石川 博雄(記憶の作り方) Hiroo Ishikawa (How to make the memory)

その時々のお気に入りのカメラを持ってぶらぶら歩く 時々シャッターを切り 再び歩きだす それだけで ありがたい幸せなのです

4月19日(水)

2017-04-19 | プロ野球
昨日の先発メンバーです。
(中)大島.388 (二)荒木.265 (三)ゲレーロ.210 (一)ビシエド.262 (右)平田.276 (左)藤井.278 (遊)京田.216 (捕)杉山.115 (投)バルデス.375 (打)堂上.200


これだけ打てない選手をずら~と並べてりゃ相手チームも終盤の7・8・9回を目標になんとか踏ん張れば、中日はセットアッパーやクロザーの役割の選手が居ないから「もう楽勝!」

しかし助っ人外人選手は酷いね・・・よく毎日球場に足を運んでこれるね。オイラなら球場ではなく空港へ向かっている。

平田もシーズン通して3割を売ったことが無い選手だからこんなもんなんだろうなぁ・・・WBCで今シーズンは終わっているんだろうなぁ・・・

堂のちゃんも新人京田に取って代わられる訳だよね・・・まぁどっちもどっちなんだけど足が速い分だけ京田なんだろう。

捕手三人に関しては、中日は自動OUTになっているから、もう問題外の外!

何も考えていない藤井を使っているようでは終わっている。

荒木は2000本安打まで使う気だな・・・荒木にバントを指令するようでは監督失格だろう!荒木のバント下手は有名だぞ!

大島・バルデス、この二人の選手だけだな・・・頑張っているのは、ソフトバンクの二軍の選手を中日のユニホームを着させてプレーした方が野球界の為になると思う。
体重=量る事を忘れました。
近年、中日はトレードをしていないが、これじゃ、相手から断られるよなぁ・・・

中日スポーツを読んで一年を通してみると、

秋季練習では来季のレギラー取り争いは熾烈で打撃の神髄を開眼した。体力も気力も充実で来季が楽しみです。

ドラフト戦略では、成功裡におわり12球団の中では一番の補強をした。即一軍レベルの選手ばがりで万々歳!

新年早々から自主トレに励む選手ばかりで今季の活躍が期待できる。

キャンプでは早い仕上がりでドラフト新人選手も楽しみです。

オープン戦が始まると新人助っ人!大活躍で160㌔を投げる投手もホームラン量産選手ばかりで活躍選手をほめたたえるが結果は負けている事が多い。

オープン戦終盤から助っ人外人とドラフト新人の話は消えて今年は優勝だ!日本一だ。

優勝祈願へ熱田神宮へ詣でると先発投手が誰だ!ということになって来るのだが・・・・ここまでです!

もうあとはご覧ください・・・何も無い。ゴミとため息が落ちて、選手と首脳陣とファンの隙間風が吹いているナゴヤドームなのです。

まぁ今年もスカパー契約をしなくてよかった年だなぁ・・・と、前向きに考えます。

使える選手がいない。役に立つ助っ人はいない。球場にファンはいない。もう無い無いだらけの中日です。監督もコーチも非情にならないと自分たちが首切られるぞ!










 
 
 
 
 
 
 
 
『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あしたへつづく | トップ | ムギ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む