石川 博雄(記憶の作り方) Hiroo Ishikawa (How to make the memory)

その時々のお気に入りのカメラを持ってぶらぶら歩く 時々シャッターを切り 再び歩きだす それだけで ありがたい幸せなのです

3月13日(月)

2017-03-13 | 独り言


街の写真を撮る事は、お気に入りの風景を見つけるため、見つけて見つめたら心が揺れる、そのざわつきの為に歩いている。

しかし、そんな風景には未だ出会ったこともなく、妥協しながらシャッターを切りただただ歩いているだけなんだ。

CASIO EX-ZR4000

結局、お気に入りの風景は無いんだろうなぁ・・・ でももし出会った時オイラはどうするんだろう?写真を一枚撮るだけか?
夢みたいな風景に見つけるために、出会う事を信じて歩き続けるしかない・・・

そんな風景は無いと頭で考えず、愚直にまで信じて、歩き続けるしかないのだろうなぁ・・・
体重=58.2Kg



『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つづくよ! | トップ | ねじ式の看板 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む