石川 博雄(記憶の作り方) Hiroo Ishikawa (How to make the memory)

その時々のお気に入りのカメラを持ってぶらぶら歩く 時々シャッターを切り 再び歩きだす それだけで ありがたい幸せなのです

岐阜の街で購入した

2017-07-23 | 独り言

久しぶりに岐阜の街を歩いた。腰痛が心配だったので、中心部だけ歩いた。

街はあまり大きな変化はなく、有料駐車場ばかりが増えていた。

撮影の帰りにease(イーズ)を覗いて、素敵なボトルを買った。

店をでると、雨が降っていた。

いつも猫が居る通りを歩いて帰るのだが、雨じゃ猫は姿を見せてくれない。  


家に帰りしばらくすると

「なんじゃこりゃ!」とトイレから妻の叫び声がする。

「どうしたの?この変な醤油さしは?」とオイラが呼びつけられた。

おいおい!なんで醤油さしなんだよと言いたいけど、まぁね・・・醤油さしに見えないことは無いなぁ・・・


このボトルをトイレの窓に飾ったのが悪いけどね・・・猫に悪さをされない処というとトイレしかないのだ。


オイラは、いつまでも眺めていれる。とても素敵だと思うけど・・・


いつまでもボトルの景色を眺めていても、飽きる事はない、オイラは世の中には役に立たない素敵な存在感が好きなのです。

妻がいくらで買ったの?と問うけど、高いと思えば買わなければ良い、安い!と思えば買う!そして眺めていて飽きなければ高くても買う!

Ps
右と左で対になっているように見えるが対ではない。しかし対で眺めていた方が長く飽きないのではないかと思い対で購入した。



『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴーヤ | トップ | さようなら »
最近の画像もっと見る

あわせて読む