花と山歩き

 身近な草花や山と自然の移ろい、見たまま感じたままの今をつづる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロウバイの咲く皇居

2008-02-11 10:00:42 | 四季の草花
 立春を過ぎ、今年は東京も雪が多くとても寒い。この日も朝から雪が舞う寒い日だった。北の丸公園から東御苑の中を見て大手門までの皇居の中を散歩した。誰もいない朝で落ち着き払った空間が良かった。

 
 

 雪が舞う中、黄色い花が咲き誇っていた。幻かしん気楼か、目をぱちぱちしてみた。「ロウバイ」だった。以前もこの時期に咲く珍しい花とは思っていたが。蝋燭のように花弁がたれているところから付いた名前。梅科ではないそうだ。

 

 

 

 

 
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奇跡の日本犬 川上犬 満2歳 | トップ | あこがれの 鉄道博物館  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL