石川 博雄(記憶の作り方) Hiroo Ishikawa (How to make the memory)

将来の目標やテーマをもうけず、淡々と勝手気ままにシャッターを切ってゆこう!と決めました。

SAUDADE(サウダージ)

2016-10-15 | 独り言

ポルトガル語でsaudade(サウダージ)という言葉があるそうです。

意味は心の中に、なんとなくずっと持ち続けている、存在しないものへの渇望や、または、愛し失った人やものへの郷愁。

解説= 単に何かや誰かをおしむというよりもっと強い感情で、美しくも切ないアートや文学のテーマにもなります。

    国から国へ、人から人へ、そのニュアンスが伝わっていっているようです。

    ブラジルでは、毎月saudade(サウダージ)の日というものがあります。


上記の文章は、「翻訳できない 世界のことば」エラ・ファランシス・サンダース(前田まゆみ訳)創元社刊より

オイラの心の中はSAUDADE(サウダージ)いよく似ているのですが、すこし違います。

なんだか自分自身が消失するような寂寞感(せきばく)があるのです。

解説の文章にアートや文学のテーマになるということですから・・・何かをしてみようと思うのですが・・・


『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 10月15日(土) | トップ | さよなら »
最近の画像もっと見る