝の十時半に早退し(お花見であるとは、直接関係のない人ひとりにしか打ち明けず。