石川 博雄(記憶の作り方) Hiroo Ishikawa (How to make the memory)

その時々のお気に入りのカメラを持ってぶらぶら歩く 時々シャッターを切り 再び歩きだす それだけで ありがたい幸せなのです

畳み替え

2017-05-17 | 独り言

畳み替えを頼んだ。

数年前にバ~様がアイロンをかけると言って、座敷でやりだしたは良いのだが、かけ終わった時にアイロンを横にして置いたようで、

水はこぼれ出てオイラが気が付いた時には畳にカビが生えて地図を描いていた。

それからお客さんや、お寺さんがみえた時は座布団で隠していたのだ。

それが6月にはちょっとしたお客さんがみえるので、こりゃ地図を描いているようではオイラが恥ずかしいので思い切って畳を張り替えてもらいことにした。

TVでは、2700円~張替えができる「◎◎まつ畳」が有名だが、そんな値段で張替えが出来る訳がない。

逆にそんな値段でオイラがやれと言われたら、車を使って作業場まで往復してイグサの材料費までいれてそんな値段なら商売成り立たないだろう。

いつもタウン誌の広告には6980円~になっていた。迷ったのだが・・家の修理を依頼している処へ電話をして畳屋さんを紹介してもらった。

値段はやっぱり最低ラインは4900円~13000円だった。現在敷いてある畳は、見本の何種類かの畳と比べたら13000円クラスだった。

畳みの目の粗さが全く違うのだ。隣の部屋と目が違うようではね・・・ショウガナイね・・・同じような物を頼んだ。
『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月17日(水) | トップ | 農作業 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む