石川 博雄(記憶の作り方) Hiroo Ishikawa (How to make the memory)

その時々のお気に入りのカメラを持ってぶらぶら歩く 時々シャッターを切り 再び歩きだす それだけで ありがたい幸せなのです

引っ越しのプロですが・・・

2017-03-30 | 猫ボケ
お題「引越しして失敗したことは?」に参加中!
OLYMPUS E-M1 f3.5-6.3/12-50mm
オイラは引っ越しをしたことはありませんが建て替えの時はしました。

しかし我が三人の娘たちは、引っ越しばかりです。


まず長女が奈良へ引っ越しをした。

そして次女が東京「中野」へ引っ越しをした。


そして三女と長女も学校へ入学と編入の為に3人が東京で一緒に住むことになり「祖師ヶ谷大蔵」のへ引っ越した。

3年後に進路の関係でバラバラに住むことになり次女が「船堀」へ、長女は神奈川県「生麦」へ三女は神奈川県「小渕」へ引っ越しました。

オイラは、その都度にレンタカーを借りて引っ越しをしました。


オイラがレンタカーを借りて妻と引っ越しを自力でやったのは、ここまでです。

これからは年齢的にも肉体的にもきつくなってきた。ので引っ越し業者へ頼みました。


それから長女は、「生麦」から「田端」へ

次女は「船堀」から「幕張」へ

三女は「小渕」から「千歳烏山」へそして「等々力」へそして「中目黒」へと引っ越しをした。

そのつど引っ越し業者へ依頼をしたけど、基本的に料金が高い業者は親切ですし、安い業者は先を急ぐので不親切です。

これは経験上に間違いありません。

まぁね最終的には自分で配置を考えて片付けなくてはいけないので、不親切でも構わないのですけど・・・

なかには俺が効いている引っ越しの話と内容が違うと脅すような人もいましたから・・・(単身者で何が違うのか分からないのだけど)

不愉快な思いまでして何でこんな奴に金を払わなきゃいけないの!という業者もありますからネットでの評判と料金をはかりにかけて選んだ方が良いです。



まぁでも、いくら仕事とはいえ大変な肉体労働ですから初めに引っ越しの人に「心付け」を渡すと態度が違います。

親方に渡したらアルバイトの人には渡さないという人もいたなぁ(お礼の言葉が無いから分かります)・・・それからは一人ずつ渡すようにしました。


引っ越しは金がかかります。同じ場所で住むのが一番良いのです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OLYMUPUSf8/15mm(ボディーキ... | トップ | さよならへとつづく »
最近の画像もっと見る

あわせて読む