石川 博雄(記憶の作り方) Hiroo Ishikawa (How to make the memory)

その時々のお気に入りのカメラを持ってぶらぶら歩く 時々シャッターを切り 再び歩きだす それだけで ありがたい幸せなのです

だれもやらん!

2017-05-17 | 独り言

そういえば午前中に散歩に出たら苗床を管理する人の出会った。

写真を撮らせてもらったら話始めた。

5月26日に農業用水がやって来るので、それまでに苗床で苗をつくっておかなければならない。

農協でも売っているが一箱700円はする。70箱は必要なので5万円、それから肥料をやって、耕運機は買って持っているがメンテナンスもしなければいかないし、全く儲からない。

完全に大赤字だ。

だから誰も農作業をする跡継ぎはいない。70代の人ばかりがやっている。80になったらもうできん!

午前中は、この一枚の写真で散歩は終わってしまった。
『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さようなら | トップ | つづくけどね »
最近の画像もっと見る

あわせて読む