石川 博雄(記憶の作り方) Hiroo Ishikawa (How to make the memory)

その時々のお気に入りのカメラを持ってぶらぶら歩く 時々シャッターを切り 再び歩きだす それだけで ありがたい幸せなのです

色あせてた

2016-12-13 | 独り言








最近あまり見かけなくなったけど、時々スーパー等で見かける。背中や腕の部分が日焼けして色が変わってしまった防寒ジャンパーやジャケットを着ている老人を、独身なんだろう?自分でも気が付いていないのか?それとも気が付いているけど服装に関心が無いのか?オイラは「ああは」成りたくないなぁ、成らないぞ!と思っていた。それが今日ガソリンスタンドでガソリンを入れて我が家に帰って来てから、ふと自分が着ている綿入りの防寒ジャケットを脱いだら、背中が日焼けして色あせていたのです。え~!どれどれと仔細に眺めてみると両腕のシワになっている処は本来の紺色だけど、シワにならない部分は日にやけて色が剥げているのです。おいおい!オイラもあの禿ちょろけ!のジャンパーを着ていたオッサンだったのか?焦るよ!どうして今まで気が付かなかったのだろう?・・・妻に「これ見てくれシワになっている部分だけは色あせてないけど他の部分は色あせてるぞ!知っていたか?」と見せたら「だれも爺さんの服装なんか気にする人は居ないよ!大丈夫だって!いままで、自分自身も気が付かなかったので良いでしょう!」と妻はつれない事をおっしゃるのです。そして「大丈夫だって!これからは家の中か、車に乗るときだけ着れば十分使える」おいおい!ジャンパーを家の中で着る?そりゃもう・・・老人の仲間入りかよ!「大丈夫あんたはりっぱなご老人だから!」
『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷たい雨 | トップ | ガソリンスタンドでさようなら »
最近の画像もっと見る

あわせて読む